2017明治安田生命J1リーグ 第34節

デンカビッグスワンスタジアム
入場者数:19,684人
アルビレックス新潟
  • ホニ (77')
セレッソ大阪
1-0
0-0 1-0

アルビレックス新潟

GK 1 大谷 幸輝
DF 8 小泉 慶
DF 50 富澤 清太郎
DF 4 ソン ジュフン
DF 27 堀米 悠斗
MF 6 磯村 亮太 79'
MF 13 加藤 大
MF 7 ホニ 77' 38'
MF 40 小川 佳純 61
MF 9 山崎 亮平 88
FW 32 河田 篤秀 76

サブ

GK 21 守田 達弥
DF 2 大野 和成
DF 19 矢野 貴章 76
MF 15 本間 勲 88
MF 23 酒井 宣福 61
MF 30 ロメロ フランク
FW 39 富山 貴光
監督 呂比須 ワグナー

セレッソ大阪

GK 21 キム ジンヒョン
DF 2 松田 陸 82
DF 14 丸橋 祐介
DF 15 木本 恭生 89'
DF 22 マテイ ヨニッチ
MF 6 ソウザ 90+2
MF 16 水沼 宏太 90
MF 24 山村 和也
MF 46 清武 弘嗣 45'
FW 8 柿谷 曜一朗
FW 9 杉本 健勇

サブ

GK 27 丹野 研太
DF 4 藤本 康太
DF 5 田中 裕介 90
DF 23 山下 達也
MF 20 酒本 憲幸
MF 26 秋山 大地 82
FW 19 澤上 竜二 90+2
監督 尹 晶煥
試合経過
90+2' 澤上 竜二 (in) ソウザ (out)
90' 田中 裕介 (in) 水沼 宏太 (out)
89' 木本 恭生
本間 勲 (in) 山崎 亮平 (out) 88'
82' 秋山 大地 (in) 松田 陸 (out)
磯村 亮太 79'
ホニ 77'
矢野 貴章 (in) 河田 篤秀 (out) 76'
酒井 宣福 (in) 小川 佳純 (out) 61'
45' 清武 弘嗣
ホニ 38'

シュート数

12 9
    ホニ (77')

ゴールキック

9 10

コーナーキック

8 5

直接フリーキック

10 5

間接フリーキック

2 3

オフサイド

2 3

ペナルティキック

0 0

監督コメント

  • 【ハーフタイム】
    ■攻撃の時にミスが多すぎるのでもっと大事に。
    ■セカンドボールを拾う意識をしっかりと持とう。
    ■球際を激しくいこう。
  • 【試合後】
    「今日はリーグ戦の最終戦ということで、大勢の方々に足を運んでいただいたにも関わらず負けてしまい、申し訳なく思っています。1年間頑張ってきて、今日の試合をいい形で終えたいと思って臨みました。残念ではありますが、今年1年、選手は全員、一生懸命頑張ってくれましたし、いい結果を得ることができたと思います。
     今日の試合の結果で順位が変わることはありませんでした。もちろん、選手たちは意欲を持って戦ってくれましたが、気持ちが少し先走ったというか、そんな感じでした。まずは今日、大きなケガ人を出さずに最終戦を終えたことを幸いに思います。僕らは天皇杯が残っていますので、いい休みを取って、試合に向けていい準備をしていきたいと思います」

    Q:この1敗を天皇杯にどうつなげていくか?
    「今日勝って、いい雰囲気を天皇杯に持ち続けていきたいと思っていましたが、結果は負けてしまいました。でも、1年間を通して考えれば、僕たちの選手はすごくよく頑張ってくれたと思います」

    Q:得点王を逃した杉本健勇選手について。今日のプレーぶりと、今シーズンをどう評価するか?
    「今日、杉本選手はケガを抱えながら出場しました。多少、(プレーに)影響はあったと思います。もっといいところを見せようとしたと思いますが、その影響でできなかった部分もあったと思います。でも、今年1年を通して考えれば、すごく大きな成長をしたと思います。そして、これからもより一層、成長できる選手だと思います」

