2019明治安田生命J1リーグ 第32節

2019.11.23 (土) 13:03

ノエビアスタジアム

入場者数:23,744人

DAZN

ヴィッセル神戸
  • 古橋 亨梧 (76')
セレッソ大阪
1-0
0-0 1-0

ヴィッセル神戸

GK 18 飯倉 大樹
DF 34 藤谷 壮 34' 37
DF 33 ダンクレー
DF 25 大﨑 玲央
DF 24 酒井 高徳
MF 6 セルジ サンペール
MF 5 山口 蛍 26'
MF 8 アンドレス イニエスタ
FW 10 ルーカス ポドルスキ 90
FW 7 ダビド ビジャ 67
FW 16 古橋 亨梧 76'

サブ

GK 1 前川 黛也
DF 3 渡部 博文
MF 27 郷家 友太 90
MF 35 安井 拓也
FW 9 藤本 憲明
FW 13 小川 慶治朗 52' 37
FW 21 田中 順也 67
監督 トルステン フィンク

セレッソ大阪

GK 21 キム ジンヒョン
DF 2 松田 陸
DF 3 木本 恭生
DF 14 丸橋 祐介
DF 22 マテイ ヨニッチ
MF 5 藤田 直之
MF 7 水沼 宏太 78
MF 11 ソウザ
MF 25 奥埜 博亮 75
FW 8 柿谷 曜一朗
FW 18 鈴木 孝司 59

サブ

GK 1 圍 謙太朗
DF 15 瀬古 歩夢
DF 16 片山 瑛一
DF 29 舩木 翔
MF 10 清武 弘嗣 59
MF 32 田中 亜土夢 78
FW 13 高木 俊幸 75
監督 ロティーナ

監督コメント

  • 【ハーフタイム】
    ■ディフェンスの際に味方選手のサポートを早くしよう
    ■後半最初から集中力高く闘おう!!
  • 【試合後】
    ■ロティーナ監督
    「まず、一番重要なことは、チームが戦う姿勢を見せたこと。その姿勢は良かったと思います。テクニック、能力の高い素晴らしい選手を擁している相手、ミスが大きな代償になってしまう相手に対して、チームは戦う姿勢は見せたと思います。彼らは1点を決める前にもいくつかチャンスを作っていて、ポストにも2回当たったと思います。我々もボールを動かして、相手をスライドさせて、相手を押し込んでチャンスを作ることもできましたが、ビルドアップのところでボールを失ってしまうことが多く、その代償を払ったと思います。この試合から学び、その部分をより成長していきたいと思います。試合終盤、チームは魂を持って戦い、同点に追いつけそうなチャンスも作りました。負けたことは残念ですが、チームは日々、成長している、そういう姿勢が見えたので、私は満足しています」

    Q:前節から、ヴィッセル神戸は先発メンバーとスタートの形を変えてきたと思いますが、そういったところでの難しさはありましたか?

    「実際は大きく変わっていないのですが、メンバー表を見た時に、4-3-3で来るのかなと思ったことは事実です。サンペールがCBのポジションから、元々の中盤のポジションに顔を出してプレーすることもありました。ただ、大きな驚きはなかったです。今までずっと、5-2-3か5-4-1、3-4-3か3-5-2でプレーしてきて、今日は3-4-3でプレーしてきた。それは試合が始まってすぐ分かったので、チームにとって、そこまで大きな驚きではなかったです」

選手コメント

  • ■藤田直之
    Q:試合を終えた率直な感想は?

    「完敗ですね。守備ではある程度、できた部分はあったかも知れないですが、奪った後のポゼッションや、距離感良くボールを回すことは、ほとんどできなかった。後半は、少し相手の運動量が落ちたこともあり、点を取って引いたこともあり、ボールを持てるようにはなったのですが、ここ最近の自分たちができていたことを考えたら、今日はあまりにも僕たちの出来が良くなかったと思います」

    Q:ある程度、ボールを持たれることは織り込み済みだったと思うが、相手の前からの守備の強度が予想以上に強かったですか?

