【4/13 鹿島戦】Match Review

≪北野颯太にゴールが生まれるも、3失点で敗戦。グループステージ突破は次節の大阪ダービーへ持ち越し≫


■試合データ(選手・監督コメント/スタッツ)
https://www.cerezo.jp/matches/2022-04-13/


明治安田生命J1リーグ第8節・ヴィッセル神戸戦から中2日、ホームに鹿島アントラーズを迎え、JリーグYBCルヴァンカップグループステージ第4節に挑んだセレッソ大阪。先発は、神戸戦から総入れ替え。ジェアン パトリッキが加入後初先発、丸橋祐介が公式戦7試合ぶりの出場を果たすと、ベンチには、今季初めてダン バン ラム、山下達也、アダム タガートが入った。


4分、この試合は[4-4-2]の右サイドハーフで先発した北野颯太がファーストシュートを放つと、11分にブルーノ メンデス、13分には上門知樹、21分には左サイドを突破したジェアン パトリッキと、前線4人が立て続けにフィニッシュに持っていく。主導権を握りながら試合に入ったセレッソだったが、思わぬ形で失点する。30分、鹿島のロングボールに対し、舩木翔がバウンドの処理を誤ると、ボールを収めて加速した上田綺世に対し、カバーに入った進藤亮佑が思わずファウル。PKを与えると、アルトゥール カイキに決められ鹿島に先制を許した。それでも気落ちすることなく反撃するセレッソは、35分、カウンターから抜け出したジェアン パトリッキが決定機に近い形を作ると、45分には北野が上門とのワンツーからドリブルで運び、思い切り良くシュート。悪くない前半だったが、1点ビハインドで折り返した。


後半も両チーム通じて最初のシュートは北野。ただし、53分、鹿島に2点目を奪われた。1失点目と同様、起点は鹿島のロングボール。中盤で岡澤昂星がアルトゥール カイキに競り負けると、アルトゥール カイキのパスから上田に背後を取られ、ネットを揺らされた。前半は攻守に好プレーを見せていた岡澤だが、この場面では鹿島の強度にやられた格好となった。反撃に出るしかないセレッソは、63分、清武弘嗣と新井晴樹がピッチへ入る。73分にはジェアン パトリッキに代わって奥埜博亮も投入され、システムを[4-2-3-1]へ変更すると、74分に1点を返す。清武、奥埜、鈴木、上門とワンタッチでパスをつないで中央を崩し、最後は上門のヒールパスを受けた北野がダイレクトでシュートを決めた。鹿島とのアウェイ戦でプロ初ゴールを決めた北野だが、ホームでも鹿島から得点を奪ってみせた。


ここからセレッソが押し込む展開に。77分、新井がカットインからシュートを放つと、79分には、清武のパスを受けた新井に絶好のチャンス。ここはシュートではなく、中への折り返しを選択したが、中央で待っていたアダム タガートに届く前にクリアされ、同点とはならなかった。すると、87分、CKから鹿島に3点目を決められ、万事休す。後半アディショナルタイムには毎熊晟矢に決定機も、ヘディングは惜しくもクロスバーを越えた。シュート数は13対13で五分、チャンスの数もほぼ互角だったが、鹿島の試合巧者ぶりに屈したセレッソ。グループステージ突破は次節の大阪ダービーで決める。


2022Jリーグ YBC ルヴァンカップ 第4節 鹿島アントラーズ 1 - 3 2022Jリーグ YBC ルヴァンカップ 第4節