2019明治安田生命J3リーグ 第26節

2019.10.13 (日) 14:03

ヤンマースタジアム長居

入場者数:724人

DAZN

セレッソ大阪U-23
  • 中島 元彦 (54')
福島ユナイテッドFC
  • 武 颯 (62')
1-1
0-0 1-1

セレッソ大阪U-23

GK 1 圍 謙太朗
DF 36 斧澤 隼輝
DF 43 西尾 隆矢
DF 48 吉馴 空矢 88
DF 49 林田 魁斗
MF 38 西本 雅崇
MF 39 丸岡 満
MF 41 松本 凪生
MF 50 桃李 理永 66
FW 19 澤上 竜二
FW 28 中島 元彦 54'

サブ

GK 45 茂木 秀
DF 55 田平 起也
MF 54 吉田 有志
FW 33 タワン
FW 40 安藤 瑞季 66
FW 42 藤尾 翔太 88
監督 大熊 裕司

福島ユナイテッドFC

GK 1 堀田 大暉
DF 6 輪笠 祐士
DF 4 宇佐美 宏和
DF 19 河西 真
DF 14 星 広太
MF 10 橋本 拓門
MF 40 樋口 寛規
MF 27 池田 昌生 77
MF 23 田村 亮介
FW 39 雪江 悠人 53
FW 9 武 颯 62'

サブ

GK 21 イ ユノ
DF 15 石堂 圭太
DF 22 寺前 光太
DF 31 東 隼也
MF 29 吉永 大志
FW 18 小牟田 洋佑 53
FW 20 イスマイラ 77
監督 松田 岳夫

監督コメント

  • 【ハーフタイム】
    ■ディフェンスは自分のポジションにしっかり戻ること
    ■きりかえるタイミングを合わせよう
    ■ロングボールを蹴らせないようにしよう
  • 【試合後】
    ■大熊裕司監督
    「まずは、台風で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げたいと思います。その中で、福島も大変だったと思いますが、最後までプレーして、少しでも勇気を与えられるようなゲームができたのではないかと思います。ゲームに関しては、前半は少し動きが重かったのですが、後半の立ち上がりから前にプレッシャーをかけられるようになって、背後へのランニングも増えて、いいタイミングで先制点が取れました。そこからの10分ですね、そこでもう一つ出力を上げて、得点を奪えるチャンスもあったのですが、追加点を奪えなかったことが、(追いつかれての引き分けという)残念な結果になったのかなと思います。多少、不慣れなポジションとか、いつもとシステムが違うとか、いろいろありますけど、彼らにとってはすべてがいい経験になっています。個人がなければチームも良くなりませんので、もう一回、個人にフィードバックしながら、次につなげていきたいと思います」

    Q:先発復帰となった西本雅崇選手のプレーについて。ボールを奪う出足が良かったように思うが?

    「久々のゲーム(先発)だったのですが、守備のところでは、彼の良さが際立っていたと思います。ただ、まだゲーム勘が足りないので、奪った後は少しもたつきがあり、もう少しやり込まないといけないのかなと感じましたけど、守備への推進力が出ますので、戻って来てくれて良かったなと思います」

    Q:安藤瑞季選手を入れて、丸岡満選手と西本選手を1列ずつ後ろに下げた1枚目の選手交代の意図について

    「途中から大きい選手が入ってきて、元々、あのサイドは狙われるだろうなというところもあった中で、やられてしまった。ヘディングに対する準備と、もう一つ前で出力を上げたかったので、前に選手を入れる、というところも狙いでした」

選手コメント

  • ■中島元彦
    Q:ゴールシーンを振り返ると?

    「あのゾーンのクロスに入っていくのは好き。ああいう泥臭いゴールというか、自分としては、ああいうゴールの形は得意なので、あのゾーンにしっかり入っていけたことは良かったです」

    Q:欲を言えば、その後の時間帯で追加点が欲しかったのでは?

