2022Jリーグ YBC ルヴァンカップ 準々決勝 第1戦

2022.8.3 (水) 19:03

ヨドコウ桜スタジアム

入場者数:9998人

フジテレビNEXT / FOD SPOOX スカパー!番組配信

セレッソ大阪
  • アダム タガート (89')
川崎フロンターレ
  • 脇坂 泰斗 (33')
1-1
0-1 1-0

セレッソ大阪

GK 21 キム ジンヒョン
DF 2 松田 陸
DF 6 山中 亮輔
DF 24 鳥海 晃司 51
DF 33 西尾 隆矢
MF 16 毎熊 晟矢 75
MF 17 鈴木 徳真
MF 19 為田 大貴 62
MF 25 奥埜 博亮
FW 7 上門 知樹 62
FW 20 加藤 陸次樹 62

サブ

GK 31 清水 圭介
DF 29 舩木 翔 74' 51
MF 4 原川 力
MF 41 中原 輝 75
FW 9 アダム タガート 89' 62
FW 26 ジェアン パトリッキ 62
FW 38 北野 颯太 62
監督 高橋 大輔

川崎フロンターレ

GK 1 チョン ソンリョン
DF 16 瀬古 樹
DF 31 山村 和也 41'
DF 5 谷口 彰悟
DF 8 橘田 健人
MF 6 ジョアン シミッチ
MF 14 脇坂 泰斗 33'
MF 19 遠野 大弥
FW 24 宮城 天 84
FW 23 マルシーニョ 73
FW 32 山田 新 84

サブ

GK 21 安藤 駿介
GK 22 早坂 勇希
GK 27 丹野 研太
DF 4 ジェジエウ 84
MF 18 チャナティップ
MF 41 家長 昭博 73
FW 9 レアンドロ ダミアン 84
監督 鬼木 達

監督コメント

  • 【ハーフタイム】
    ●全体の距離感を常に意識しよう
    ●プレーにメリハリをつけて戦おう
    ●ここからが勝負だから気持ちを強く持って戦おう
  • 【試合後】
    ■高橋大輔コーチ
    「攻め込んでもなかなか崩せず、先制されて、メンタルコントロールとしては難しい試合でしたが、最後まで1点を取るために走りましたし、誰一人諦めることなくやり抜いたというところでは、素晴らしいゲームだったと思います」

    Q:急遽、指揮を執ることになったが、試合前の気持ちについて。また、小菊監督から伝えられたことはありましたか?

    「急遽ではあったのですが、こういう情勢下で、自分の中でシミュレーションする機会は何度かありました。その中で今回、実際にそういうことが起きた。ただ、自分のスタンスとしては、今まで通り、コーチとしての立場でやると。いつも通りにやると、整理して臨みました。監督からも『みんなで戦うよ』と。私自身はいつもと同じでした。ただ、テクニカルのところに立って指示を送る、違いはそのくらいでした」

    Q:第1戦での1-1という結果をどう捉えていますか?

    「もちろん、理想はアウェイゴールを与えず、自分たちがスコアを伸ばして勝つことでしたが、そんな簡単な相手ではないことも理解しています。一生懸命やった中で、エラーが起きて失点してしまったのですが、追い付いて1-1で終えたことはポジティブに捉えています」

    Q:終了時、頭を抱える様子もあったが、できれば逆転したかったですか?また、展開としては、いい流れの中で先制されました。ハーフタイムには何を伝えましたか?

    「ハーフタイムには、まず、『パフォーマンスは問題ない』と。あとは、フィニッシュにどうつなげるか。守備では、3ラインが間延びする時間帯もあったので、そこをしっかり合わせていこうと。『ひっくり返すよ』と伝えて送り出しました。最後の時間帯は、『もう1点、取りにいくぞ』と、選手もスタッフもアプローチしていたので、悔しい気持ちもあり、そういう表現になりました」

選手コメント

  • ■アダム タガート選手
    Q:ゴールが決まった瞬間の気持ちは?

