【Match Review 柏戦】鉄壁の守備と効果的な3得点。西川潤にプロ初ゴールも生まれ、快勝を収める


■試合データ(選手・監督コメント/写真/スタッツ)
https://www.cerezo.jp/matches/2020-08-15/

JリーグYBCルヴァンカップ第3節・ベガルタ仙台戦から中2日。セレッソ大阪は再びアウェイにて、柏レイソルとのJ1第10節に臨んだ。先発は前節のFC東京戦と同じ11人。ベンチには、仙台戦で1得点1アシストと活躍した柿谷曜一朗に、ケガから戻った西川潤、鈴木孝司らが入った。
立ち上がり、良い入りを見せたセレッソは5分、先制に成功する。松田陸のフィードをブルーノ メンデスが収め、左サイドの清武弘嗣へ展開。清武がDFを引き付けてリターンパスを送ると、ブルーノ メンデスが見事、ワントラップからゴールネットを揺らした。

その後は柏にボールを持たれ、守勢に回る時間も増えたセレッソだが、マテイ ヨニッチと瀬古歩夢を中心に中を堅く締め、何度もクロスを跳ね返す。遠目からのシュートはキム ジンヒョンがセーブし、付け入る隙を与えない。31分、右サイドからのクロスをオルンガに落とされ、仲間隼斗に浴びたシュートは決定的な形だったが、キム ジンヒョンが右手を伸ばして、ビッグセーブ。ゴールは割らせない。

後半も早い時間帯にセレッソがスコアを動かす。55分、ファーサイドへ巻いた清武の鋭いFKが柏のオウンゴールを誘い、リードを広げた。前半と同様、その後は柏にボールを持たれ、シュートも立て続けに浴びたが、決定的と呼べるシーンはなし。守備陣が慌てず対応すると、87分、途中出場の2人が得点に絡む。柏のパスを藤田直之がカット、すかさず柿谷がドリブルで運び、DFを引き付けて裏へ絶妙なパスを送ると、スペースへ走り込んだ西川がGKの動きをよく見て、ループシュートを決めた。西川にとって記念すべきプロ初となるゴールでセレッソが試合を決定付けた。



その直後、瀬古のバックパスを受けたキム ジンヒョンのキックミスからオルンガにゴールこそ許したが、セレッソが3-1で勝利。直近のリーグ戦ではともに5試合負けなしと好調なチーム同士の対決となった今節だったが、鉄壁の守備と効果的な3得点で柏に快勝したセレッソが暫定で2位に浮上。次節、首位・川崎フロンターレに挑む。

2020明治安田生命J1リーグ 第10節 柏レイソル 3 - 1 2020明治安田生命J1リーグ 第10節