2018明治安田生命J1リーグ 第8節

2018.4.14 (土) 15:03

ヤンマースタジアム長居

入場者数:17,790人

セレッソ大阪
  • 高木 俊幸 (74')
FC東京
1-0
0-0 1-0

ハイライト動画

FC東京

GK 33 林 彰洋
DF 2 室屋 成
DF 48 チャン ヒョンス
DF 5 丸山 祐市
DF 25 小川 諒也 75
MF 39 大森 晃太郎
MF 18 橋本 拳人
MF 8 髙萩 洋次郎
MF 38 東 慶悟 78
FW 17 富樫 敬真 46*
FW 11 永井 謙佑

サブ

GK 1 大久保 択生
DF 4 吉本 一謙
DF 6 太田 宏介 75
MF 7 米本 拓司
FW 9 ディエゴ オリヴェイラ 46*
FW 15 久保 建英 78
FW 20 前田 遼一
監督 長谷川 健太
試合経過
清武 弘嗣 (in) 高木 俊幸 (out) 82'
78' 久保 建英 (in) 東 慶悟 (out)
75' 太田 宏介 (in) 小川 諒也 (out)
高木 俊幸 74'
山村 和也 (in) 西本 雅崇 (out) 67'
ヤン ドンヒョン (in) 柿谷 曜一朗 (out) 67'
マテイ ヨニッチ 54'
46*' ディエゴ オリヴェイラ (in) 富樫 敬真 (out)

テキスト速報

シュート数

10 4
    松田 陸(1), 山口 蛍(2), 杉本 健勇(2), 高木 俊幸(3), 清武 弘嗣(1), ヤン ドンヒョン(1)
    髙萩 洋次郎 (1), 永井 謙佑 (1), ディエゴ オリヴェイラ (2)

ゴールキック

11 9

コーナーキック

3 3

直接フリーキック

16 5

間接フリーキック

2 1

オフサイド

2 1

ペナルティキック

0 0

監督コメント

  • 【ハーフタイム】
    ■相手のサイドからのクロスのセカンドボールをしっかりと拾うように
    ■もう少し、落ち着いてプレーしよう
    ■一人一人の動き出しを早くしよう
  • 【試合後】
    「まず、天候が良くない中でもたくさんの方にスタジアムに来ていただいて、感謝しています。リーグ戦4連勝と走っているFC東京を相手に、簡単なゲームにはならないと思いました。終わってみて、やはり簡単な試合ではなかったと思います。ただ、我々の選手は高い集中力を見せてくれましたし、忍耐力を持って試合に挑んでくれました。ミスなど、いろいろな状況が生まれましたが、チャンスで決めて、勝利につなげたことは、大きな力になると思います。もちろん、このハードなスケジュールの中で、常にいい試合はできないと思っています。攻撃より、守備の面でいいプレーをしてくれたと思います。久々の無失点試合なのですが、全ての選手が意識して、集中してくれた試合だったと思います。ハードなスケジュールですが、これからも1試合、1試合を貴重に考え、最善を尽くしたいと思っています」

    Q:リーグ戦の序盤は失点も目立ちましたが、前節の後半と今節と、組織としての守備が安定してきたと思います。そのあたりの手応えはありますか?

    「最も大事なことは、集中力の差だと思います。90分間、4バックの選手が常に集中力を維持してくれました。もちろん、4人だけがうまくプレーしたから、失点をしなかったということではありません。前からの守備によって、90分間、集中力を持続できたと思います。前からの守備をしっかりとやってくれたので、後ろの選手も90分間、集中力を持続できたと思います」

選手コメント

  • ■高木俊幸
    「形はどうあれ、結果が大事だと思うので。どんなゴールでもいいから、貪欲に狙っていこうと。そろそろ、自分にも結果が欲しい頃だと思っていました。前節、川崎フロンターレを相手に試合に出たメンバーがしっかりやってくれて、いつも仲良くしている福満隆貴が点を取って勝ったので、次は自分がやる番だなと思っていました。本当に、前節の試合が、いい刺激になったと思います」

    Q:得点シーンのようなこぼれ球は狙っていましたか?

