天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦

2018.7.11 (水) 19:00

石川県西部緑地公園陸上競技場

入場者数:5,540人

セレッソ大阪
  • 水沼宏太(10’)
  • 清武弘嗣(26’)
  • 福満隆貴(90+3')
ツエーゲン金沢
3-0
2-0 1-0

セレッソ大阪

GK 27 丹野 研太
DF 2 松田 陸
DF 14 丸橋 祐介
DF 22 マテイ ヨニッチ
DF 23 山下 達也
MF 7 水沼 宏太 10'
MF 10 清武 弘嗣 26' 68
MF 11 ソウザ 84
MF 43 オスマル
FW 8 柿谷 曜一朗 37
FW 9 杉本 健勇

サブ

GK 1 永石 拓海
DF 16 片山 瑛一
MF 15 木本 恭生
MF 17 福満 隆貴 93' 68
MF 24 山村 和也 84
MF 32 田中 亜土夢
FW 18 ヤン ドンヒョン 37
監督 尹 晶煥

ツエーゲン金沢

GK 23 白井 裕人
DF 13 石田 崚真
DF 39 庄司 朋乃也
DF 27 廣井 友信
DF 16 毛利 駿也 75
MF 10 宮崎 幾笑
MF 26 藤村 慶太 64'
MF 33 梅鉢 貴秀
MF 17 加藤 大樹
FW 7 清原 翔平 53
FW 19 垣田 裕暉 39' 80

サブ

GK 22 田尻 健
DF 3 作田 裕次
DF 45 沼田 圭悟 75
MF 6 大橋 尚志
MF 11 杉浦 恭平 80
MF 14 金子 昌広
FW 9 佐藤 洸一 53
監督 柳下 正明

シュート数

9 8
  • 丸橋 祐介(1)
  • 水沼 宏太(2)
  • 清武 弘嗣(1)
  • ソウザ(1)
  • 杉本 健勇(1)
  • 福満 隆貴(2)
  • ヤン ドンヒョン(1)
  • 宮崎 幾笑(2)
  • 藤村 慶太(2)
  • 加藤 大樹(1)
  • 垣田 裕暉(1)
  • 佐藤 洸一(2)

ゴールキック

9 8

コーナーキック

3 5

直接フリーキック

11 6

間接フリーキック

2 4

オフサイド

2 4

ペナルティキック

0 0

監督コメント

  • 【試合後】
    「中断明けの初戦になりましたが、多くの方に遠いところまで足を運んでいただいて感謝しています。その力をもらって戦いました。休み明けの初戦ということで心配もありましたが、選手たちが期待以上によくやってくれました。いい動きからチャンスを作って、いい得点も生まれました。金沢さんのハードなスケジュールもあり、こちらが少し得した部分もありましたが、すごくいい姿を見せて、いい試合運びで、いい結果を得られたと思います。リーグ戦も再開しますが、これをつなげていくことが大事です。天皇杯もリーグ戦も狙えるいいチームになっていると思いますので、継続してやっていく必要があると思います」

    Q:途中交代した柿谷曜一朗選手の状態について。分かる範囲でいかがでしょうか。
    「どの場面なのか分からないですが、少し筋肉が伸びたような感じです。また確認しないといけないと思います」

選手コメント

  • ■水沼宏太
    Q:先制点を振り返って
    「相手がマンツーマンだったので、ポジションをどんどん動いていけばフリーになることは分かっていたし、試合の入り方としても、みんなが動いて流動的にできていたので、あの一瞬、うまく抜け出せたと思います。(柿谷)曜一朗がいいパスを出してくれたので、決めることができて良かったです」

    Q:流動的な動きはチームとしても意識していたことですか?
    「そうですね。相手が食いついてくることは分かっていたし、予想以上に食いついてきたので、みんなでポジションチェンジしながらやっていくことを心掛けました。試合を通しては、全体的に最後の方はスローダウンしましたけど、1試合を通して戦い抜けたので、リーグ戦にもつなげることができたと思います」