    「ファンタスティックでした(笑)(山中)亮輔はいつも素晴らしいクロスを上げてくれます。信じて裏を取れば、クロスが上がってくると信じていました。やっぱり、亮輔のクロスはいいなと思いました(笑)同点にもできたので、良かったです」

    Q:背後は常に狙っていると思いますが、オフサイドライン、ギリギリの駆け引きでしたね。

    「そうですね(笑)サッカーは、リスクを負ってでも裏に飛び出さないといけない時があります。そういうリスクを負えば、オンサイドだった時は、今日のようなゴールが生まれます。駆け引きをするのは好きなので、今日は決まって良かったです。亮輔に感謝したいです」

    Q:背後への飛び出しがタガート選手の真骨頂ですね

    「サッカーでは、裏への抜け出しは大事ですし、ストライカーとして、そういう動きをすることは大事です。そういう動きをすることで、味方にスペースを作れたりもします。DFラインと駆け引きをして、チームに貢献することは、僕の特長だと思っています」

    Q:公式戦8試合連続で、途中出場の選手がゴールをしていることについて

    「ウチのチームは、先発の11人だけではなく、選手全員が先発を張れる力があります。スタメンだろうが、ベンチスタートだろうが、どれだけチームに貢献できるかが重要視されています。スタメンから出る選手は、相手にプレスをかけて、疲れさせて、後半から出る選手は、隙を突いて点を決める。それが今の僕らのサッカーです。スタートの選手、途中から出る選手それぞれに役割があるので、みんなが与えられた役割を果たすことが大事です」

    Q:今日はゴール裏からの声援があり、何度も名前をコールされていたが、聞いた気持ちは?

    「最高ですね。声援を聞けるのは、サッカーをやっている意味の一つです。皆さんの声が聞けて良かったです。ファンの声援は12人目の選手だと思っています。一緒に戦えて良かったですし、声援でやる気も出ます。毎週、聞きたいですね」

    ■キム ジンヒョン選手
    Q:後半、相手選手のヘディングを防いだ場面が試合を大きく左右したが?

    「止めることができて良かったです。最後に同点に追い付けて、結果にもつながったので、良かったです。僕はやることをやっただけです。1点は取られたのですが、第2戦もあるので、2失点目は絶対に避けたかった。自分自身、次につなげたかったので、良かったです」

    Q:アウェイゴールを2点与えると、次の試合にも響きますからね。

    「2失点すると厳しくなると、みんな分かっていましたし、自分も防ぎたい思いでした。結果的に、1-1という結果は次につながったと思います」

    Q:今日はゴール裏から声援がありましたが、どのような思いでしたか?

    「やっぱり、全然、違いましたね。スピーカーではなく、実際の声は違いますね。タイミングもダイレクトですし。サポーターの皆さんはこの日を待っていたと思います。選手も力になりました。雰囲気も上がって良かったです」

    Q:「スーパージンヒョン」のチャントも久しぶりに聞きました。

    「難しい試合でしたが、最後まで応援してもらったことで追い付けました。感謝しています」

    ■山中亮輔選手
    Q:最高のクロスから同点になりました。

    「次につながったとは思いますが、アウェイゴールを取られているので。最低限ではないですが、最後、決まって良かったです。キックのフィーリング自体は、今日は悪くなく、いいとは思っていました。最後に一つ合って、良かったです」

    Q:あの場面は、タガート選手の動きも見えた?

    「外に膨らんでいるのは見えたし、左のCBが触れない、GKも出られないところに通って良かったです。ああいう位置はいつも狙っています」

    Q:欲を言えば、前半の押し込んだ時間帯で先制したかったですか?

    「そうですね。前半の戦い方としては、自信を持って攻めることができたし、主導権も握れて決定機も多かったので。そこを仕留めたかったですね。難しい気候の中、前線の選手がハードワークしてくれて、チャンスもたくさん作れたので、それがもう少し実れば良かったとは思います」

    Q:試合前には、アクシデントもあった中での試合になったが、影響はありましたか?

