2017明治安田生命J1リーグ 第30節

2017.10.21 (土) 14:03

キンチョウスタジアム

入場者数:9438人

セレッソ大阪
  • 杉本 健勇 (5'), 杉本 健勇 (52')
ヴァンフォーレ甲府
2-0
1-0 1-0

セレッソ大阪

GK 21 キム ジンヒョン
DF 2 松田 陸 83
DF 14 丸橋 祐介
DF 15 木本 恭生 25' 90+1
DF 22 マテイ ヨニッチ
MF 6 ソウザ
MF 10 山口 蛍
MF 16 水沼 宏太 75'
MF 46 清武 弘嗣 90+3
FW 8 柿谷 曜一朗
FW 9 杉本 健勇 5' 52'

サブ

GK 27 丹野 研太
DF 5 田中 裕介 83
DF 23 山下 達也 90+1
MF 17 福満 隆貴
MF 26 秋山 大地 90+3
FW 11 リカルド サントス
FW 19 澤上 竜二
監督 尹 晶煥

ヴァンフォーレ甲府

GK 1 河田 晃兵
DF 5 新里 亮
DF 2 島川 俊郎 83
DF 6 エデル リマ 51'
MF 22 小出 悠太 55
MF 40 小椋 祥平
MF 8 新井 涼平
MF 27 阿部 翔平 77
MF 35 高野 遼
FW 39 リンス
FW 10 ドゥドゥ

サブ

GK 23 岡 大生
DF 3 畑尾 大翔
DF 4 山本 英臣
MF 15 兵働 昭弘
MF 16 松橋 優 55
MF 20 黒木 聖仁 83
FW 14 田中 佑昌 77
監督 吉田 達磨

監督コメント

  • 【ハーフタイム】
    ■もっと早く判断してボールを動かそう。
    ■守備をするときはバラバラにならないように。
    ■攻守の切り替えを早くしよう。
  • 【試合後】
    「こういう悪天候の中でも、大勢の方々がスタジアムに足を運んでくださりました。そういう方々に勝利で応えることができて、本当にうれしく思います。
     僕らは十何試合かぶり(※第14節アルビレックス新潟戦以来16試合ぶり)に無失点で勝利することができました。本当によくない天気にもかかわらず、選手たちはすごく高い集中力を持って、よく頑張ってくれたと思います。
     前半の早い時間帯で先制点を入れることができて、優位な試合運びができました。僕らは攻められてしまう時間帯もありましたが、選手たちはしっかり耐えてくれましたし、そういう意識を全選手が持ってくれて、こういう結果につながったと思います。そして、後半いい時間帯で追加点を入れることもできました。もちろん、それ以外にもすごく多くのチャンスがあり、それを決め切ることができていれば、もっとよかったと思います。それをしっかり決め切ることができなかったのはすごく残念に思いますが、ここ最近の試合を見てみたらとてもよい試合運びをしていると思います。シーズンが終わるまで、今の雰囲気と今のいい試合の運び方をしっかり続けていくことができれば、すごくいい今季の終わり方ができると思います」

    Q:第27節・ベガルタ仙台戦、第28節・川崎フロンターレ戦と、攻守のバランスが崩れて、大量失点をしてしまいました。そこから、前節・サガン鳥栖戦そして今節と、全体の守備が非常によくなっていると思われます。チームとしての守備を、監督はどう評価していますか?
    「全体的にすごく安定して守れていると見ています。まずはヤス(木本恭生)がセンターバックのポジションに入っていて、もちろん山下(達也)もすごくいい選手ですが、今はヤスがより安定していると思います。守備がしっかり安定したことで、攻撃によりスムーズに出ていると思います。清武(弘嗣)が戻ってきたことで、バランスもよく合ってきている、そういう部分も見えています。
     そして、僕らがよかった時のソウザと(山口)蛍のバランスが今また戻ってきて、全体のバランスもよくなっているような気がします」