    「相手がGKも使ってビルドアップが安定することは最初から分かっていたので、前から行き過ぎると危険だということも分かっていました。そこは慎重にいかないといけないという感じでやっていましたけど、相手があんなにハイプレスで来ることは予想していませんでした。それでも、全体がもっといい距離感でいれたら、もっとうまくはがせるシーンも作れたと思います。距離が良くないと、ボールを持った時の一人の仕事が増えてしまう。相手がマンツーマンで来たらはがさないといけなくなる。ウチは、ポジションを守ってしっかりつないでいくというサッカーがいい時はできているのですが、今日はそれができなかったと思います」

    ■木本恭生
    「思っていたよりボールを回されて、相手の強力な外国籍選手に自由にやらせる場面も多かった。何とか中で修正したかったけど、なかなか修正し切れず、ミドルシュートも打たれてしまったので、そこはもっと寄せる必要はありました」

    Q:前半は、前から行くより、しっかりセットする守備で対応した?

    「前から行きたかったのですが、相手との距離も遠く、技術の高さで行けなかった。自分たちの中には『前半は失点ゼロで抑えて後半勝負』という考えもあったので、前半は攻められたなりに最低限の結果で終われたので、後半、もっと攻撃的に行きたかったです」

    Q:実際、後半は前半に比べて攻める回数も増えたが?

    「後半はボールを握る時間帯もあったので、その中で1点取れれば良かったです。失点シーンも、少し後ろのバランスが悪く、ショートカウンター気味でやられてしまったので、悔いが残ります。勝っていくためには、ああいう場面も抑えていくことが大事です」

    Q:思った以上にビルドアップがうまくいかなかった感じですか?

    「相手のプレッシャーもきつく、その中でも余裕を持ってやれたら良かったのですが、守備に追われて攻撃に力を残せなかったという感覚はあります」

    ■キム ジンヒョン
    Q:守備で我慢する時間帯が続いたが、試合を振り返ると?

    「相手にボールを持たれている時間が長く、後半は疲れというか、フィジカル的に落ちてしまったところもあります。ただ、今日は自分たちのミスが多かった。もう少しうまく、いいところにパスを付けたり、ボールを収めないといけない状況が、前半から多かった。マイボールになった時に取られることが早かったり、簡単に失ったりすることで、より難しい状況になってしまったと思います」

    ■清武弘嗣
    Q:試合に入ったときの状況について振り返ると?

    「前半からボールを持たれていたので、みんな守備で疲れていました。自分が入るころはオープンな展開になるかなと思って、ゲームに入りました」

    Q:終盤はチャンスも作ったが?

    「僕や(田中)亜土夢くん、トシ(高木俊幸)といった途中から出た選手が流れを変えないといけないと思っていました。ゴール前までは行けていたので得点が欲しかったですが、負けてしまい、残念な気持ちもあります。でも、今日はシュート数を見ても差がありましたし、攻められた展開になりました。久々に、セレッソにとってこういう展開になったと思うし、チームとしていい勉強になったと思うけど、下を向く必要はないし、自分たちが積み上げてきたことを出せたシーンも多々あったので、残り2試合、いい結果を出せるようにやっていきたいと思います」

    ■高木俊幸
    「自分が入ってすぐに失点してしまったので、ボールを前から奪いにいかないといけない状況になりました。それによって、相手も多少バタバタして、間延びする展開になったので、自分としては、得意な状況というか、やりやすい状況になったかなとは思います」

    Q:その中で、セレッソにもいくつか決定機が巡ってきたが?

    「自分にも大きなチャンスはあったので、少ないチャンスでも決めていれば試合は分からなかった。今日は全体的に、相手にボールを握られて、攻められている場面も多かったので、交代で入って、多少、流れを変えて、試合をひっくり返せそうな雰囲気になったことは良かったですが、結果につながれば、もっと良かったと思います」

シュート数

23 8
    山口 蛍(1), アンドレス イニエスタ(4), ルーカス ポドルスキ(3), ダビド ビジャ(8), 古橋 亨梧(4), 小川 慶治朗(1), 田中 順也(2)
    藤田 直之 (1), 水沼 宏太 (2), ソウザ (3), 奥埜 博亮 (1), 柿谷 曜一朗 (1)

ゴールキック

8 10

コーナーキック

6 2

直接フリーキック

9 15

間接フリーキック

0 5

オフサイド

0 4

ペナルティキック

0 0