2019明治安田生命J3リーグ 第32節

2019.11.24 (日) 15:03

ヤンマースタジアム長居

入場者数:765人

DAZN

セレッソ大阪U-23
  • 斧澤 隼輝 (59'), 藤尾 翔太 (90+1')
FC東京U-23
2-0
0-0 2-0

セレッソ大阪U-23

GK 45 茂木 秀
DF 15 瀬古 歩夢 56'
DF 29 舩木 翔
DF 38 西本 雅崇
DF 50 桃李 理永
MF 19 澤上 竜二
MF 28 中島 元彦 77
MF 36 斧澤 隼輝 59'
MF 39 丸岡 満
FW 33 タワン 60
FW 40 安藤 瑞季 86

サブ

GK 46 折口 輝樹
DF 43 西尾 隆矢 86
DF 49 林田 魁斗
MF 41 松本 凪生 60
MF 48 吉馴 空矢
MF 54 吉田 有志
FW 42 藤尾 翔太 90+1' 77
監督 大熊 裕司

FC東京U-23

GK 41 野澤 大志ブランドン
DF 22 中村 拓海
DF 43 木村 誠二
DF 53 大森 理生 63'
DF 54 大迫 蒼人
MF 42 常盤 亨太
MF 44 品田 愛斗
MF 24 原 大智
MF 19 宮崎 幾笑 69
FW 31 ナッタウット 22' 62
FW 16 ジャエル 46*

サブ

GK 51 飯塚 欣士
DF 49 湯本 創也
DF 47 岡 哲平
MF 50 安田 虎士朗 69
MF 38 小林 里駆 46*
FW 23 矢島 輝一 62
監督 長澤 徹

監督コメント

  • 【ハーフタイム】
    ・ボールを取ったら早く攻撃しよう
    ・セカンドボールは必ずマイボールにしよう
    ・テンポをはやくしよう
  • 【試合後】
    「ホームで勝点3を取れたことを嬉しく思います。ゲームに関しては、後半、少し押し込まれる時間帯もありましたが、交代で入った選手がアグレッシブにプレーしてくれて、終始、意図したゲームができたと思っています。細かいところはまだまだ修正する点はありますが、ベースの、戦うこと、球際、相手より走ること、そういったベースは相手を上回るモノが出せたと思います。その中で、クオリティーも出せるように努力していきたいと思います」

    Q:昨日はU-18のプレミアリーグWEST第16節を戦い、普段、J3でプレーしている選手たちも多く出場しました。今日の試合と合わせた2日間トータルでのマネジメントについて

    「全員が高いレベルのリーグ戦でやれていることは、クラブにとって非常にポジティブなことだと思っています。今日に関しては、多少、人数が足りなくて、後半は昨日ゲームをした選手も起用しましたが、プレミアリーグとJ3の両方を経験できることは我々の特権でもあります。こういった試合を続けていくことが、選手の成長につながっていくと思います」

選手コメント

  • ■斧澤隼輝選手
    Q:前半から押し気味に試合を進めていただけに、チームとしても欲しかった先制点だったと思います。自身、2試合連続となったゴールを振り返ると?
    「2試合連続(ゴール)は密かに狙っていました(笑)あの場面で、落ち着いて、相手を見ながらシュートを打てたのは、今まで学んできたことが、少しは出せたのかなと思います」

    Q:試合内容としても、今日はしっかりと示せたのでは?
    「そうですね。サイドチェンジも有効に使って攻めていけたし、前線、中盤と、ボールを取られた後の切り替えも速かったので、いい形で試合を進めていくことができました」

    Q:今節の結果、チーム発足後、最多の勝点を更新したが?
    「今年で4年目ですが、毎年、勝点は上がっていっているので、そこは成長していけていると思います。いま49なので、残り2試合、50も越えていきたいと思います」

    ■安藤瑞季選手
    「今日は内容も良かったと思います。前半、少し攻めあぐねましたが、後半もいい攻撃ができて、U-23の良さも出せたと思います。もう一本、パスが通れば自分が決められそうなチャンスもあったのですが、(斧澤)隼輝くんも(藤尾)翔太も決めてくれて良かったですし、チームが勝ったことが一番です」

    Q:先制点につながったパスについて
    「一度はGKに弾かれたのですが、隼輝くんがうまく拾ってくれました。大熊さんにも言ってもらいましたが、ああいうところで失わないことはFWとして大事だと思うので、得点につながって良かったです」

    ■藤尾翔太選手
    Q:試合を決定付けた自身の得点場面を振り返ると?
    「試合前から点を取りたいと思って、試合に臨みました。その前のPKは決められずに悔しい気持ちもあったのですが、切り替えて、もう一回、チャンスが来ると信じていました。そうしたら最後にチャンスが来たので、決め切れて良かったです」

    Q:意気消沈せずに決めるあたりが、ストライカーですね
    「そうですね(笑)落ち込んでいても次につながらないですし、一度外しても決めていかないと、次の僕の(目指している)ステージにも上がれないので、最後に決めることができて良かったです」

    Q:PKは、先輩もいましたが、自ら得ただけに、自ら蹴った感じですか?
    「はい。自分で取ったので、自分で蹴って、結果を出したいと思って蹴りました。(丸岡)満くんからも、『翔太、お前が蹴れ』と後押ししてもらいました」

    ■松本凪生選手
    Q:先発した昨日のプレミアリーグWEST第16節に続き、2試合連続でのプレーとなったが?
    「昨日は早い時間帯に足をつって交代になり、今日の試合前に(スタッフから)『大丈夫か?』と聞かれたのですが、気持ちとしては、出る気持ちで準備していました。途中から入る選手の役割も大事ですし、勝利につながって良かったです」

    Q:今日も年代が同じ相手で、負けられない気持ちも強かったのでは?
    「そうですね。U-23同士なので、絶対に負けたくなかったです。相手もユースの選手が出ていましたし、(年代別の)代表で一緒にやってきた選手もいるので、負けられない気持ちはいつも以上に強かったです」

シュート数

14 10
    瀬古 歩夢(1), 舩木 翔(1), 澤上 竜二(4), 中島 元彦(3), 斧澤 隼輝(1), 丸岡 満(1), 安藤 瑞季(1), 藤尾 翔太(2)
    大迫 蒼人 (1), 品田 愛斗 (1), 原 大智 (4), ジャエル (2), 小林 里駆 (1), 矢島 輝一 (1)

ゴールキック

9 7

コーナーキック

4 2

直接フリーキック

8 10

間接フリーキック

2 0

オフサイド

2 0

ペナルティキック

1 0