    Q:試合終盤にケガで交代した木本選手について、現在の状態はいかがですか?
    「一瞬の痛みだったと思います。頭に少し衝撃があったようですが、今は全然平気で、笑ったりもしていますし、特に異常はないと思います」

選手コメント

  • ■杉本健勇選手
    Q:試合前のコメント通り、最初のチャンスでバシッとゴールを決めて、それで試合展開を優位に運ぶことができました
    「でしょ!まあ、それはたまたまですが。雨もすごかったし、(水が溜まるような)ピッチ状態もあって、何が起こるかわからない状況だったので、より先制点は大事だと思っていました。集中してやることができたと思います」
    Q:ゴールシーンについて
    「(柿谷)曜一朗くんが打つと思ったのですが、パスを出してくれたので思い切りいこうという感じでした」
    Q:2点目となったPKについては、「蹴らせてくれ!」と要求したのか?
    「『くれ!』と言いました。でも、曜一朗くんも蹴りたがっていたので、じゃんけんで決めました」
    Q:何を出したの?
    「それ、気になるの?(笑)パーを出しましたよ。それはともかく、キッカーは特に決まっていなくて、基本的に俺がPKを取れば自分で蹴るし、曜一朗くんが取れば曜一朗くんが蹴るけど、そういう形なので、試合前から特に誰が蹴るとかはなくて」
    Q:得点王を狙う選手だから譲るとかではなく?
    「それは、曜一朗くんも蹴りたいだろうし、それは俺も気持ちは一緒ですし、別に普通のことです。(PKは)雨で下がすごくスリッピーだし、ボールが浮かないというのもあって、ゴロ(グラウンダー)で蹴ることを意識しました。コースはそんなによくなかったですけど、その分、浮かなかったので…」
    Q:前節・鳥栖戦、今節・甲府戦と、杉本選手を含め、みんながしっかり守備をできているからこそ、この結果を導くことができているのでは?
    「みんなハードワークしていましたし、球際の部分で絶対に負けんどこうということはあった。鳥栖戦に続いてそういうところは見せられたと思う。それがすべてではないですが、そういうのも今、結果につながっていると思います」
    Q:攻撃の選手としても、無失点勝利はうれしいですか?
    「うれしいですね。勝っていたとき、結構無失点が多かったし、後ろがしっかり守って、前がしっかり点を取ることができていた。今、それがまたできつつあります。今日の試合も甲府はJ1残留がかかっていましたし、(自分たちの)順位のところも気になる部分ではありましたが、そういうのも含めて、今日の勝ちはでかいなと思います」

    ■柿谷曜一朗選手
    「キヨ(清武)が入ってサッカーが変わったので、みんなだいぶボールを触れるようになったと思う。キヨだけでここまで変わるということは思っていなかったので、もっと連動して出来るところはあったと思うけど、まだ試合もあるから、良い試合が続けられると思います」
    Q:後半22分の惜しいシュートに関しては?
    「覚えてないです(笑)キヨがいるだけで本当にチャンスが増えますし、良いボールが出てくる分、シュートチャンスが増えるのは事実ですけど、たくさん決めきらないといけないシーンが増えるので、やり甲斐がやっと出てきたかなと思っています」
    Q:PKは?
    「じゃんけんです(笑)」

