2017明治安田生命J1リーグ 第31節

2017.10.29 (日) 16:03

キンチョウスタジアム

入場者数:8998人

セレッソ大阪
  • オウンゴール (31'), 柿谷 曜一朗 (55')
大宮アルディージャ
  • オウンゴール (72')
2-1
1-0 1-1

セレッソ大阪

GK 21 キム ジンヒョン
DF 2 松田 陸 77
DF 14 丸橋 祐介
DF 15 木本 恭生
DF 22 マテイ ヨニッチ
MF 6 ソウザ
MF 10 山口 蛍
MF 16 水沼 宏太
MF 46 清武 弘嗣 90+3
FW 8 柿谷 曜一朗 55'
FW 9 杉本 健勇

サブ

GK 27 丹野 研太
DF 5 田中 裕介 77
DF 23 山下 達也
MF 17 福満 隆貴 90+3
MF 24 山村 和也
MF 26 秋山 大地
FW 19 澤上 竜二
監督 尹 晶煥

大宮アルディージャ

GK 1 加藤 順大
DF 19 奥井 諒
DF 4 山越 康平
DF 2 菊地 光将
DF 25 高山 和真 82
MF 17 横谷 繁 46*
MF 37 カウエ
MF 40 茨田 陽生
MF 16 マテウス 18'
FW 7 江坂 任
FW 28 長谷川 アーリアジャスール 46*

サブ

GK 21 塩田 仁史
DF 6 河面 旺成 82
MF 23 金澤 慎
MF 47 岩上 祐三
MF 15 大山 啓輔
FW 33 マルセロ トスカーノ 46*
FW 44 瀬川 祐輔 46*
監督 伊藤 彰

監督コメント

  • 【ハーフタイム】
    ■サイドをもっと上手く使っていこう。
    ■攻撃の時のリスク管理をしっかりと。
    ■シュートは枠内にしっかり打とう。
  • 【試合後】
    「今日はすごい雨が降って、ピッチコンディションがよくなかったのですが、よくない状況にもかかわらず選手たちがいいプレーを見せてくれたと思います。ロングキック、ショートパスをよく使い分けていました。
     前半、相手が1人退場したことで、数的優位を持つことができました。勝っていて、すごく多くのチャンスをつかむこともできましたが、得点まで結びつけることができなかったのは本当に残念に思います。もう1つ残念なのは、失点したこと。選手たちの集中力が乱れてしまったのが原因だと思います。攻撃にすごく依存してしまって、そういうシーンが生まれたと思いますが、そういう部分が残念です。
     でも、試合の結果、状況を見てみれば、いい雰囲気を持ち続けることができてよかったと思います。なので、来週のルヴァンカップ決勝を、いい雰囲気で迎えることができると思います。残り1週間でいい準備をして、大勢の方々といい決勝を迎えられるようにしたいと思います。
     今日は悪天候にもかかわらず、大勢の方々に足を運んでいただき、いい試合ができて、すごくうれしく思います。また新しい歴史を刻める時間が、あと1週間に迫ってきましたが、いい姿を見せるために、いい準備をして、高い集中力を持っていけるように最善を尽くして準備します」

選手コメント

  • ■水沼宏太選手
    「今日は内容というよりも、グラウンド状態のこともあったので、球際と出足というところが前半のすべてだったと思います。相手に退場者が出たことで試合を優位に進めることができたのでよかったと思いますが、決めるべきところで決められれば、もっと楽な試合になったとは思います。ただ、相手に1点を取られても、最後まで我慢して勝ちきるということが大切。こうやって残り試合が少なくなってきて、集中力を欠いてしまう時間とか多くなってしまうかもしれないけど、しっかり勝ちきることを、僕らは今できている。それが間違いなく大事なことであり、そこを前向きに捉えて、連勝しているので、次につなげたい」
    Q:ルヴァンカップ決勝に向けても、ずっと勝ち続けることができているのはいいことでは?
    「そうです。本当に今はみんなモチベーションも高くできているし、本当にいいときの僕らに戻ってきている。細かいところでもっともっと詰めなきゃ行けないところはたくさんありますが、今のいいところをどんどん、みんなでもっとよくして、勝てる集団になれるようにやっていきたいです。本当に最後にさしかかってきているので、他のチームの結果も気になったりしますが、まずは僕らが勝ちきることが大事だし、勝ち続ければ絶対にいい1年で終われると思うので。もっともっと結果にこだわっていきたいし、今はとにかく内容よりも結果。次も勝てるようにしたいし、次はルヴァンカップ決勝なので、楽しみながら戦って、勝ちたいと思います」