    「ずっとベンチからも言われていましたし、中で選手同士でも、『こぼれを狙っておいて』とずっと言われていたので。一番、いい形でこぼれてきたゴールだったと思います」

    Q:あの場面は、「来そうだな」という予感もありましたか?

    「『こぼれて来そう』というか、『こぼれて来る』と思って常に走っているので。『来るかな?』ではなく、来た時のために、ああいうところにしっかり入っていることが大事だと思います」

    ■木本恭生
    Q:集中力が最後まで途切れなかった、守備陣としては最高の試合でしたか?

    「そうですね。無失点で勝てたのは良かったです。監督も、『無失点で抑えれば必ず勝てる』と言ってくれていたので。前の選手たちを信じていましたし、1点を取ってくれたので、勝てて良かったです」

    Q:後半開始からディエゴ オリヴェイラ選手が入って来て、相手の攻撃の威力も増した感じがありましたが?

    「Jリーグの中でも強い選手だと思いました。ああいう選手と戦えたことは、自分の経験として、これから生きてくると思います。完璧には止めることはできませんでしたが、無失点に抑えることができたので、少しは自信になります」

    Q:何度か裏も取られかけましたが、チャレンジ&カバーでしのげましたか?

    「始めから裏を狙ってくると分かっていたし、あの形が一番、自分たちにとって嫌な形だったので。前半は自分たちがスペースを消してうまく守れていたんですけど、後半になって、攻め出してから、失い方が悪い時に危ない場面もありましたけど、自分たちが集中して守っていれば、やられないと思っていました」

    Q:前半、ある程度、リトリートしてブロックを作って、裏を消す形は狙い通りでしたか?

    「そうですね。試合前から狙っていました。ただ、ラインが少し低くなった分、相手のクロスも多くなったので、そこは後半に向けて修正しよう、という話はしていました」

    ■マテイ ヨニッチ
    「非常にタフな試合でした。セレッソもFC東京も連勝している中、勝ち切れたのがセレッソでした。本当に良かったです」

    Q:無失点で終われた要因をどう考えますか?

    「今までの試合と比べて何かを変えたわけではないですし、特別な何かをしたわけではないですが、全体的にいいパフォーマンスができました」

    Q:FW、中盤、DFラインが間延びせず、全体的にコンパクトに守れていたとも思うが?

    「そうですね。前の選手も横の選手も全員が貢献して、スペースをあまり与えないように、きっちりとスペースを埋める役割を果たしていました。コンパクトに試合を運ぶことは毎試合、狙っているのですが、今日はうまくできたと思います」

    Q:後半、相手は裏を狙ってきていましたが?

    「そうですね。とてもスピードのある選手が揃っていたのですが、相手が積極的にDFラインの裏を狙ってくることは試合前から予測していたので、うまくDF同士でプレーを読みながら、お互いのカバーリングが効果的だったと思います」

    ■山口蛍
    「無失点で終われたことは良かったです。今までもそんなに悪くなかったんですけど、コミュニケーションで解決できるところもあったと思うし、集中力の問題もあったと思います。今日は、後ろも前も、全体の集中力が高かったと思いますし、それが今日の無失点につながったのだと思います」

    Q:全体をコンパクトに戦えていたように見えましたが?

    「そうですね。去年のいい時も、そうやってコンパクトに戦えていたと思いますし、今、それができているから、結果も付いてきていると思います」

    Q:後半からディエゴ オリヴェイラ選手が入ってきて、少し裏も狙われましたが?

    「前半はそこまで裏のボールはなかったのですが、後半は永井くんとディエゴ オリヴェイラが2人いて、結構、裏に走られて、それがピンチになるシーンも多かった。それが、今日は相手で一番、脅威な部分でした。ただ、スピードがあることは分かっていたので、そこはCBを含めてうまく対応してくれたと思います」

    Q:今日は西本雅崇選手とのコンビでしたが、どんな声をかけましたか?