    ■清武弘嗣
    Q:勝利という結果について
    「(山口)蛍と(キム)ジンヒョンがいない中で、出た選手がしっかりやらないといけなかったですし、いい流れで得点も入って、勝てて良かったと思います」

    Q:前半の2点ともいい崩しでしたが?
    「今日は僕のポジションもいろいろ考えながらやりました。あまり中に入らずに、外に張りながら。相手がマンマークだったので、(ボールを)出して、動いてを繰り返しながらやった中で、1点目も2点目もすごくいい崩しで、3点目は(福満)隆貴の個人技が生きたゴールでした。後半は攻められるシーンも多々ありましたけど、失点をゼロで抑えたことは素晴らしいことだと思います」

    Q:キャプテンマークを腕に巻いての一戦でしたが?
    「蛍が来週から帰ってきますし、今日だけのキャプテンでしたけど、勝てて良かったです。勝っていくことがチームには大事ですし、リーグ再開に向けて、いい流れで1週間を過ごせると思います」

    ■杉本健勇
    Q:いい形で前半に2点取れたことが大きかったですか?
    「そうですね。1点、先に取れて、2点目もいい形だったので、良かったです。自分たちは試合が空いていた中で、相手はずっと試合をやっていて、試合勘の差は後半に少し出てしまったかなとは思いますが、今日90分できて良かったですし、トーナメントなので、勝つことがすべてなので」

    Q:後半は少し足が止まった部分もありましたか?
    「見ての通り、止まっていましたね(苦笑)それでも何とかみんな走ろうと思ってやっていました。苦しい時に、一歩、頑張るとか。それを全員が意識すれば大きな力になると思います。ピンチもありましたけど、最後で失点しなかったことも良かったと思います」

    Q:ここからの連戦について。乗り越えるために何が大切になる?
    「個人としてはコンディションを維持することを第一として、チームとしては、ここに来ていない選手も含めて全員の力が必ず必要になってきます。昨季もチーム全体として戦ったことで、いい方向に向かいました。プラス、今季はJリーグを獲ることも目標にしています。昨季以上のことを成し遂げようとしていますが、あまり先のことは考えず、目の前の試合でどれだけやり切れるか、力を出し切れるかどうか。そこに尽きると思います」

    ■福満隆貴
    Q:押されていた中で決まった最後の3点目で、チームも気持ち良く帰れるのでは?
    「そうですね(笑)押されている時間も長かったですけど、最後の最後でチャンスが来て、決めることができて良かったです」

    Q:あのゴールは福満選手の個人技でしょうか?
    「仕掛けて、たまたま自分の前にボールが転がってきたんですけど、それもサッカーなので、落ち着いて決めることができて良かったです」

    Q:チーム全体としては、入りが良かったですね。
    「最初はベンチで見ていて、すごくいい入りでしたし、いい時間帯に先制して、追加点も取れた。1ヶ月以上、公式戦が空いた中での試合でしたけど、勝てたので良かったです」

    Q:気候も暑くなってきて、交代で入る選手も含めてチーム全体で戦っていく7月、8月になりそうですね。
    「そうですね。連戦が始まりますし、先発で出ている選手だけでは暑さはきついと思うので。誰が出てもいいサッカーができるようにしないといけないし、今日のベンチメンバー、今日ここに来ていない選手たちが、今日の先発11人を超せるような存在にならないといけない。全員で競争してやっていけたらいいかなと思います」

試合後記

  • 鮮やかなパスワークから前半2得点。後半は守勢に回るも無失点でしのぎ、4回戦進出

    天皇杯2回戦以来、約1カ月ぶりとなる公式戦、ツエーゲン金沢との天皇杯3回戦に臨んだセレッソ大阪。ロシアワールドカップからチームに戻ったばかりのキム・ジンヒョンと山口蛍は遠征に帯同しなかったが、それ以外は“ベスト”と言える布陣で、キャプテンマークは副キャプテンの清武弘嗣が巻いた。一方の金沢は、直近のJ2第22節から中3日。先発5人を入れ替えたが、注目の清原翔平と庄司朋乃也は揃って先発。清原がトップ下に位置に入る[4-2-3-1]の布陣だった。