    ■木本恭生選手
    「前半はグラウンドのことを考えてプレーがセーフティーになったと思いますが、後半はある程度つなげるかなと思って、できるだけつなぐことを意識してやっていました。全体を通して、うまくコントロールしてやれたかなと思います。3点目を取ることができればもっと楽になったというか、もっと自分たちのペースでやることができたとは思いますし、見ている人たちも余裕を持って見ることができたと思いますが、あそこ(失点シーンとその後の戦い)で1失点だけで抑えられたのは大きいかなと思います。もちろん、そのまま無失点でいければよかったのですが、1失点から学ぶこともあったので、次につながる試合になったと思います。公式戦をずっと勝ってルヴァンカップ決勝に臨めるので、非常にいい雰囲気で行けるかなと思います」

    ■清武弘嗣選手
    「今日はピッチ状況がちょっと難しいところがありましたが、みんなそのピッチ状況に合わせてサッカーができたと思います。シンプルにするところはシンプルにして、つなぐところはつないでいくというメリハリが、しっかりできていたかなと思います」
    Q:今日のようなピッチ状態で、昔のセレッソならつなぐことにこだわりすぎていたと思いますが?
    「そうですね。試合前からピッチ状況などの話はしています。なので、ディフェンスラインもすごくシンプルにプレーしていましたし、大宮が1人退場になってから(ボールを持つ)時間がすごくできていたことでパスをつなぐことはしましたが、そういうふうに臨機応変に対応できるというのは、今年、すごくいいんじゃないかなと思います」
    Q:ルヴァンカップ決勝に向けて
    「僕たちはすごくいい流れで行っているので、このいい流れをそのまま決勝にぶつけていきたいと思います。最後はタイトルを取りたいと強く思ったチームが絶対に勝つと思うので、その気持ちだけは負けないようにしたいと思います」

    ■柿谷曜一朗選手
    Q:試合を決めるゴールを奪ったことについて
    「相手が1人少なかったことで、チャンスはたくさんあったので。でも、チームとしても、俺も(杉本)健勇もたくさんチャンスはあったと思うから。もっと大事なところで決めていけるようにしていきたいです」
    Q:今日の天気やピッチコンディションに合わせた戦いもできていたのでは?
    「僕ら前の選手というよりは、後ろの選手が特に、あわてずにできていた。本当にそこは評価されるべきだと思う。前はもっと仕事ができればよかったのですが」
    Q:ルヴァンカップ準決勝から負けなしで、リーグ戦も勝ち続けて、次の試合・ルヴァンカップ決勝に臨めるが?
    「そういういいときもあれば、そうではないときもありますが一喜一憂せずやりたいし、次は俺らにとっては本当に特別な一戦になる。そのために、しっかり休んでしっかり準備していきたいです」

    ■丸橋祐介選手
    「ピッチコンディションが悪かったですけど、上手くセットプレーで点が取れて良かったです。
細かく繋ぐのは無理だったし、裏に蹴って走らせました。ボールが止まるところもあれば滑るところもあるので、そこは上手く行けたかなと思います」
    
Q:あのコンディションの中でセットプレーでの2点は?
    「中に強い選手が揃っているので、良いボールさえ入れば絶対に決めてくれるので、それを信じて蹴ったら決めてくれたので、良かったです」
    
Q:この1週間ルヴァンに向けて良い1週間になりますね
「勝って臨めるというのは、みんなにとってもプラスですし、しっかり良い準備をして臨みたいと思います」

    ■ソウザ選手
    Q:良い形でセットプレーで得点できましたね

    「セットプレーが機能しているということなので、良かったです。セットプレーは大事ですね」
    
Q:こういったピッチ状態だとセットプレーは重要ですよね
「いつも通りのパス回しは出来ないので、そうですね。
それでもボールを下に置いてパスを回したり、ヨウイチロウ(柿谷)ケンユウ(杉本)キヨ(清武)とかと一緒に色々崩せたと思います」
    
Q:ミドルシュートは狙っていた?

