イベントレポート(6/26)「いきいきわくわく! ウォーキングフットボールで健康増進プロジェクト@ヨドコウ桜スタジアム」体験会

6/26(日)今年度より大阪府、大阪成蹊大学と協働でスタートさせた「アクティブエイジング(活発な高齢化)社会」づくりを応援する「いきいきわくわく! ウォーキングフットボールで健康増進プロジェクト」体験会を「ヨドコウ桜スタジアム」で実施し約40名の方にご参加いただきました。

今回は、ヨドコウ桜スタジアムでの体験会実施ということで、スタジアムのピッチでプレーしていただきました。試合前ということもありスタンドにお客さまも入場されていたので、最高の雰囲気で楽しむことができました。



事前申込みということもあり、今回はチームメンバーを固定して行いました。試合をするごとにチームワークが生まれ、だんだんと雰囲気が良くなっていきました。






試合を通して、大人の方から小さいお子さんまで幅広い交流が見られました。ウォーキングフットボールは熱くなりつつも、どの年代でも協力し合い、楽しんで簡単にプレーできるということを改めて感じることができました。「ピッチでプレーできるなんて、プロサッカー選手になった気分です」とおっしゃっていた方もおられました。
一方で、ピッチでプレーしたことにより、「興奮してついつい走ってしまいそうになりました(笑)」という方もおられました。いつもとは違った雰囲気で少し特別感も味わいながら、プロサッカー選手になったような気分でプレーしていただくことができました。




(大阪成蹊大学学生によるレポート)

■大阪府×セレッソ大阪×大阪成蹊大学 アクティブエイジング推進企画 「いきいきわくわく! ウォーキングフットボールで健康増進プロジェクト」の詳細
https://www.cerezo.jp/news/2022-04-21-14-00/



HOMETOWN REPORT