    ■木本恭生選手
    Q:最後は×が出ていましたが大丈夫ですか?
    「自分は『出来る』と言ってました。頭は打ったのですけど、大丈夫だったのですけど、チームの人が『交代』と言っていたので、受け入れるしかなかったです」
    Q:次節以降も大丈夫?
    「自分は全然大丈夫です。脳しんとうではないです。前半ちょっと自分の裏への対応のミスがあってイエローカードを貰ってしまったので、ああいうところがしっかり対応できれば、もっと安定した守備が出来たのですけど、結果的にゼロで終われたので、十数試合も失点していたので、それは1つチームとして自信になるかなと思います」
    Q:失点が続いていたのは意識していた?
    「チームとしては分かりませんが、個人的にはものすごく意識していました。本当に無失点にはこだわりたいとずっと思ってやっていたのですけど、結果的にずっと失点が続いてしまっていたので、良い形で守備が出来ていた時も前節のようにPKで失点していて、今日も危ない場面もあったのですけど無失点というのは良かったと思います」
    Q:鳥栖戦も同様、強力な外国籍選手とマッチアップしたのはどう?
    「日本人とは違うスピードだったり間合いだったり、足の出方というのもすごく経験したので、これをしっかり、次に試合に出る事があって生かして行ければ自分も成長できると思いますし、もっとチームに貢献できると思います」
    Q:ピッチコンディションが悪く、セットプレーも多かったけど集中していましたね
    「周りの人にバックパスだけは気を付けろと言われていましたし、結果的にセットプレー2本という形で勝てたし、セットプレーは自分たちの強みでもあると思うので、こういう勝ち方も上位に行くためには大切なのかなと思います」

    ■清武弘嗣選手
    「早い時間にケンユウ(杉本)が決めてくれたので、自分たちは落ち着いてプレーすることが出来ました。前半の途中で押し込まれたので、そこは反省すべき点なので、もう一度ビデオを見て修正していきたいと思います」
    Q:甲府に対しては変なボールロストをするとピンチになるが、余りそういうシーンがなかった?
    「そういう意味では先日の紅白戦で悪いシーンが何回かあったので、そこはみんな意識していたと思います。そういう意味で今日は変なロストもなくて、自分たちのやりたいことが出来た試合だったんじゃないかなと思います。(個人的に)2試合通してだいぶコンディションが上がってきていると思うので、これからだなと思いますし、試合はこれからも続くので、リーグ戦ではACLの順位もありますし、それを目指してやって行きたいです。水曜日は天皇杯もあるので、またしっかり切り替えて頑張ります」
    Q:リーグ戦でホームで復帰に関しては?
    「余り意識はしてなかったですけど、またここに帰って来れたのはすごく嬉しいですし、またこれから支えてくれた方のために頑張りたいなと思います」

    ■キム ジンヒョン選手
    「全然満足出来ないです。16試合目でやっと無失点ということは、自分の責任だと思います。何していたんだろうという位の気持ちしかないです。前の選手が前からずっとプレッシャーを掛けてくれていたし、気を抜かずにずっと集中したプレーを見せてくれたので、そのプレーが無失点に繋がったのかなと思います。相手は引いて守って、前の外国籍選手二人でカウンター狙いというのは分かっていたので、そこだけは絶対にやらせないと、みんなで話をしていました。そこだけ相手にやらせなかったから、そんなに相手のチャンスも来なかったと思います。前半も相手はセットプレーも多かったと思いますが、そこでやられなかったのが今日の勝ちに繋がったと思います。逆にセットプレーで決めたのが良かったと思います」
    Q:3点目がなかなか取れない中でのスーパーセーブが効いたのでは?
    「いやぁ、あれはスーパーセーブかどうか分かりませんね。そういうところを止めて上げないと厳しい状況になるのは分かっていましたので。今まで16試合ずっと無失点に出来なかったことが、そういうところがなかったからで、自分の責任だと思います。自分が全部責任を持たないといけないところだったので、今日は失点なく終えられて良かったです。こういう試合はイージーなミスで結果が違ってくると思います。失点だけさせなければ絶対に点を取ってくれると分かっていた。イージーなミスで失点をしないことだけを考えてプレーしていました。それが外から見たら安定したプレーに見えたかも知れませんが、自分自身ではもうちょっとしっかりやって行きたいなと思います」

    ■ソウザ選手
    Q; いい形で先制後、相手にボールを握られる時間帯もありましたが、我慢強く戦えていたのでは。
「そうです。今日も厳しい試合でした。試合中ずっと雨が降っていたこともあり、グラウンド(ピッチ)も重かったですし、耐える時間も、もちろんありました」
Q; それでも、今日の試合では、戦前にも気をつけたいと言っていた、変なボールロスト(失い方)が、そこまでなかったように見えました。
「そこは監督にもよく言われていたことなので。相手のブラジル人2トップはすごい強力なので、ミスを少なくするようにということは言われていました。そこは集中して、ミスを起こさないようにしました」