    「『思い切ってやれ』とは言ったけど、あいつも緊張すると思ったので、俺がなるべくうまくサポートできたらいいなと思っていました。そんなに悪くなかったと思います」

    Q:ボランチにケガ人が増えて、山口選手に負担がかかるというか、フル回転ですが、そのあたりについては?

    「仕方ないと思いますし、(ACLは)ユンさんがどういう判断を下すか分からないですが、出続けているのは僕だけではないですし、うまく戦っていきたいと思います」

    ■西本雅崇
    Q:J1リーグ戦での初先発となりましたが、試合を振り返ると?

    「J1という舞台に立ってみて、通用する部分と通用しなかった部分がハッキリしましたし、
    あの雰囲気の中で、自分のプレーをどれだけ出せるか、という部分では、まだまだ足りないなと感じました」

    Q:どういったところが通用して、どういったところが足りないと感じましたか?

    「(足りなかったのは)ミスが多い、というところ、つなぎのところですね。つなぎでミスが増えたことが一番の課題で、もっと落ち着いてやることが大事でした」

    ■水沼宏太
    「お互い連戦でキツイところもありましたけど、僕ららしく粘り強くできました。相手も最近粘り強さはあったと思いますけど、僕らは今までやってきた形ではあったので、チャンスはムチャクチャ多かったワケじゃないけど、勝ち点3を取れて、運もこっちに向いてくれたので良かったと思います」

    Q:苦しい時間帯もありましたが、前からのディフェンスは行けてましたね

    「割り切ってディフェンスは出来ていたので、そんなに負担もなかったですし、相手のストロングが左サイドにあったので、僕とリク(松田)で地味な仕事ですが相手のチャンスを作らせなかったというのは、1つ強みを消せたというのもあると思います。
    そういう色んなバランスを組み合わせて勝っていくもんだと思うので、そういう意味では最低限の仕事は出来たのじゃないかなと思います。
    勝っている時は勝っていくモノだと思いますし、チームとして自信というのはあるのかも知れませんが、とにかく出た選手達が自分の役割に徹することが出来ているので、こうやって勝ちを引き寄せることが出来ているのかなと思います」

    Q:次の広州戦、その次のダービーの前に勝てたのは大きい?

    「そうですね。こうやって連勝で入っていけるのは間違いなくチームとして大きいと思いますし、ACLも次に行ける大事な試合とダービーを前に勝つことは良いことだと思うので、そこに向けてまた準備します。今日は上の順位のチームを倒せたのは、ものすごくデカいことだと思います」

    ■杉本健勇
    Q:なかなかゴールが遠い展開でしたね

    「僕を含めて全員が、もうちょっとシンプルにやりたいと思います。もっとチャンスを作れると思う。まだチャンスが少ないですし。僕自身は1本ありましたけど」

    Q:ニアに飛び込んでいったシーンはイメージ通り?

    「あそこはもう少しだったのですけど、いつも狙っている形です。ああいうシーンがどんどん増えていけば、もっともっとチャンスが繋がってくると思いますので、続けて行きたいです。点を決めていないので、少しモヤモヤはありますけど、チームは勝っていますから、それはすごく良いと思う。
    俺はここからどんどん上がっていくので、ここから良いパフォーマンスを見せていきたいと思います」

    Q:押し込まれる時間帯も長かったですが、最終的に勝ち点3を拾う試合が去年から多いですが…

    「今日は前半から、前から行くのじゃなくて、ちょっとブロックを引こうというプランで、守備から入って良い守備から攻撃という所を考えていたので、プラン通りです。守れていましたし、ハーフタイムは無失点でそのまま行けばチャンスは来るので、そのチャンスを決めようと話していたので、プラン通りでした」

    Q:日本代表の西野監督は「コンディションが難しい中でどれだけパフォーマンスを出すか」と言っていましたが…

    「どの選手も一緒だと思うし、連戦が続くとその辺の難しさはあると思いますけど、しゃあないので、連戦の中でも上げていかないといけないし、その中でも高いパフォーマンスを見せないとダメだと思うので、ここからだと思います。これから広州戦もあるし、ダービーもあるので、しっかり叩きたいと思います」

    ■キム ジンヒョン
    Q:無失点に終えたのは?