    序盤、ペースを掴んだのはセレッソ。「ボール保持者に対して厳しく行く」(柳下正明監督)金沢のマンマークの守備に対し、プレスを回避するようにテンポよくボールを回すと、10分、中央での鮮やかなパスワークから、最後は柿谷曜一朗のスルーパスに抜け出した水沼宏太がGKとの1対1を落ち着いて決め、セレッソが先制に成功した。

    ここから約10分間は金沢に攻撃を許すも、マテイ・ヨニッチを中心にセレッソがしのぐと、26分、再び鮮やかなパスワークから、今度は柿谷のクロスに清武がヘディングで合わせて追加点。試合を優位に運ぶも、30分過ぎ、アクシデントが発生する。ここまで攻撃の中心として2アシストを決めた柿谷が足の痛みを訴え、自らベンチに下がった。

    前半の残り15分は一進一退の攻防に。41分には、金沢の加藤大樹のシュートがポストに当たり、跳ね返ったボールを丹野研太がキャッチする場面も。45分には、水沼のクロスをファーサイドで杉本健勇が折り返し、柿谷に代わってピッチに入ったヤン・ドンヒョンが決定機を迎えたが、ヘディングシュートはGK正面を突いた。アディショナルタイムにもセレッソに好機。清武のスルーパスを杉本が落とし、水沼がダイレクトでシュートを放ったが、惜しくも枠を外れた。

    後半に入ると、50分、勢いよく駆け上がった丸橋祐介がポスト直撃のミドルシュートを放つ場面こそあったが、60分以降はセレッソの選手たちの足が止まり始め、セカンドボールを拾えず金沢の攻勢を受ける展開に。63分、72分、83分と連続してピンチを迎えると、89分には、金沢の10番、宮崎幾笑のシュートがクロスバーを直撃する。ただし、この1発は直前に丹野が触っており、わずかにコースを変えた、丹野のビッグセーブだった。90分にも右サイドのクロスから途中出場の佐藤洸一に決定機を許したが、シュートは枠を外れ、セレッソは事なきを得た。

    セレッソにとって守勢に回る時間帯が多い後半となったが、相手のシュートミスや丹野の好セーブにも救われ無失点でしのぐと、試合終了直前、金沢のゴール前でボールを持った福満隆貴がドリブルを仕掛けて相手DFをぶち抜くと、最後は冷静にシュートを沈めてセレッソが3点目。このゴールと同時に試合は終わり、セレッソが4回戦進出を決めた。

    中断明け初戦。試合中盤から終盤にかけては苦しい展開にも陥ったが、「そういう時に、一歩頑張るとか。それを全員が意識すれば大きな力になる。ピンチもあったけど、最後で失点しなかったことも良かった」と杉本が話せば、尹晶煥監督も、「休み明けの初戦ということで心配もありましたが、選手たちが期待以上によくやってくれました」と選手たちを褒め称えた。

    気になる負傷交代した柿谷だが、試合後は丸橋に付き添われる形で足を引きずりながらミックスゾーンに現れた。記者陣からの問いかけに対しては、「また次、頑張ります!」と答えるに留め、「(足は)痛いっすよ」と話すも、表情には笑顔も。前半のプレーぶりを見ても、ここから続く連戦で重要な役割を担うことは間違いないだけに、軽傷であることを願うばかりだ。

    また、試合後は、清原と庄司が揃ってセレッソゴール裏へ挨拶に向かった。その後、庄司は尹晶煥監督と言葉を交わす場面もあり、清原とともにセレッソの選手、スタッフに囲まれていた。「試合に出続けることで、自分ができること、できないことも分かる。今は、セレッソに戻るために、というよりも、金沢での日々を頑張って過ごしています」と話した庄司のさらなる成長にも期待したい。