    ■丸橋祐介選手
    「久しぶりに無失点で終われたことがうれしいですし、みんながハードワークできていたので。これを続けてやっていきたいと思います」
Q; いい形で先制したあと、相手にボールを握られる(支配される)こともありましたが、そのあたりはある程度想定していましたか。
「そうですね。握られても、焦らず、コンパクトにできていたと思いますし、(ボールを)取ってからも、ミスせず、しっかりつなげていたと思うので。そういった意味でも、想定内でできていたと思います」
Q; 雨が降り続き、ピッチコンディションがどんどんよくないようになっていったなかでも、変なボールロスト(失い方)がそこまでなかったように見えました。
「攻撃でも焦れずにしっかりつないで、シュートで終われたと思います。守備でも危ない場面では簡単に(外にボールを出すなどプレーを)切ってということを徹底してできていたと思うので、そこがよかったと思います」
Q; チームみんなで、酒本憲幸選手、リカルド サントス選手のお子さんが誕生したお祝いに、ゆりかごダンスをできたのもよかったですよね。
「そうですね! ゆりかごができたのもよかったし、何より勝てたことがよかったです。続けてやっていきたいです」

    ■マテイ ヨニッチ選手
    「昨日からずっと雨で、ピッチコンディションは良くなくスリッピーでしたが、幸いな事に前節の鳥栖戦も同じような状態で試合をやったので、慣れている部分はあったと思います。
試合前から守備はシンプルにやろうという話をしていたので、そういうところも上手く行ったと思います」
Q:今日のドゥドゥやリンスという手強い相手に対してどう対処した?
    「彼らはすごく良い選手でドリブルやコンビネーションなど、すごくスピードのある選手たちだったので、試合前からしっかり彼らの分析をしていたので、今日は上手く対応出来たと思います。
すごくシンプルにやるということと、彼らのマークに行く時に必ずもう一人カバーに入るということをヤス(木本)とやっていました」
Q:4ヵ月振りの完封でしたが、ホッとした?
    「全てが徐々に良くなってきています。ルヴァンカップで決勝進出を決めてから、リーグで2連勝し、今日は無失点で終えられたので、文句なしです」
Q:PKも獲得しましたね
「そうですね!ハーフタイムにもう1点必要だと言っていました。1-0は危険なスコアで、ちょっとしたミスや集中の欠如で簡単に失点するので、もう1点取ろうとみんなで話をしていましたので」

試合後記

  • 杉本が2得点! ハードワークを続け、16試合ぶりに無失点勝利!

    約1カ月ぶりのキンチョウスタジアムでの一戦となった、10月21日のJ1第30節。5位のセレッソは、15位のヴァンフォーレ甲府を迎え撃った。前節、サガン鳥栖にアウェイで勝利し、リーグ戦の連敗を3でストップしたなか、今節のスターティングメンバーも、鳥栖戦から変更はなし。センターバックの一角に木本恭生が入り、清武弘嗣がリーグ戦ホームゲームでは第15節清水エスパルス戦以来の登場。柿谷曜一朗と杉本健勇が前線に並ぶ形で、この試合に臨んだ。

    週末にかけて大型の台風が接近してきていることもあり、雨が降りしきるなか、ピッチ状況を含めて、厳しいコンディションとなった、この試合。しかも、相手は、過去のホームゲームでは5分け4敗と、苦手にしている甲府。これまでは攻めにいったところを、逆にカウンターで失点を重ね、苦杯をなめることが多かっただけに、その教訓をいかした戦いが求められた。そのなかで、チームはいきなり結果を出す。開始5分で得たコーナーキック、丸橋祐介の蹴ったボールのこぼれ球をペナルティーエリア内で柿谷が拾うと、すぐに杉本へパス。これを桜の9番が冷静に右足で甲府ゴールへと蹴り込んだ。

