ホームタウンレポート|大阪市・堺市共催「里親制度普及イベント」でフラッシュモブを実施!

10月が「里親月間」にあたることから、10月23日(日)開催の2016明治安田生命J2リーグ・モンテディオ山形戦では、大阪市、堺市共催で「里親制度」の普及促進のための様々なイベントが実施されました。


イベント広場では、里親制度パネルの展示ブースでは、バルーンアートも実施され、ロビーもお手伝いしました。



堺市からは、百舌鳥・古市古墳群を応援するキャラクター「ハニワ課長」もお手伝いに来られていました。


また、キックオフ前にはキンチョウスタジアム前で、両市職員やダンススタジオのメンバーら約50人が参加した街頭パフォーマンス「フラッシュモブ」で啓発活動が行われ、多くの方の注目を集めていました。マダム・ロビーナもダンスに参加しました!




今後も、セレッソ大阪では大阪市、堺市で実施する「里親制度」の普及促進のため啓発活動等に協力してまいります。

当日の様子(動画)は、「子ども家庭支援センター清心寮 リーフ」のfacebookに掲載されておりますので、ぜひ、ご覧ください。
https://www.facebook.com/leaf.ssr/