    「いつもチャレンジしています」
    
Q:ルヴァンカップに向けて良い形で準備できましたね
「自分たちは準備出来ているので、決勝でも強いセレッソを見せられると思うし、1週間あるので良い準備をしていきたいですね。
特にフロンターレはパス回しが上手いチームで連携もすごく取れているので、簡単ではないということは分かっています。
でもホーム、アウェイがないので、そこは関係ないです」

    Q:チームとして杉本選手に点を取って欲しいという優しいパスが出ていたと思いますが…

    「もちろんそうです。得点王を争っているので。
(自分が)最初に左で撃ったシュートは、彼が見えてなかったのでそのまま撃ってしまいましたが、2回目はケンユウを探してパスを出したのですけど、彼次第で調子が良ければガンガン決めてくれると思う」

    ■キム ジンヒョン選手
    Q:オウンゴールでの失点は残念でしたね

    「まぁ、失点しなくて良い試合だったので、残念な失点だったと思います」
    
Q:雨の日で気を付けたことは?

    「キャッチングがし難いですし、クリアするのも難しい。バウンドさせると一番難しいので、そういうところを集中してやっていました。
失点は前でバウンドして、ヨニッチがクリアし辛い状況になってしまった。予測はしていましたけど、無理やったので、しょうがないなと思います
」
    Q:ずっと攻撃の状況から急に相手のワンチャンスが来るという守備陣には難しい試合だった?
    
「(相手に)1回は絶対にチャンスが来ると分かっているので、そういうところで止めるのが本当に強いチームだと思います。最近、1回だけのシュートで入ったりというのが結構多いので、もうちょっと成長するためには、そういうところを止めていかないといけないと思います」

    ■山口蛍選手
    「悪い面が多く出ていたと思うので、勝った事くらいしか良いところはなかった。そこは直さないと川崎にはやられちゃうと思う」
    
Q:チームとして長短のパスをコントロールしていましたね

    「そこは良いと思うけど、結構突っ込んで取られて、ちょっとカウンターを受けたりとか、結構そういうシーンが多かったし、結構周りを見ずに行っちゃうところが多かったと思う。そこはバランスを見ないと、相手が一人少なかったから良かったと思うし、川崎だったらそのカウンターのクオリティも高いと思うから、そこはもう一回イチからやらないと、またアウェイのような結果になってしまいかねないと思う」
    
Q:勝って次の試合に臨めるのは良かった?

    「はい、それは一番良かったですね。勝って終われることが一番良いですし、流れに乗れると思う」

    ■マテイ ヨニッチ選手
    Q:不運なオウンゴールでしたね

    「不運でしたが、あれが入ってしまったせいで、最後は厳しい終わり方になったので、そこは複雑な気持ちです」

    Q:雨の中よく集中してできましたね

    「ピッチのコンディションがとても悪かったので、こんな感じになと分かっていましたじゃら、集中してやらないといけなかったです。後はシンプルにゴールから相手を遠ざけるようにしました」
    
Q:ルヴァンカップの決勝までの10月の公式戦をずっと勝ち続けてこられたのは、決勝に良い雰囲気で迎えられる?

    「今日のゲームはチーム全員に自信を付けさせるために重要な一戦でした。それを何とか勝つ事が出来て、次は来週からルヴァンカップの決勝に向けて良い準備をして勝って帰られるようにしたいと思います」

    杉本 健勇選手
    「(ゴール出来なかったことは)後悔しても時間は戻ってこないし、前に進むだけなので。チームが勝てたのが一番良かったですし、何しろみんなが俺の事を見てくれるのをすごく感じました。
そう言った面では多くチャンスを貰いましたけど、決められず非常に申し訳ない気持ちです。また次に決めたら良いだけなので、今日は反省しようと思います」
Q:得点王への気負いがあった?
「あんまりそんなのは感じてないし、あんまりそういうのを意識するタイプじゃないから。でも、ドフリーやったからなぁ…。イメージは良いイメージでしたけどね。まぁ、そういう時もあるかなと」
Q:ポジティブに考えるとチャンスを多く作ったのでルヴァンカップで晴らす?
「今日は終わったことなので切り替えて、次はルヴァンカップの決勝があるので、しっかりそこでタイトルを取れるように頑張ります!」

試合後記

  • 柿谷のゴールなど大宮を下し、リーグ戦3連勝! 10月公式戦負けなしで乗りきる

    J1第31節は、4日前に行われた第97回天皇杯準々決勝と同一カード。セレッソ大阪は、大宮アルディージャとの再戦に挑んだ。天皇杯では、主にカップ戦で活躍してきたメンバーで構成していたセレッソだが、今回の一戦では、最近のリーグ戦で名を連ねていた選手たちが先発。第30節ヴァンフォーレ甲府戦と同じ顔ぶれが並んだ。また、天皇杯でゴールを決めた福満隆貴や澤上竜二のほか、山村和也らが控えメンバーに入った。