    「ピッチ状態もあって、何が起こるかわからない状況だったので、より先制点は大事だと思っていました。集中してやることができた」と杉本。そのチームトップスコアラーとともに、メンバーが、ゴール後には、ベンチの前で、『ゆりかごダンス』のパフォーマンス。酒本憲幸の第3子(19日)、リカルド サントスの第2子(21日)の誕生を祝福した。

    「早い時間に健勇が決めてくれたので、それで自分たちは落ち着いてプレーすることができていた」と清武もいうように、試合を進めるうえで、重要な先制点を得たセレッソ。ただし、J1残留のために負けられない甲府も、ドゥドゥ、リンスのブラジル人2トップを軸に、反撃を繰り出してきたこともあり、「前半の途中で押し込まれた」(清武)。

    それでも、相手のカウンターにも、すぐに守備へと切り替えて、人数をかけて対応するセレッソ守備陣。際どいシュートを浴びることもあったが、なんとかしのいで、得点を許さない。チーム状態がよくないときには、ミスからピンチを招くシーンも少なくなかったが、この日のセレッソイレブンは「集中して、ミスを起こさないようにした」とソウザもいうように、全体がハードワークを怠らずにプレー。その頑張りもあり、甲府の反撃にも粘り強く対応し、前半を1点リードで折り返すと、後半早々、貴重な追加点を得る。

    そのきっかけとなったのは、またも、今季のセレッソの武器であるセットプレーからだった。コーナーキックにて、ゴール前でマテイ ヨニッチが、相手DFに倒されてPKを得る。このキッカーとなったのは、杉本。「雨で下がすごくスリッピーだし、ボールが浮かないというのもあって、ゴロ(グラウンダー)で蹴ることを意識した」なか、甲府GK河田晃兵にシュートコースこそ読まれたものの、鋭い弾道のボールはその手が届くよりも先にゴールネットへと突き刺さった。杉本の今季19得点目で、セレッソはリードを広げることに成功した。

    そこからは、「それ以外にもすごく多くのチャンスがあり、それを決め切ることができていれば、もっとよかった」と尹晶煥監督も振り返るように、好機が訪れるも決めきれない反省も残った。それでも、72分にやってきたピンチで、守護神のキム ジンヒョンがスーパーセーブで阻止するなど、守備の集中は最後まで途切れず。終盤には、田中裕介、山下達也、秋山大地を送り込み、きっちりと試合を締めくくったセレッソは、このまま2-0として、実に16試合ぶりとなる無失点での白星で、7月以来の連勝を達成。順位も3位横浜F・マリノスと勝点差1の4位に上げることができた。

    「勝っていたとき、結構無失点が多かったし、後ろがしっかり守って、前がしっかり点を取ることができていた。今、それがまたできつつある」と殊勲の杉本もコメントするように、今季の必勝パターンを再び確立できつつあるのは、チーム状態のよさを象徴するもの。それでも、「リーグ戦ではまだACL出場圏内(3位以内)に入るチャンスがありますし、それを目指してやっていきたいし、次の水曜日には天皇杯(準々決勝、10/25・vs大宮・金鳥スタ)もあるので、またしっかり切り替えて頑張ります!」と、気を引き締めたのは清武。今季の終盤戦も、桜色の戦士たちは高みだけを見つめて進んでいく。

シュート数

11 9
    松田 陸(2), ソウザ(2), 水沼 宏太(1), 柿谷 曜一朗(3), 杉本 健勇(3)
    エデル リマ (1), 阿部 翔平 (1), 高野 遼 (1), リンス (2), ドゥドゥ (4)

ゴールキック

10 10

コーナーキック

3 10

直接フリーキック

13 11

間接フリーキック

3 3

オフサイド

3 3

ペナルティキック

1 0