    Q:杉本選手の具体的なケガの状況については?
    「詳しいことはここではお話できないので、もう1度確認してから、皆さまにお伝えできればと思います」

選手コメント

  • ■杉本健勇選手
    「『悔しい』の一言ですね。前半の立ち上がりからあまり良くなくて、いつか良くなるだろうという考えが僕自身もありましたし、みんなにもあったと思います。ただ、最初から最後まで、セレッソらしいプレーというか、いいプレーができませんでした。最後、勝ちたかったけど、結果は変えることができないので、切り替えたいと思います。リーグ戦は終わりましたけど、僕たちは天皇杯が残っているので、しっかりまたタイトルを獲れるようにやっていきたいと思います。
    Q:試合後の会見では、監督がケガについて言及 していましたが?
    「秘密です(笑)」
    Q:今日の試合中ですか?
    「いや、違います」
    Q:日本代表に合流できないほどではないですか?
    「わからないですね。明日、検査に行きます。脇腹です。代表のベルギー戦で肘が入って。この3日くらい、ちょっと良くなくて。昨年も折れたところなので。でも、今日は最後だったので、やるしかなかったし、やるからには何も言い訳はしたくなかった。いつもと変わらずプレーしました。それに、痛みがなかったとしても、この結果になっていたと思う。自分が『やる』と決めた以上、何も言い訳はしたくないです」
    Q:得点王を逃す結果になってしまったが、どう受け止めていますか?
    「 (ひと呼吸、置いて)『杉本、そんなに人生、甘くないぞ。そんな簡単に取れるものじゃないぞ』と、神様が言ってくれていると思うし、実際、そんな甘いものじゃないと自分に言い聞かせています。振り返ってみれば、ここで決めていれば、という場面もありました。でも、そんなことは変えられないし、今の自分には関係ないこと。川崎が優勝したことはすばらしいと思うし、(小林)悠くんも得点王を取ってすばらしい1年になったと思う。川崎も、ルヴァンカップ決勝で負けた悔しさをバネにしてここまでやってきたと思います。人間、もっともっと高いところに行くためには、高いレベルに行くためには、しゃがまないと高くには飛べない。今日は、かなりしゃがんでいます(笑)」
    Q:最初のチャンスで決めたかったですね?
    「そうですね。決めたかった。下が少しスリッピーだったので難しかったけど、決めることはできたので。あれで(勝負が)決まってしまった。あれを決めることができたら良かったけど…」
    Q:ずっとそう話していましたが、(得点王を)トップタイで獲るより、むしろ目標や課題を残して獲れなかったほうが良かったと思えるのでは?
    「いいんじゃないですか、俺はそう思います。ここでもし今日1点を取っていて、同得点数で並んで得点王を獲ってもうれしくないですし。今、自分のこの立場で言うと、『いやいやお前、獲ってないのに』って言われると思いますけど(苦笑)。だから、あまり言えないですけど、また目標ができました。正直、J1の得点王なんて、俺の中で程遠いところにあると思っていましたけど、今シーズン、地道に(点を)取って。でも、(得点王を)獲れなくて。また必ずチャンスは訪れると思うので、いつかまた獲りたいですね」

    ■山村和也選手
    Q:試合開始から、新潟の勢いを受けてしまったが?
    「そうですね。相手のカウンターをうまく抑えることができなかったのと、僕たちのミスで、相手にいいカウンターを出させる形を作ってしまった。そこはすごく反省が残ります。失点の形もそうですけど、自分たちのミスで相手の攻撃に移ってしまったことが多かったので、そういうところはしっかりと反省して、天皇杯の準決勝に臨みたいと思います」
    Q:勝敗に関わらず順位は確定していたという部分で、試合に臨む難しさもありましたか?
    「いや、そういうところはあまりなかったんですけど、新潟も勢いを持って来ていましたし、そういうところで僕たちもミスが多くなり、そういったところが失点だったり、チームが負けた原因だと思います」