    「いつもみんなが無失点で行きたい気持ちがあった中で、ずっと失点が続いていたので、難しいところだと思っていますが、今日は試合は絶対に勝たないといけないと思っていましたし、1点勝負と解っていたので、しっかり守り切れば前は絶対に点を取ってくれるという信頼があったからだと思います。
    まず相手は前二人の足の速い選手がいて、そこをやらせないためには、みんなラインが低めというかコンパクトにやらないと行けないという監督の指示がありました。その中で、試合中でもみんなが速い相手に対しても、もっとコンパクトにできたのが、余りやられなかった要因だと思っています。
    試合をやりながら感じましたが、球際のところから両方共堅い守備をしっかりやることで、1点勝負と感じましたし、それで僕らも4バックとボランチでしっかりコンパクトになって守れたと思います」

    Q:相手がスピードがあるフォワードで裏を狙ってきているとGKとしても集中が必要?

    「監督からも裏をカバーしてくれという話がありました。いつもラインが上がっている間に裏を使われると僕がカバーに行かないといけないと思っているので、そこもしっかり意識してやっていました。
    何回かはありましたけど、そこまで危ないシーンはなかったと思う。みんながしっかりコンパクトにすれば、そんなに相手にやらさないと思っていました」

    Q:広州恒大、ダービーと大事な試合が続きますが…

    「この感じでずっと勝ち続けられたら良いなと思いますけど、そこは監督の判断でやるしかないと思います。先ずはこのままずっと続けて行きたいと思っています」

    ■松田陸
    「疲れている選手もいましたけど、フレッシュな選手もいた中で、そのフレッシュな選手が活躍してくれたので良かったと思います。
    ずっと失点していたので、早く無失点の試合をやりたかったので、ヨニッチと終わってから結構喜びました」

    Q:ライン際の攻防も面白かったですね

    「僕自身は負けたくなかったので。でもカードを3枚貰っているので、カードを貰わないようにはやっていました。最後はヨニッチやヤス(木本)が体を張ってくれたので、良かったと思います」

    Q:水沼選手も松田選手とサイドを抑えられて良かったと言ってました
    「こちらからのサイドからはやらせていなかったので、無失点で終われたことは良かったと思います。次にACLはありますが、どの選手が出ても今のセレッソだったら勝てると思うので、しっかりACLは上に繋げて、来週のダービーは絶対に負けられないので、大阪の意地を見せたいと思います」

    ■丸橋祐介
    「ボールを持たれる時間は長かったですけど、最後のところでみんなが体を張れていたし、チャンスも少なくはなかったですけど、最後に決め切れたのは良かったと思います」

    Q:3試合連続ゴールは狙った?

    「全然狙ってないです(笑)あんなのはまぐれなので。けど、チャンスがあれば狙っていこうとは思っていました。勝てて良かったです」

    Q:清武選手に出したFKは丸橋選手から?
    「いや、ホタル(山口)が出したのですけど、目で合図していたので、惜しかったですね」

    Q:それは前から話をしていた?
    「いや、その場でです」

    Q:日程がキツイですが、選手としてどうコントロールしてる?

    「行く所と引く所をしっかりと分けてやって行こうという話はしていました。前半からガンガン飛ばしても、絶対に後半落ちると思うので、そこは上手くしながらということをチームで話ながら入りました。
    割り切る所は割り切りましたけど、繋げる時間帯もあったし、繋ぎながらシュートまで行けていた場面も多かったので、そこで得点出来れば良かったですけど、ゼロで抑えられたのは良かったです」

    Q:リーグ戦初の無失点ですが、気持ち良いですか?

