2020明治安田生命J3リーグ 第28節

2020.11.18 (水) 19:03

岐阜メモリアルセンター長良川競技場

入場者数:1679人

DAZN

FC岐阜
  • レレウ (54'), 粟飯原 尚平 (64'), オウンゴール (68')
セレッソ大阪U-23
3-0
0-0 3-0
DAZN オンラインで試合観戦

FC岐阜

GK 29 パク ソンス
DF 22 柳澤 亘
DF 4 甲斐 健太郎
DF 27 イヨハ 理 ヘンリー
DF 2 橋本 和 75
MF 23 大西 遼太郎
MF 8 中島 賢星 77
MF 35 レレウ 54' 75
FW 18 石川 大地 46*
FW 16 富樫 佑太 55
FW 11 前田 遼一

サブ

GK 31 松本 拓也
DF 3 竹田 忠嗣 77
DF 17 藤谷 匠 75
MF 10 川西 翔太 46*
FW 7 村田 透馬 75
FW 24 粟飯原 尚平 64' 55
FW 9 高崎 寛之
監督 仲田 建二

セレッソ大阪U-23

GK 50 上林 豪
DF 29 島村 拓弥 78
DF 46 田平 起也 46*
DF 52 大橋 滉太
DF 55 西村 昴
MF 35 吉田 有志 89
MF 44 吉馴 空矢 70
MF 53 岡澤 昂星
MF 57 中埜 航平
FW 42 藤尾 翔太 53' 78
FW 48 新保 海鈴

サブ

GK 51 下中 凌我
DF 43 西尾 隆矢 46*
MF 37 前田 龍大
MF 58 大渕 来珠 78
FW 24 ウェリング ピアス 78
FW 33 タワン 89
FW 56 小河 詩朋 70
監督 丸山 良明

監督コメント

  • 【ハーフタイム】
    ・相手コートで前向きにプレーできるように準備しよう
    ・セカンドボールをもっと拾おう
    ・最後まで集中を切らさないこと
  • 【試合後】
    「前節の課題と成果を踏まえた上で、今節も粘り強く戦いながら、自分たちの時間を作って、攻撃のところで決め切ることに課題を持ちながら、試合に入りました。前節から選手の出入りもあった中で、今日は若い選手主体のゲームになったので、まずはゲームを成り立たせよう、と。しっかりゲームに入ろう、と。前半は矢印の奪い合いになり、シンプルな形が多かったのですが、みんなで我慢しながら後半に勝負をかけられたら、と思っていました。ただ、後半、相手の質も高い中で、先に決められてから、ゲームをコントロールできずにバタバタしてしまったな、という印象です。U-18の若い選手も、しっかりプレーする中でバタバタしてしまったシーンもありましたけど、自信を持ってやれたところもあるので、ぜひ、引き続き、こういうテンションの中でも、より自分のプレーを表現してくれたらなと思います」

    Q:ハーフタイムでの、田平選手から西尾選手への交代理由について
    「まず、ゲームをしっかり成り立たせる中で、前半は矢印が行き来する流れで、粘り強く戦った中で0-0は良かったのですが、後半は、より自分たちの時間を作って、ラインを高く保ちながら、ボールを保持して意図的に攻めたかった中で、最終ラインのリーダーである西尾を入れて、落ち着いた中でボールを握りたかった、というイメージを持って、投入しました」

    Q:今節は、中埜選手、大渕選手と高校生2人がJデビューを果たしました。今後への期待も込めて、彼らにかける言葉は?
    「若い選手たちに関しては、少し昂った中で、焦って簡単にボールロストしたシーンもあったのですが、前への推進力とか、連続して追うとか、そういうフレッシュなところは見られたところもあったので。今度は、しっかりとゲームに入った中で、『効果的に、何をしないといけないのか』という部分を表現してくれたらなと思っています」

選手コメント

  • ■島村拓弥
    Q:前の選手としては、なかなかボールが来ない難しい展開になったが、試合を振り返ると?
    「前半から、相手もボールを前にアグレッシブに蹴ってきて、こちらもそれに応戦して、セカンドボールも拾われるシーンが多くて、相手にパスを回されてしまった。決定機も何本か作られた中で、前半は守備が耐えてくれたけど、後半、立て続けに3失点してしまった。守り切れなかった部分もあるし、攻撃でも全然シュートに行けなかった。もっと攻撃の厚みを出していかないと、厳しいのかなと感じました」

    Q:良さを出し切れなかった部分もあると思うが、古巣のホームスタジアムということで、懐かしさなどもありましたか?
    「会場に入った時から懐かしさもあったし、『やってやろう』という気持ちもすごくありました。ただ、ボールに絡めず、シュートにも行けなかった。ドリブルなど、自分の良さも出せなかった。成長した姿を見せたかったんですけど、できなかったので、悔しいです」

    Q:次節も、岐阜時代の恩師である大木監督が率いる熊本が相手になります。抱負をお願いします。
    「チームとしても、すぐに試合が来ますし、自分自身、岐阜時代の監督だった大木さんが率いる熊本との試合。前期は3-5でやられてしまったので、今度はその悔しさをぶつけて、勝てるように頑張ります」

    ■吉馴空矢
    Q:自身としては、J3第20節の福島戦以来、8試合ぶりの先発。期する思いもあったのでは?
    「そうですね。苦しい我慢の日々が続いた中で、今日の先発を迎えたので、『絶対にやってやろう』という気持ちで臨んだのですが、見せ場を作れず、交代になってしまいました」

    Q:2種登録としてプレーしていた昨季はインパクトのあるプレーも見せていたが、プロ1年目の今季は出場機会が減っている。そういった現状を、どう捉えていますか?
    「高校の時は、伸び伸びできたという部分もありました。プロになったことで、細かいところのプレーにも課題があり、2種登録の頃にはなかったプレッシャーも感じています。(アシストなど)結果も出せていないので、ベンチにいるのかなと思っています。結果を残せば変わるかなと思って、今日の試合には臨みました」

    Q:前への推進力も武器ですが、そういったプレーを出す機会も減っている印象です。
    「そうですね。武器である仕掛けも減ってしまっているので、練習から心掛けて、本数も増やしていたんですけど、今日はなかなか出せなかったです」

    Q:今日は展開的にも、なかなかボールを握れず、セカンドボールも拾えず、厳しい試合になってしまった?
    「そうですね。ボールを持てなくて、攻撃の形も作れず、チームとしても厳しい試合になりました。個人としても、気持ちはとても強くあったんですけど、プレーで出せなかったのが悔しいです」

    Q:残り試合に向けて、改めて意気込みをお願いします。
    「練習からしっかりアピールして、試合でもいいところを出せるように頑張ります」

シュート数

15 2
    甲斐 健太郎(1), イヨハ 理 ヘンリー(1), 橋本 和(1), 大西 遼太郎(1), 中島 賢星(1), レレウ(2), 石川 大地(3), 富樫 佑太(2), 藤谷 匠(1), 粟飯原 尚平(2)
    吉田 有志 (1), 藤尾 翔太 (1)

ゴールキック

8 17

コーナーキック

8 0

直接フリーキック

16 14

間接フリーキック

1 4

オフサイド

1 4

ペナルティキック

0 0