明治安田生命J2リーグ 第18節

2015.6.14 (日) 13:00

ケーズデンキスタジアム水戸

入場者数:8,391人人

水戸ホーリーホック
  • 田向(81')
セレッソ大阪
  • 玉田(55')
1-1
0-0 1-1

水戸ホーリーホック

GK 1 本間 幸司
DF 2 田向 泰輝
DF 24 細川 淳矢
DF 17 新里 亮
DF 3 田中 雄大
MF 10 船谷 圭祐 92
MF 22 内田 航平
MF 8 岩尾 憲
MF 39 馬場 賢治
FW 34 吉田 眞紀人 86
FW 7 鈴木 雄斗 62

サブ

GK 21 笠原 昂史
DF 13 麦倉 捺木
DF 20 今瀬 淳也
MF 9 小谷野 顕治 92
MF 18 白井 永地
FW 14 宮市 剛 86
FW 19 山村 佑樹 62
監督 西ヶ谷 隆之

セレッソ大阪

GK 27 丹野 研太
DF 3 染谷 悠太 58
DF 17 酒本 憲幸 83
DF 23 山下 達也
DF 33 茂庭 照幸
MF 2 扇原 貴宏
MF 5 長谷川 アーリアジャスール
MF 7 パブロ
MF 11 楠神 順平 68
MF 14 丸橋 祐介
FW 20 玉田 圭司

サブ

GK 1 武田 博行
DF 30 椋原 健太 83
DF 37 池田 樹雷人
MF 15 吉野 峻光 58
MF 34 阪本 将基
MF 35 沖野 将基
FW 19 田代 有三 68
監督 パウロ アウトゥオリ

監督コメント

  • 【ハーフタイム】
    ・中央突破とサイド攻撃のバランスに気をつけること
    ・攻撃はシュートまたはクロスで終わること
    ・相手のカウンターに気をつけよう
  • 【試合後】
    ゲーム内容については、我々が先制した後に、下がり過ぎてしまったこと。ここが修正点として、今後考えていかないといけない。リードした後に2点目を取りに行くためにも、相手コートでもっとボールをつながないといけない。それができなかったことで、相手の守備陣としては、やり易い試合展開となり、相手の勢いが出てしまった。

    (直近の試合は、試合終盤に相手より早く足が止まってしまうように見受けられるが?)体力的な問題ということも関係あるが、私がより修正しないといけないと思うのは、リードした後に相手コートでボールをつなぐこと。それがチームとしてできなければ、ボールを奪っても、すぐ奪われてしまい、守り一辺倒になってしまう。その負担が重なると、体力の消耗につながる。我々が同点に追いつかれてからは相手コートにボールを運ぶ回数も増えたが、リードしている段階でやっていかないといけない。

    (フォルラン選手とカカウ選手が抜けた攻撃陣の評価は?)今日の、この段階で評価をするのは早すぎると思う。彼らにも、もっと時間を与えないと、正しい評価はできない。2人が抜けてから2試合目になるが、フォルランやカカウとはまったく特長も異なる選手も入っているので、その中で機能させていくには、時間が必要な部分もある。

    (水戸は、監督交代後、初戦だったが、そういう相手に対して最も警戒した部分は?)当然、対戦相手に対しては敬意を表したいし、今後の活躍を祈っているが、今日の試合に臨むにあたって、我々が一番大事にしたかったことは、自分たちがしっかりとサッカーをすること。相手の監督が代わったことについて、特別何かを警戒する、意識する、ということはなかった。

選手コメント

試合後記

シュート数

14 10
  • 田向 泰輝(1)
  • 田中 雄大(1)
  • 船谷 圭祐(3)
  • 馬場 賢治(3)
  • 吉田 眞紀人(3)
  • 鈴木 雄斗(1)
  • 小谷野 顕治(1)
  • 山村 佑樹(1)
  • 染谷 悠太(1)
  • 長谷川 アーリアジャスール(1)
  • パブロ(2)
  • 丸橋 祐介(2)
  • 玉田 圭司(3)
  • 椋原 健太(1)

ゴールキック

7 12

コーナーキック

3 4

直接フリーキック

10 13

間接フリーキック

5 7

オフサイド

4 7

ペナルティキック

0 1