    ■キム ジンヒョン選手
    Q:前半から攻められる場面も多くてジンヒョン選手も仕事が増えましたが、後ろから見ていても内容が良くなかったと感じる場面も多かったのでは?
    「なかなか相手のコートでうまくいかずに、取られ方が悪かったり、ミスも多かったと思います。でも、点が取れるチャンスもあったので、そこで決めていればとも思います。守備にしても、取られ方が悪くても、バランス良く後ろの4枚とボランチでしっかりブロックを作ったり、ハードワークできた部分もあるので、そこはプラスに考えたいと思います」
    Q:今日の結果は残念でしたが、1年を通して見ればいいシーズンになったのでは?
    「結果としては良かったと思いますけど、こういった最後の試合で締めるところはしっかり締めないといけない、という話もみんなでしていて、わかっている中でやり切れなかったところは僕らに宿題が残ったと思います」
    Q:明日から舞台は変わって、韓国代表に合流します。EAFF E-1サッカー選手権2017はワールドカップロシア大会に向けても大きな大会になるのでは?
    「そうですね。サッカー選手なら誰もがワールドカップに出たいですし、そういうチャンスが自分にもあることをうれしく思っています。そのチャンスを逃さないように、この大会でも、自分の力をしっかりと見せられるようなプレーをしたいと思います」

    ■清武弘嗣選手
    Q:今日の試合と今季を振り返って
    「正直、今日は難しい試合になりました。負けてしまったのはすごく悔しいですし、自分たちで自滅してしまった感じだった。天皇杯に向けて、もう1回いい準備をしないといけないと思います。1年間を振り返ると、個人的にはケガが多かったので、もうしないようにしたいと思います」
    Q:昨日、ワールドカップロシア大会の組み合わせも決まりました。何か思うところはありますか?
    「いや、特に何も思わないです。まず、自分としては来年1年間ケガをせずにプレーすることが大事ですし、セレッソとしては今年はタイトルを獲ったので、来年もしっかりタイトルを獲れるように頑張っていきたいと思います」

    ■柿谷曜一朗選手
    Q:今季はすばらしいシーズンになりましたが、最後は少し残念な結果に終わりました
    「俺らはなにがなんでも健勇に点を取らせたかったこともあるし、ここまで来てくれた人のためにも勝たなアカンかったけど、そういう経験が俺らにはなかった。誰も油断はしていなかったけど、健勇自身も、もしかしたら少し余裕があったのかもしれないし、俺らも油断したのかもしれない。ただ、やっていた選手は勝つためにやったと思います。今日の結果はどう反省しても取り返せないですけど、1年間を通してこの結果をどう受け止めるかは選手1人ひとりの問題だと思います。僕自身は、今季が始まる前から言っていますけど、『どんな結果であれ、満足せず』と。まだ天皇杯もありますし、これからセレッソが強いクラブになっていくための最初の1年になったと思います。ただ、こういうシーズンを常に過ごしていかないといけない。満足せず、まだまだやることはたくさんあるかなと思います」

試合後記

  • リーグ戦6連勝フィニッシュと得点王。どちらも逃す悔しい結果に“次”への反撃を誓う

    今季のJ1リーグ最終節。すでにJ2降格が決まっているアルビレックス新潟のホームに乗り込んだセレッソ大阪は、今節の結果に関わらず3位という順位は確定していた。それでも、リーグ戦6連勝を懸けて、さらには、ベスト4に残っている天皇杯へいい形でつなげるために、「最後まで勝利を目指して戦う」(尹晶煥監督)ことを誓い、臨んだ。先発は、前節のヴィッセル神戸戦と同じ11人。負傷の山口蛍は今節も欠場となった。ベンチは前節から1人、変更。コンディション不良の福満隆貴に代わって酒本憲幸が入った。