    「ディフェンスとしてはゼロで抑えられたことは嬉しいことですし、前線からしっかりとディフェンスしてくれたというのもゼロで抑えられた要因かなと思います」

    Q:これまで前半に失点が多かったが…

    「そこに関してはチームで話をしていましたし、立ち上がりもしっかりと入れたので前半ゼロで抑えられたのは自分たちにとって大きかったと思います。
    今日はできるだけコンパクトに、下がりすぎる場面も多かったので、そこはしっかり修正出来たと思う。最後のところで全員が体を張れていたと思うので、そこは無失点に繋がったと思います」

試合後記

  • 堅い守備とスキを逃さない攻撃。好調対決を制し、3位浮上!

    リーグ戦3連勝中のセレッソ大阪が同4連勝中のFC東京をホームに迎え撃った今節は、好調なチーム同士の一戦らしく、互いに譲らない緊迫した展開となる。そんな中、74分、相手のミスを逃さずに高木俊幸がゴールを決めたセレッソが1-0で勝利した。

    前節の川崎フロンターレ戦から中2日で迎えた今節。セレッソの先発は、前節から6人変更。松田陸、木本恭生、水沼宏太、高木、杉本健勇がスタメンに戻り、ボランチには、この試合がJ1リーグ初先発となった西本雅崇が入った。

    前半、セレッソは、「(裏の)スペースを消してうまく守れた」と木本も話したように、ある程度、FC東京にボールを持たせつつ、全体の守備組織を整えて対応。FC東京のシュートを1本に抑えた。攻撃では、10分、柿谷曜一朗が引いて受けて、右サイドへ展開すると、松田がクロス。ファーサイドで受けた高木が巧みなトラップで室屋成をかわし、決定的な形に持ち込んで左足でシュートを放ったが、ここはクロスバーを越えた。12分にも、古巣対戦となった松田と水沼のコンビからチャンスを作ったが、ゴールには至らず。すると、25分には、FC東京に左サイドを崩され、東慶悟のクロスから永井謙佑にシュートを許したが、キム ジンヒョンが足に当てて防いだ。

    随所で球際の激しい攻防もありつつ、慎重な試合運びを見せる両チーム。互いに守備の堅さが目立った前半は0-0で終了した。

    後半開始から富樫敬真に代えてディエゴ オリヴェイラを投入してきたFC東京の長谷川 健太監督。すると48分、サイドの裏へ抜け出した永井のクロスから早速、ディエゴ オリヴェイラが左足で合わせるも、ここはミートせず。51分には、高木のパスに杉本が抜け出し、セレッソもチャンスを迎えかける。57分には松田のクロスから杉本がシュートを放てば、58分にはディエゴ オリヴェイラがペナルティーエリア内で、独力でシュートまで持っていくなど、一進一退の攻防が続く。

    67分、尹晶煥監督は2枚同時交代を敢行。柿谷に代えてヤン ドンヒョン、西本に代えて山村和也をピッチに投入した。すると74分、セレッソがFC東京の一瞬のスキを突いて先制に成功する。キム ジンヒョンのゴールキックをヤン ドンヒョンが頭で競り、前方へボールが流れると、チャン ヒョンスが処理を誤る。GKとお見合いするような形でボールがこぼれると、詰めていた高木が奪い、無人のゴールへ蹴り込んだ。

    その後も最後まで守備の集中力が途切れなかったセレッソは、攻撃でも躍動感が生まれ、88分には杉本が、試合終了間際には清武弘嗣が、それぞれ追加点のチャンスを迎えるも決め切れなかったが、このまま1-0で勝利。公式戦11試合ぶりの無失点を達成するとともに、リーグ4連勝を達成し、リーグ戦の順位も3位へ浮上した。

LATEST