2020明治安田生命J1リーグ 第25節

2020.9.16 (水) 19:03

ノエビアスタジアム

入場者数:3206人

DAZN

ヴィッセル神戸
セレッソ大阪
  • 柿谷 曜一朗 (62')
0-1
0-0 0-1

ヴィッセル神戸

GK 1 前川 黛也
DF 33 ダンクレー 81'
DF 25 大﨑 玲央 68
DF 4 トーマス フェルマーレン
MF 22 西 大伍 68
MF 6 セルジ サンペール
MF 8 アンドレス イニエスタ
MF 24 酒井 高徳 68
FW 5 山口 蛍
FW 9 藤本 憲明
FW 11 古橋 亨梧

サブ

GK 28 吉丸 絢梓
DF 3 渡部 博文
DF 19 初瀬 亮 68
DF 44 藤谷 壮
MF 14 安井 拓也
MF 27 郷家 友太 68
FW 13 小川 慶治朗 68
監督 トルステン フィンク

セレッソ大阪

GK 21 キム ジンヒョン
DF 2 松田 陸
DF 14 丸橋 祐介
DF 15 瀬古 歩夢
DF 22 マテイ ヨニッチ
MF 3 木本 恭生
MF 6 レアンドロ デサバト
MF 8 柿谷 曜一朗 62' 82
MF 49 西川 潤 41
FW 9 都倉 賢 33' 33
FW 25 奥埜 博亮 90+6

サブ

GK 1 永石 拓海
DF 16 片山 瑛一 41
MF 10 清武 弘嗣
MF 17 坂元 達裕
MF 30 喜田 陽 90+6
FW 13 高木 俊幸
FW 20 ブルーノ メンデス 82
監督 ロティーナ

監督コメント

  • 【ハーフタイム】
    ●相手の変化のあるプレーに注意すること
    ●セットプレーのこぼれ球を狙っていこう
    ●最後まで規律を持ってプレーすること
  • 【試合後】
    ■ロティーナ監督
    「退場者が出るまで、神戸がボールを支配して、我々はその中でもやるべきことをやって、チャンスを作っていました。退場者が出てからは、より神戸がボールを支配した中でしたが、やるべきことを明確にして、エラーを犯さないようにと。チャンスでゴールを決めることができて、とても難しい試合をモノにすることができました」

    Q:退場者を出した後のシステム、5-3-1の狙いについて

    「相手のスペースをなくすことが狙いでした。リトリートする状態が長くなってしまい、チャンスを作るのは難しかった中で、チャンスを作って点も決めたことは、良かったと思います」

    Q:1トップに残した柿谷曜一朗選手が決勝点。彼に対する評価は?

    「とても良かったです。彼にとっても、いいゴールになりましたし、私にとっても嬉しかったです。前半から、サイドのポジションでやるべきことをやって、プレーしていましたし、退場後は1トップの役割に変わったのですが、チームのやるべきことをやって、ゴールも決めました。彼にとって、いい試合になったと思います」

選手コメント

  • ■柿谷曜一朗
    Q:前半に退場者を出した中で、10人で掴んだ勝利の意味について

    「8月もそうでしたけど、9月もずっと試合が続いていて、常に試合に出ているメンバーは疲労も溜まる時期。出ていなかったメンバーが準備して、連勝を絶対に止めないようにしないといけない試合でした。全員でやるべきことをやった結果、勝てたので、良かったです」

    Q:後半の柿谷選手のゴールが決勝点になりましたが、振り返ると?

    「レアンドロ(デサバト)と、完全にタイミングも、パスの質も、自分の動き出しも、全部が噛み合ったという感じでした。一つ、二つ、チャンスはあるかなと思っていたので、結果的にゴールになって良かったです。僕の1点がどうこうよりも、一人少ない中で、失点ゼロに抑えた守備陣と、僕以外の後ろで守っているメンバーが凄かったんじゃないかなと思います」

    Q:10人になったこともあり、久しぶりの1トップでのプレーだったが?

    「1トップというより、トップ下ではないですけど、ディフェンスのところでまず限定することが必要でした。その中でも、前に出ていって、同点ではなく、川崎Fに追いつくためには、こういう試合でも勝たないといけないので、狙っていた、というのはありました。疲れましたね(苦笑)」

    Q:なかなか出場時間が得られていない中で、どう準備して、今節に臨みましたか?

    「連戦なので、キヨ(清武弘嗣)もそうですし、タツ(坂元達裕)もそうですし、僕が出るポジションの選手はずっと試合をやっていて、疲れも溜まってくる時期。どこかでチャンスが来る、ということは、僕だけではなく、全員が意識してやっていること。『連戦を全員の力で乗り切る』という話は監督も含め、していますし、『この1年間は全員で戦っていこう』という話もしていたので、誰が出ても、いい準備ができている状態です。今日は、普段、出ている選手が休めたことが良かったと思います」

    Q:なかなか首位の川崎フロンターレが落ちてこない状況だが、どんな気持ちで戦っている?

    「僕らは勝つ以外にないので。川崎のことを意識しながらやっていても仕方がない。僕たちが追っていかないと、川崎も面白くないと思うし、Jリーグとしても面白くないと思うので。ちょっとでも追いつけるように、差を縮めることができるように、チーム一丸となってやっていきたいと思います」

    ■片山瑛一
    Q:退場者が出た後に投入され、5-3-1の3の一角を担当していたが、どういう指示を受けてピッチに入った?

    「中をしっかりと締めながら、守備の組織を崩さないようにと。『とにかくスペースを作らないように』という指示を受けて、入りました」

    Q:守備に気を配りつつ、得点はワンチャンスを生かした形になりました。FKのこぼれ球からでしたが、しっかりつないでクロスまで持っていたように感じたが?

    「一人少ない中で、我慢する時間は長かったですが、必ずチャンスは来ると思っていました。その中で、一つ、曜一朗くんが決めてくれたので、走り甲斐というか、守り甲斐がある試合になりました」

    Q:10人で勝つという、苦しい試合をモノにした試合後のロッカールームや選手たちの様子はいかがでしたか?

    「みんなが力を出し切った結果だと思います。『このまま勝ち進んでいけるように、全員で次に向かって、やっていこう』という話をしました」

テキスト速報

試合経過
90+6' 喜田 陽 (in) 奥埜 博亮 (out)
82' ブルーノ メンデス (in) 柿谷 曜一朗 (out)
ダンクレー 81'
初瀬 亮 (in) 酒井 高徳 (out) 68'
郷家 友太 (in) 大﨑 玲央 (out) 68'
小川 慶治朗 (in) 西 大伍 (out) 68'
62' 柿谷 曜一朗
41' 片山 瑛一 (in) 西川 潤 (out)
33' 都倉 賢
33' (in) 都倉 賢 (out)

シュート数

21 9
    ダンクレー(2), セルジ サンペール(2), アンドレス イニエスタ(7), 酒井 高徳(1), 山口 蛍(4), 藤本 憲明(2), 古橋 亨梧(3)
    レアンドロ デサバト (1), 柿谷 曜一朗 (3), 都倉 賢 (2), 奥埜 博亮 (2), 片山 瑛一 (1)

ゴールキック

4 12

コーナーキック

11 3

直接フリーキック

7 9

間接フリーキック

0 1

オフサイド

0 1

ペナルティキック

0 0