    試合は、1分、3分と新潟のホニに左サイドを突破されてピンチを招くなど、立ち上がりからセレッソは新潟のサイド攻撃に手を焼く場面が続く。それでも、最初の決定機はセレッソ。5分、マテイ ヨニッチのクロスを杉本健勇が胸トラップしてシュート。完ぺきにDFの裏を取ったが、前に出てきたGKの好守もあり、シュートはわずかに枠を外れた。試合後に「決めたかった」と杉本も悔やんだチャンスを逸したセレッソは、その後はピンチの連続。
    8分、ホニの突破からのクロスはマテイ ヨニッチがクリアして防ぐ。17分には山崎亮平、19分にはホニ、ともにDFに当たってコースが変わる難しい軌道のシュートが枠に飛んできたが、ここはいずれもGKキム ジンヒョンが素晴らしいセーブを見せた。

    直近のリーグ戦5試合で4勝1分という結果が示すように、復調してきた新潟。試合前、「(J2)降格が決まったチームは失うものがない。正直、そういうチームはどこよりも強い」と話していたのは清武弘嗣だが、この試合でも、新潟の勢いは止まらない。前線からの激しいプレスに、奪ったボールは素早くサイドを突く縦に速い攻撃。セレッソは序盤から守勢に回る場面が続いた。それでも何とか0-0で前半をしのぐと、後半に入り、セレッソもピッチを広く使いながら、攻勢に出る時間帯を増やして盛り返す。ただし、最後のパスやクロスが合わずにシュートまで行く回数を増やせずにいると、77分、ソウザのパスがズレたところを発端にカウンターを浴びると、ホニに抜け出され、GKとの1対1を決められた。その後は杉本が果敢にゴールを狙うも最後まで1点が遠く、リーグ戦での連勝が5で、公式戦での連勝は8でストップする敗戦を喫した。

    この試合に得点王が懸かっていた杉本も、今節、逆転優勝を果たした川崎フロンターレの小林悠がハットトリックを達成したため、試合前の時点で付けていた2点差を抜かれて得点王を逃す悔しい結果に。試合後、その杉本について問われた尹晶煥監督は、「今日、杉本選手はケガを抱えながら出場しました。多少、(プレーに)影響はあったと思います」と言及。ミックスゾーンでそのことを問われた杉本も、「代表のベルギー戦で脇腹を痛めた」ことを明かした。もっとも、帰国後はそのような素振りを見せていなかったが、異変が起きたのは試合2日前に行われた紅白戦。試合の途中で左脇腹を押さえてうずくまる姿があった。トレーナーが駆け寄り、一時はバツ印が出かけるも、杉本は紅白戦に戻り、最後までメニューをこなした。「大丈夫…なの?」。案ずる言葉が喉まで出かかった。ただし、練習後、気丈にテレビカメラの前で得点王へ向けた意気込みを語る彼の姿を見て、覚悟の大きさを感じ取り、その問いかけはグッと飲み込んだ。

    振り返れば、第7節のガンバ大阪戦での2得点から始まった得点量産への道。その後も第23節・ジュビロ磐田戦でのダイレクトボレーや、第29節・サガン鳥栖戦での2人抜きドリブルシュートなど、見るものを魅了する数々のゴールでサポーターを沸かせてきた。自身が渇望した「一番」は逃したが、今季、残した22ゴールの価値が色褪せることはない。試合後は、現実をしっかりと受け止め、真っすぐな思いを吐露。この悔しさをバネに、さらなる成長を遂げることを誓った。

    チームに話を戻すと、今節で全日程が終了したJ1リーグ戦でセレッソが残した勝点は63。首位の川崎F、2位の鹿島アントラーズとの勝点差は9の3位で終えた。アウェイでの勝率や、夏場の失速など課題も残したが、ホームでは無類の強さを誇り、これまで勝利が遠かったスタジアムでの勝点3など、数々のジンクスも破った。立派な成績だ。「今年1年、選手は全員、一生懸命頑張ってくれました。いい結果を得ることができたと思います」と尹晶煥監督も労いの言葉を残した。もっとも、今季はまだ終わっていない。しばしの休息を挟み、今季、最後の戦いである天皇杯へ。桜の戦士たちが2冠に挑む。

LATEST