    「そうですね。小菊さんがいないことで、多少の不安もありました。今日の朝だったので、全く予期しないタイミングで試合に臨むことになったので、少なからず影響はあったと思います。小菊さんのもと、ここまで一つになって戦ってきたところはあるので、そういう監督が不在になったことは、少なからず影響はあったと思います。ただ、ミーティングでもメッセージと言う形で言葉も伝えてくれました。『迷惑をかけて申し訳ない』という言葉もありましたが、監督のせいではないですし、誰がなってもおかしくない状況です。そこはチーム全員でカバーしていこうと思っていました」

    Q:その意味では、負けたらガタガタいきかねない中、負けなかったことは大きいですね。

    「最近は負けがないので、そこは評価できると思いますし、今日みたいなイレギュラーな試合でも、負けなかったことは良かったです。次、すぐ中2日で試合があります。今日はサポーターの皆さんが素晴らしい雰囲気を作ってくれました。次もホームで戦えますし、関西ダービー、また熱い戦いになると思うので、しっかりリカバリーして臨みたいです」

    Q:声援やチャントを聞いて、気持ちは高ぶりましたか?

    「そうですね。スタジアムに熱狂が戻ってきた感じがありました。ウォーミングアップの時から、しびれる、鳥肌が立つ雰囲気でした」

    ■松田陸選手
    Q:試合前にアクシデントがあった中での試合になったが、チームとしてどのような思いでこの一戦に臨んだ?

    「試合前も、『ここまで全員で勝ち上がってきて、移籍した選手もいるし、今日はメンバー外の選手も朝から練習していた。そういう選手の想いもくみ取って、最後まで全員で勝ちにこだわって戦おう』と監督も伝えてくれましたし、選手でもそういう話をして臨みました」

    Q:1-1という結果をどう捉えますか?

    「前半は自分たちの時間が多かった中で、決め切れなかった。今のセレッソには、しっかり決められる選手もいるので、そこで決めて勝ち切りたかったですが、先制されて負けなかったことは次につながると思います。アウェイゴールも1点で抑えたので、次につながる。中2日でリーグ戦もあります。僕らはまだまだ優勝も狙っているので、しっかり勝って、そこからルヴァンカップ準々決勝第2戦に照準を合わせていきたいです」

    Q:今日はゴール裏からの声援もあったが、どのような思いで聞いていましたか?

    「2年半ぶりですよね?久しぶりにセレッソの応援を聞けて良かったですし、やっぱり力になりますね。一つ一つのプレーに対して声で反応してくれるのは、選手としてもありがたい。サッカー選手をやっていて良かった、と思う瞬間ですね」

テキスト速報

試合経過
アダム タガート 89'
84' レアンドロ ダミアン (in) 山田 新 (out)
84' ジェジエウ (in) 宮城 天 (out)
中原 輝 (in) 毎熊 晟矢 (out) 75'
舩木 翔 74'
73' 家長 昭博 (in) マルシーニョ (out)
アダム タガート (in) 上門 知樹 (out) 62'
北野 颯太 (in) 加藤 陸次樹 (out) 62'
ジェアン パトリッキ (in) 為田 大貴 (out) 62'
舩木 翔 (in) 鳥海 晃司 (out) 51'
41' 山村 和也
33' 脇坂 泰斗

シュート数

8 8
    西尾 隆矢(1), 為田 大貴(1), 上門 知樹(2), 加藤 陸次樹(1), アダム タガート(2), ジェアン パトリッキ(1)
    脇坂 泰斗 (2), 宮城 天 (1), マルシーニョ (1), 山田 新 (4)

ゴールキック

9 12

コーナーキック

6 2

直接フリーキック

9 5

間接フリーキック

2 4

オフサイド

2 4

ペナルティキック

0 0