2021明治安田生命J1リーグ 第16節

2021.5.26 (水) 19:03

県立カシマサッカースタジアム

入場者数:5977人

DAZN

鹿島アントラーズ
  • 荒木 遼太郎 (72')
セレッソ大阪
1-0
0-0 1-0

鹿島アントラーズ

GK 31 沖 悠哉
DF 32 常本 佳吾
DF 39 犬飼 智也 31'
DF 28 町田 浩樹
DF 14 永戸 勝也
MF 4 レオ シルバ 73
MF 21 ディエゴ ピトゥカ
MF 37 小泉 慶
MF 41 白崎 凌兵 60
FW 8 土居 聖真 90+1
FW 13 荒木 遼太郎 72' 73

サブ

GK 1 クォン スンテ
DF 23 林 尚輝
MF 6 永木 亮太
MF 17 アルトゥール カイキ 90+1
MF 20 三竿 健斗 73
MF 27 松村 優太 60
FW 18 上田 綺世 73
監督 相馬 直樹

セレッソ大阪

GK 21 キム ジンヒョン
DF 2 松田 陸
DF 14 丸橋 祐介 50' 64
DF 15 瀬古 歩夢
DF 43 ダンクレー
MF 4 原川 力 84
MF 5 藤田 直之 75
MF 17 坂元 達裕
MF 25 奥埜 博亮
FW 10 清武 弘嗣
FW 29 加藤 陸次樹 46*

サブ

GK 1 ダン バン ラム
DF 16 新井 直人 64
DF 33 西尾 隆矢 84
MF 18 西川 潤
FW 9 アダム タガート 46*
FW 20 大久保 嘉人 75
FW 32 豊川 雄太
監督 レヴィー クルピ

監督コメント

  • 【ハーフタイム】
    ●アタッキングサードでは、自信をもって仕掛けよう
    ●パスコースを作りながら、前に運ぼう
    ●チャンスはくるので、立ち上がり集中して入ろう
  • 【試合後】
    「試合内容からいくと、両チームとも決定機を数多く作ったわけではないので、引き分けで終わってもおかしくない試合だったと思います。鹿島さんが決めるべきところを決めて1-0にされたという点では、勝利に値するということにはなりますが、0-0で終わってもおかしくない内容だったと思います」

    Q:後半から入ったアダム タガート選手について。背後への抜け出しで活性化する時間帯もあったが?

    「持ち味を出そうと頑張ってくれたと思います。彼らしさも時折、見られました。これからさらに試合を重ねることで、もっともっと良くなると思います」

    Q:清武弘嗣選手ですが、彼本来の出来ではないような、精彩を欠いたプレーも見られたが、状態をどう見ていますか?

    「キヨはチームの中でも一番インテリジェンスのあるプレーヤーで、試合の流れを見ながらプレーできるという意味で、今日も彼らしく戦ってくれたと思います。あとはフィジカル的に、コンディションを見ながら、彼の持っている力を十分に発揮できるように考えて、今後のシーズンを戦っていきたいと思います」

    Q:5試合勝利から遠ざかっている現状で踏ん張りどころだと思うが、次節に向けて修正すべき部分は?

    「試合に負けた直後なので、印象としては、どうしても全てがうまくいっていないような印象を与えてしまうと思うが、そこは冷静に考えていきたい。なぜなら、選手たちのクオリティーは本当に高いモノがあるからです。もっともっといいサッカーができると思っています。そこを私も引き出していく方法をしっかりと考えていこうと思っています。セレッソらしさを取り戻すために、ここが踏ん張りどころということで、みんなが気持ちを一つにして戦っていくこと。セレッソらしさを取り戻していくことはみんなのミッションだと思っています。それを明日からしっかりと考えていきたいと思います」

選手コメント

  • ■瀬古歩夢
    Q:今節が先発としては9試合ぶりとなった中、チームは勝利から遠ざかっていたが、どういう意識で試合に臨んだ?

    「やっぱり、失点しないことが第一ですし、最近は失点が続いていたので、自分が入ることによって失点ゼロで抑えようという気持ちで試合に挑みました」

    Q:ダンクレー選手とのコンビについて。また試合途中でボランチに移ったが?

    「ダンクレーとは試合前から色々なコミュニケーションを取り、1試合を通して良かったのではないかと思っています。途中からボランチに入りましたが、ボールに触れなかったので、
    ボランチとしては、もっと良くしていかないといけないと思います」

    Q:勝ちから遠ざかっている状況で、選手は必死にプレーしていても、どこか歯車がかみ合わない状況でもあると思うが、そういった時期に必要になると思うプレーは?

    「攻撃に関しては、全員の共通理解が必要だと思います。チームのみんなが認識しないと、ゴールまでは遠い。そういったところは、今日の試合後もみんなで話しました。自分たちで意思統一できれば良くなっていくと自分自身も思うし、チームとしても思っていると思います」

    Q:試合に出ていない間も、共通理解が足りていないような感触は受けていた?

    「う~ん、そうですね。外から見ていて感じることも多かったので、今日、ピッチに入って、しっかり後ろからの鼓舞や、チームを落ち着かせる言動は意識してやったつもりです」

    Q:今回のU-24日本代表からは外れてしまったが、受け止めと、最終選考も残っている今後へ向けて

    「今回、外れたことは自分に実力がないということなので、しっかり受け止めて、次また選ばれるように、チームで試合に出られるよう、頑張っていきたいと思います」

    ■アダム タガート
    Q:背後への抜け出しでチャンスも作っていたが、監督からはどういう指示を受けて、どういう意識で試合に入った?

    「おっしゃったように、裏への動き出しで得点を狙うことを指示されていました。いいチャンスも何回か作れていたので、それを決め切れなかったことは残念です」

    Q:第12節・G大阪戦での出場以来、しばらく試合から離れていたが、現在のコンディションは何%くらいでしょうか?

    「何%ということはハッキリと言えませんが、徐々にコンディションは上がっていますし、これからどんどん試合にも出られると思うので、少しでもチームに貢献できるように頑張りたいと思います」

    Q:周りとの連係があってくれば得点も近いと思うが、今後、チームメートとの連係も含め、どのようなプレーを見せていきたい?

    「今日もすでに何回かコンビネーションでいいプレーも出せたと思います。今後、もっとみんなのことをよく知っていきたいです。大久保選手とは、練習でもいいコンビネーションができているので、今後は大久保選手だけではなく、他の選手とももっとコンビネーションを良くしていって、試合で活躍できるようにしたいと思います」

    Q:勝利から遠ざかっている状況だが、ここから抜け出すために必要だと考えていることは?

    「残念な結果が続いていますが、今後、コンビネーションを良くしていき、もっと攻撃面で無慈悲に攻めていかないといけない。今後、そういうところをブラッシュアップして、いい攻撃につなげていきたい。今一番大事なことは、下を向かずに練習して、攻撃をもっと強化していくことが必要だと思います」

シュート数

13 10
    永戸 勝也(1), ディエゴ ピトゥカ(4), 小泉 慶(1), 白崎 凌兵(3), 土居 聖真(1), 荒木 遼太郎(1), 上田 綺世(2)
    松田 陸 (1), 丸橋 祐介 (1), 瀬古 歩夢 (3), ダンクレー (1), 原川 力 (2), 坂元 達裕 (1), 加藤 陸次樹 (1)

ゴールキック

7 11

コーナーキック

5 4

直接フリーキック

7 13

間接フリーキック

1 2

オフサイド

1 2

ペナルティキック

0 0