    1週間前に続き、台風の影響で、試合直前まで風雨が強かった、キンチョウスタジアム。前半途中の一時を除き、天候こそ回復したのだが、水含みのピッチコンディションのなかで行われた試合は、序盤からお互いにボールを運びにくい状況となる。そこで、ロングボールを多用してくるカウンターを狙ってくる大宮に対して、セレッソは、「みんなそのピッチ状況に合わせてサッカーができた。シンプルにするところはシンプルにして、つなぐところはつないでいくというメリハリが、しっかりできていた」と清武弘嗣。さらに、「グラウンド状態のこともあったので、球際と出足というところが前半のすべてだった」と水沼宏太もいうように、これまでの戦いと同じく、球際の強さをしっかりと出して、相手を押し込む。そのなかで、18分には大宮のマテウスが、マテイ ヨニッチへのラフプレーで一発退場。これで数的優位となったセレッソ。31分、先制に成功する。

    試合を動かしたのは、過去の大宮戦2試合、そして、前節の甲府戦でも威力を発揮した、セレッソの今季の強み、セットプレーからだった。左サイドからソウザが蹴ったコーナーキックは、直接ゴール方向に。これが相手DFに当たって大宮ゴールに吸い込まれていった。「セットプレーで点が入ったら、優位に立てると思いますし、そういうのは1つの今のセレッソの武器」と戦前から清武も言っていたとおりに、理想的な形で、セレッソはリードを奪った。

    そこからは、桜色の戦士たちの攻撃がさらに加速。1-0で折り返した後半も、主導権を握って攻勢を展開すると、55分、貴重な追加点を獲得。その形もセットプレーだった。右サイドで、丸橋祐介が左足で蹴ったコーナーキックのボールは、大外にフリーで待っていた柿谷曜一朗にわたる。これを桜の8番を背負う男が、冷静にゴールゲット。柿谷のリーグ戦3試合ぶりとなる得点で、リードを広げた。

    ただし、その後は、「決めるべきところで決められれば、もっと楽な試合になった」と水沼もいうように、「相手が1人少なかったことで、チャンスはたくさんあった」(柿谷)なかでも、ダメ押しとなる3得点目が奪えない。杉本健勇やソウザ、柿谷らのシュートがことごとく大宮GK加藤順大の好セーブにあい、もやもやとした雰囲気にもなっていくと、72分、一瞬の隙から失点。オウンゴールにより1点差に詰め寄られた。そこから、J1残留のために勝ちに来た大宮の反撃に手こずるところもあったセレッソだが、77分に田中裕介を入れて立て直しを図り、アディショナルタイムには福満も投入。シュート20本で2ゴールのみと、決定力には課題を残したが、しっかりと難敵・大宮に勝ちきり、リーグ戦3連勝。順位も3位に浮上した。これが2017年最後となったキンチョウスタジアムでの試合は今季15勝1敗。桜の聖地で圧倒的な強さを発揮することができた。

    悔しい1失点があったとはいえ、「相手に1点を取られても、最後まで我慢して勝ちきるということが大切」と水沼もいうように、この終盤戦において、結果を出せたことに価値がある。そして、次週はいよいよ、悲願のタイトル獲得がかかる、JリーグYBCルヴァンカップ決勝。そこに至るまで、同準決勝のガンバ大阪戦から10月は5勝1分け負けなしで来ることもできた。「また新しい歴史を刻める時間が、あと1週間に迫ってきたが、いい姿を見せるために、いい準備をして、高い集中力を持っていけるように最善を尽くして準備します」と尹晶煥監督。桜色の戦士たちは一丸となって、「俺らにとっては本当に特別な一戦」(柿谷)へと向かっていく。

シュート数

20 5
    松田 陸(2), マテイ ヨニッチ(1), ソウザ(5), 水沼 宏太(1), 清武 弘嗣(2), 柿谷 曜一朗(3), 杉本 健勇(6)
    奥井 諒 (1), 横谷 繁 (1), カウエ (1), マルセロ トスカーノ (1), 瀬川 祐輔 (1)

ゴールキック

8 8

コーナーキック

7 3

直接フリーキック

10 6

間接フリーキック

1 5

オフサイド

1 5

ペナルティキック

0 0