2020明治安田生命J3リーグ 第1節

2020.6.27 (土) 18:03

ヤンマースタジアム長居

DAZN

セレッソ大阪U-23
ガイナーレ鳥取
  • 田口 裕也 (88')
0-1
0-0 0-1

セレッソ大阪U-23

GK 27 アン ジュンス
DF 29 島村 拓弥
DF 31 山内 寛史
DF 43 西尾 隆矢
DF 44 吉馴 空矢 65
MF 30 喜田 陽
MF 37 前田 龍大 89
MF 38 西本 雅崇
MF 41 松本 凪生 45'
FW 19 澤上 竜二
FW 42 藤尾 翔太

サブ

GK 45 茂木 秀
DF 52 大橋 滉太
MF 35 吉田 有志 65
FW 24 ウェリング ピアス
FW 33 タワン 89
FW 48 新保 海鈴
監督 村田 一弘

ガイナーレ鳥取

GK 13 田尻 健
DF 16 石井 光輝
DF 4 井上 黎生人
DF 15 上松 瑛
MF 2 小牧 成亘
MF 7 可児 壮隆 36' 78
MF 21 新井 泰貴 46*
MF 41 魚里 直哉 87
FW 8 三沢 直人
FW 11 大久保 優 64
FW 23 新井 光 64

サブ

GK 31 糸原 紘史郎
DF 6 世瀬 啓人
DF 20 安藤 一哉 64
MF 22 ハモン 87
MF 27 坂井 大将 46*
FW 10 フェルナンジーニョ 78
FW 17 田口 裕也 88' 64
監督 髙木 理己

監督コメント

  • 【ハーフタイム】
    ・相手ともっと駆け引きをしよう
    ・勝つためのランニングを欠かさないこと
    ・もっとボールを散らして、マイボールで動かしていこう
  • 【試合後】
    ■村田一弘監督
    「初戦にしては、試合の入りは良かったと思います。球際のアグレッシブさや、ビルドアップのボールの質も含めて。ただ、コンビネーションはまだまだ時間がかかるというか、精度を上げていかないといけません。今日は攻撃へのアクションが少なかったことが残念でした」

    Q:山内寛史選手を3バックの一角で起用されました。緊急措置か、コンバートという形なのか。

    「緊急というのもありますし、あの子の将来を考えて、両方の道で行きたいと考えています」

    Q:今後もDFとして起用していく可能性もあると?

    「はい、あります」

    Q:「攻撃へのアクションが少なかったことが残念」ということですが、今日は無観客で、いいところまで攻め上がっても選手の背中を押してもらえる声がない、ということも影響したと思います。無観客での試合をどう感じましたか?

    「ホームとして、声援での後押しがあると、前に前に行く選手も出てくると思うので、(無観客は)残念ですが、(無観客よりも)自分たちの力が発揮できなかったことの方が残念です。観客がいるからやる、ということではなくて、こういうプレーをするから、相対する相手に勝つ、トップチームへの挑戦権がもらえる、ということ(を分かる)には、まだ時間が足りないのかなと思います」

選手コメント

  • ■喜田陽
    「勝点を取れなかったことは痛かったです」

    Q:どちらに転んでもおかしくないゲームだったとも思いますが、攻撃でチャンスを作り切るシーンが少なかったように思います。試合全体をどう振り返りますか?

    「後半、相手が前に運んできて、僕たちは受け身になってしまった。そこからクロスなど相手にチャンスを作られた。最後の方は、僕たちのFWが下がってしまい、攻撃に出る回数は少なくなった。ワンチャンスで決められたのは悔しいです」

    Q:今年は5人まで交代が可能。今日、鳥取は5人全員を起用してきました。終盤は、セットプレーのマークも含めて混乱は生じやすい?

    「相手はフレッシュな選手が入ってきました。CKも、ずっと右利きの選手が蹴っていたけど、左利きの選手が入ってきて、そこで問題が生じたことは、少しあったと思います」

    Q:今日は3バックでスタートしました。プレーの内容はどう感じていますか?

    「中断期間に3バックをやり始めたんですけど、攻撃面での課題はあると感じています。守備面では、機能した部分もあると思います」

    Q:無観客での試合を実際にプレーしてみてどうでしたか?

    「無観客は初めての経験だったので、やってみないと分からないこともあったのですが、少しやり辛さもありました。慣れていかないといけないと感じています」


    ■西尾隆矢
    「立ち上がりは自分たちがボールを持つ時間もあり、チャンスもあったんですけど、そこで決め切れなくて、最後はズルズル下がって、セットプレーのマークのミスで失点してしまったのは残念です」

    Q:今日は3バックでスタートしました。前半などボールを握る時間も多かったと思います。3バックの機能性について、どう振り返りますか?

    「急遽、ポジション変更をして、適応するのに時間がかかったところもありますが、思った以上にボールも持てたし、ビルドアップの部分で、できたこともたくさんありました。守備の部分で、慣れない選手が入ったりもしているので、自分が主導権を握って、もう少しコントロールできたかなと思います」

    Q:失点シーンは「マークのズレ」ということですが、今年は交代枠が多いです。試合中に臨機応変に対応する難しさもありましたか?

    「練習からも、そういう話は出ていました。特にセットプレーでは集中することを話していたので、今後、改めて、そういうところは改善しないといけないです」

シュート数

4 9
    西尾 隆矢(1), 前田 龍大(1), 澤上 竜二(1), 吉田 有志(1)
    石井 光輝 (1), 井上 黎生人 (1), 上松 瑛 (1), 小牧 成亘 (2), 坂井 大将 (1), フェルナンジーニョ (1), 田口 裕也 (2)

ゴールキック

7 7

コーナーキック

2 8

直接フリーキック

11 5

間接フリーキック

1 0

オフサイド

1 0

ペナルティキック

0 0