天皇杯JFA全日本サッカー選手権大会 2回戦

2021.6.9 (水) 18:00

ヨドコウ桜スタジアム

一般社団法人大阪府サッカー協会公式YouTubeチャンネル(大阪府FA TV)

セレッソ大阪
  • 5' 大久保
  • 31' 奥埜
ガイナーレ鳥取
2-0
2-0 0-0
DAZN オンラインで試合観戦

セレッソ大阪

GK 1 ダン バン ラム
DF 6 チアゴ
DF 15 瀬古 歩夢
DF 33 西尾 隆矢 71
DF 2 松田 陸
MF 4 原川 力
MF 10 清武 弘嗣
DF 14 丸橋 祐介
MF 25 奥埜 博亮 31'
FW 20 大久保 嘉人 5' 82
FW 29 加藤 陸次樹 71

サブ

GK 48 春名 竜聖(2種登録)
DF 16 新井 直人
DF 24 鳥海 晃司
MF 5 藤田 直之
FW 13 高木 俊幸 71
FW 28 中島 元彦 82
FW 32 豊川 雄太 71
監督 レヴィー クルピ

ガイナーレ鳥取

GK 13 田尻 健
DF 26 世瀬 啓人 46
DF 4 鈴木 順也
DF 3 藤原 拓也
DF 34 杉井 颯
MF 8 安藤 一哉 29
MF 21 永島 悠史 71
MF 15 石田 侑資
MF 7 可児 壮隆
MF 9 田口 裕也 46
FW 18 石川 大地

サブ

GK 1 福留 健吾
MF 2 小牧 成亘 46
MF 6 新井 泰貴
MF 20 原田 虹輝 46
MF 25 秋山 大地 71
FW 11 大久保 優 29
FW 39 谷尾 昂也
監督 金 鍾成

監督コメント

  • 【ハーフタイム】
    ●フィニッシュが少ない、意識をもっと高く持とう
    ●皆で声をかけながら、パスをもっと増やそう
    ●後半の立ち上がりを大切に
  • 【試合後】
    ■レヴィー クルピ監督
    「チームとして、まだまだ完成度が高まっているとは言えません。コンパクトに戦えているかと言えば、まだそうではない時間帯もあります。ただ、そうは言っても、ゲーム内容としては、まずまずの出来で、勝利に値する内容でもあったと思います。もっと選手たちの実力を引き出すためには、何かしら考えていかないといけないとも思います。今日の内容に関する責任は、監督である私にあります。というのも、最初は[3-5-2]でスタートして、途中からCBを一人外して[4-4-2]にしたということで、選手たちはやりにくさもあったかも知れません。そういう責任は私にあります」

    Q:2点とも両サイドの高い位置からのクロスからでした。新しいシステムの良さも出ていたと思うが、公式戦2試合目となった新システムの手応えは?

    「3バックに変えたことで、プラスの部分とマイナスの部分、試合の中では、まだどちらも見受けられます。常に私が感じているのは、選手たちの実力をもっと引き出すことができれば、もっと魅力的なサッカーにつながるということ。そういった道をこれからも進んでいきたいと思います」

    Q:ヨドコウ桜スタジアムでの初戦を戦った感想は?

    「ヨドコウ桜スタジアムの初戦ということで、気持ち良くゲームに臨ませてもらい、気持ち良く試合ができました。まさに“我々の家”と呼べる、最高のスタジアムができたと改めて感じました。今までも、このスタジアムにはいい思い出がたくさんありますが、これからも、もっといい思い出がたくさんできるのではないかと感じました」

選手コメント

  • ■大久保嘉人
    Q:ヨドコウ桜スタジアムの初戦を戦い終えての気持ちは?

    「素晴らしいスタジアムですね(笑)お客さんはいなかったんですけど、ピッチと客席が近くて、やり易かったです。初戦で負けるわけにはいかないと思っていました。最近はリーグ戦でも勝てない試合が続いていたので、今日、勝てたことは良かったです」

    Q:早い時間帯で生まれた自身の先制点について

    「天皇杯の初戦は、早い時間帯に点を取らないとズルズル行ってしまう。早めに点が取れればいいなと思っていたので、その中で取れたことで、気持ちとしては楽になりました」

    Q:高い位置での、サイドからのクロスに入ることは狙っている?

    「サイドからいいクロスを上げる選手はいっぱいいます。その中で、自分は、身長は小さいですけど、どのようなタイミングで入っていくかということについては、常にディフェンスと駆け引きしながらやっています。小さいですが、ヘディングは得意です(笑)」

    Q:しばらくリーグ戦で勝てなかった中での1勝は、ACLに向けても弾みが付く?

    「もちろん。公式戦なので、勝つことは大事。下のカテゴリーと戦う天皇杯は、どのチームも難しい試合になります。その中で、ACLに向かう前の公式戦で勝てたことで、みんな自信も取り戻したと思うし、いい形でACLに行けると思います」

    ■ダン バン ラム
    Q:セレッソでのデビュー戦となったが、試合を振り返ると?

    「日本で初めての試合だったので、今はとにかく素晴らしい気持ちです。セレッソの一員として、試合に勝てたことは良かったと思います」

    Q:隔離期間もあり、準備が大変な時期もあったと思うが、どう乗り越えてきた?

    「皆さんもご存知のように、ベトナムと日本、2回の隔離期間があったので、大変でしたが、セレッソのスタッフやコーチ、メディカルスタッフは素晴らしい人たちばかりで、僕を支えて下さいました。それが今日の試合につながったと思います」

    Q:このチームでゴールを守り続けているキム ジンヒョン選手をどう見ているか。今後、切磋琢磨していくと思うが、今後への抱負を

    「ジンヒョン選手は素晴らしい経験を持った選手。J1の試合にも300試合以上出ています。毎日、一緒に練習できることに関して、嬉しい気持ちにもなりますし、学ぶことはいっぱいあります。日々、少しでも吸収して、自分のレベルアップにつなげて、セレッソで活躍していきたいです」

    Q:今日の試合は無観客でしたが、YouTubeで配信されていました。多くのベトナム人の方が見ていたようだが、プレーを見せられたことについて

    「ベトナムの人たちは、僕のことを気にかけて下さっています。サポートもしてくれています。日本での初めての試合を、みんなが待ち遠しい気持ちで迎えて下さったと思います。今日、試合に出られて、プレーする姿を見せられたことは良かったです。今までサポートして下さった感謝の気持ちを伝えたいと思います」

    Q:ベトナムと日本では、サッカーの環境も違うと思うが、その違いをどう感じていますか?新しい価値観などもありますか?

    「いい質問だと思います。ベトナムと日本では、全く違います。セレッソには、練習も含め、クオリティーが高い選手がいっぱいいるので、驚かされることばかりです。特に驚いたことはスピードです。さらに、シュートの精度も高く、そういう部分に驚いています」

シュート数

16 8
  • チアゴ(1)
  • 松田 陸(3)
  • 清武 弘嗣(1)
  • 奥埜 博亮(2)
  • 大久保 嘉人(4)
  • 加藤 陸次樹(1)
  • 高木 俊幸(1)
  • 豊川 雄太(3)
  • 世瀬 啓人(1)
  • 安藤 一哉(1)
  • 石田 侑資(1)
  • 石川 大地(3)
  • 原田 虹輝(1)
  • 大久保 優(1)

ゴールキック

6 9

コーナーキック

4 0

直接フリーキック

9 9

間接フリーキック

5 3

オフサイド

5 3

ペナルティキック

0 0