    「そうですね。追加点が欲しかったですね。前の選手がもう一点、決めることができれば勝ち切れたと思います。後ろの選手も頑張ってくれていますし、もう一点、取りたかったですね。決定機やチャンスの数は前節より増えたので、全員で共通理解を深めながら、チャンスの数を増やしていって、勝ち切れるようにしていきたいです」

    Q:チームとしては、4連敗の後、2試合連続で勝点を重ねていることはポジティブな材料では?

    「そうですね。いま、チームとして立て直せているので、また上がっていけるようにしたいです。自分たちのやるべきことができていれば、前節もそうですけど、結果も出ている。それができていないときは負ける。ベースを見失わず、全員が戦う気持ちをしっかり持って、やっていければと思います」

    ■丸岡満
    「負けなかったことは最低限の結果ですが、勝ち切れなかったことは残念です。しっかり守りながら、カウンターから先制できたのですが、いい流れの中で、相手にチャンス1本でやられたのは、ディフェンスの詰めの甘さもあったと思います。僕ら(前線の選手)が2点目を取れなかったこともそうですし、攻めていた時間帯で、チーム全体でリスク管理できなかったことは課題です」

    Q:個人としては、2試合連続で先発フル出場。チャンスシーンにも多く関わっていたが?

    「体力的にもっと上げていかないといけないですが、コンディションは良くなっています。ただ、決め切れるところもありましたし、最後のラストパスも含めて、精度を上げていかないといけません。残りのシーズン、トップチームに絡めるチャンスもあると思いますし、こういう試合を1試合1試合、大事にして、アピールしていかないといけません。もっともっとコンディションを上げて、チームの勝利に貢献できるようにやっていきたいです」

    ■西本雅崇
    Q:先発復帰となった今節を振り返ると?

    「久々の(先発での)試合で、入りは視野も狭かったですし、スピード感もちょっと足りなかったのですが、時間が過ぎるとともに体も動いていきました。『連勝しよう』と試合に入った中で、後半、立ち上がりくらいの勢いを持って前半からやれていたら、もっと支配できたと思います。先制後も、決めるところを決めておけば、相手の勢いも出なかったと思います。そういうことを考えると、もったいない試合になったと思います」

    Q:追加点があれば勝ち切れたと思う一方で、終盤の時間帯は、しっかり耐えたとも言えるのでは?

    「相手も(パワープレーは)狙っていたと思うし、高さで勝負してきました。その中で、途中から後ろに入ったので、落ち着かせようとプレーしました。これからも、そういう高さ勝負は狙ってくると思うので、クロスを簡単に蹴らせない、上げさせない、上がった後は人に付いて飛ばせないことを徹底したいです。GKを中心に最後まで体を張れたことは良かったですが、失点はもったいなかったです」

    Q:4連敗中は失点もかさんでいたので、ここ2試合、もう一度、失点も抑えつつ、勝点を取れていることは前向きな要素では?

    「後ろが体を張れていることは大きいですし、前も守備で戻れている。そこは全員で意思統一できているので、あとは、前がもっと点を取れば、後ろももっと楽になる。攻撃がもっと噛み合えば、点も入るので、そこは突き詰めていきたいと思います」

テキスト速報

試合経過
藤尾 翔太 (in) 吉馴 空矢 (out) 88'
77' イスマイラ (in) 池田 昌生 (out)
安藤 瑞季 (in) 桃李 理永 (out) 66'
62' 武 颯
中島 元彦 54'
53' 小牟田 洋佑 (in) 雪江 悠人 (out)

シュート数

10 20
    西本 雅崇(2), 丸岡 満(2), 澤上 竜二(2), 中島 元彦(2), 安藤 瑞季(1), 藤尾 翔太(1)
    輪笠 祐士 (1), 星 広太 (2), 橋本 拓門 (1), 樋口 寛規 (1), 池田 昌生 (2), 田村 亮介 (3), 雪江 悠人 (2), 武 颯 (5), イスマイラ (3)

ゴールキック

13 8

コーナーキック

5 4

直接フリーキック

15 10

間接フリーキック

1 2

オフサイド

1 2

ペナルティキック

0 0