レディースDayで女性が楽しめる企画盛りだくさん!黄皓さんも来場した9/10(土)鳥栖戦ホームゲームイベントレポート

9/10(土)に行われた鳥栖戦のホームゲームイベントの様子をお伝えします。

この試合は「KOIZUMIサポーティングマッチ」として実施されました。
場外KOIZUMIブースではInstagram(インスタグラム)キャンペーンが行われ、先着1,000名様にオリジナルハンドタオルがプレゼントされました。コイズミサポーティングマッチを盛り上げるアツい画像と「#コイズミサポーティングマッチ」、「#勝利のあかりをともせ」をつけて投稿ということもあり、たくさんの方々が参加!プレゼントのオリジナルタオルには、選手のかわいいイラストが描かれており、キャンペーンは大盛況となりました!


KOIZUMIサポーティングマッチ企画の一つとして、SAKURA SOCIO会員限定の選手写真撮影会も開催。今回は、喜田陽選手と丸橋祐介選手が参加し40組80名の皆様と写真撮影!参加いただいた皆様も、2選手にも素敵な笑顔が溢れていました。


また、この試合はレディースDayとし、女性が楽しめるコンテンツを数多く実施しました。目玉企画として、女性ファン・サポーター先着3,000名様にベースボールシャツをプレゼントしました。爽やかなピンクカラーで、脱ぎ着がしやすいベースボールシャツは大好評!試合前に予定配布枚数に達し、大人から子供までたくさんの皆様にご着用いただきました。


さらにゲストには、実業家/4代目バチェラーの黄皓さんをお迎えしました。事前応募制で実施したバラを持っての写真撮影会では、来られた方一人一人と、とても楽しそうにお話しされていた黄皓さん。残念ながらWAKUWAKUステージは悪天候のため急遽中止となってしまいましたが、オープニングトークでも会場を盛り上げ、試合後にはピッチを周回しサポーターの皆様にご挨拶をしてくださいました!




一人の選手をピックアップする企画シート「プレイヤーズピックアップシート」を設置。今回のピックアップは毎熊晟矢選手でした!ベースボールシャツに毎熊選手の直筆サインを入れてプレゼントや、毎熊選手の直筆サイン入り色紙が当たるクイズ大会などが実施され参加された皆様はとても楽しそうにされていました!次回10/1湘南戦でのピックアップ選手は加藤陸次樹選手です!

そのほか実施したコンテンツは<こちら>をご覧ください。
スタジアム場外にもたくさんのブースが出展。明治安田生命保険相互会社様の「みんなの健活ウォーク」キャンペーンブースでは、Jリーグアプリのダウンロード画面をお見せいただくだけでオリジナルエコバッグがプレゼントや、アンケートにお答えいただいた方には豪華景品が当たるWチャンス企画にご参加いただけるイベントが開催されました。


大阪市福祉局による「握力を測ってフレイルチェック」を実施!!実際に握力を測定してフレイル(病気ではないけれど、年齢を重ねるにつれて全身の筋力や心身の活力が低下している状態)の可能性がないかどうかをチェックでき、先着100名様には「大阪・関西万博不織布トートバック」に入った介護予防・フレイル予防に役立つチラシがプレゼントされました。

9/19の敬老の日にちなみ、Jリーグとサントリーウエルネス株式会社様と協働で「Be supporters!」 〜敬老の日に向けた“人生の先輩からのエール”企画〜が実施されました。その一つとして、地域の高齢者施設に入居している方々や、イベントにご参加いただいた高齢者の方々から選手・クラブへの応援メッセージがバナーにして掲出されました。

また、敬老の日のプレゼントとしても使える「感謝のメッセージ入りセレッソ大阪応援うちわ」制作ワークショップを開催。今回「人生の先輩からのエール」バナーへご協力いただいた高齢者施設の皆さまへのプレゼントや、ご自身のおじいさま、おばあさまへのプレゼントとして、お持ち帰りいただくこともできることもあり、たくさんのお子さまが制作されていました。


セレッソガールチェキ手渡しイベントを開催しました。当日CEREZO STOREなどでお買い上げいただいた方に、セレッソガールのチェキをプレゼント!初の試みでしたが多くの方々にご参加いただきました。


また、JリーグとNintendo Switch™ソフトとしてリリースされ、累計販売本数350万本を突破している定番すごろくゲーム『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』(KONAMI)とのコラボレーション企画を実施。コラボグッズを先日より販売しておりましたが、この試合には、「桃太郎」と「貧乏神」が来場!サイコロも持ってグッズのイベントブースに登場し、皆様との交流を楽しんでいました!

2022年選手プロデュースフード第3弾 「マイクのぷりぷりエビチリエッグトースト」がこの試合より販売開始!毎熊選手が長崎時代によく食べていた思い出のメニュー「エビチリ」と、「卵料理」のコラボレーションで、毎熊選手も「めっちゃ合う!」と太鼓判の逸品です。お店の前には長蛇の列ができ、たくさんの方々が食べておられました!こちらは最終戦まで出店予定ですので、まだの方はぜひご賞味ください!


SAKURA SOCIO会員様限定各月最初のホームゲームを対象にプレゼントしている選手ポストカード。9月は松田陸選手でした。運が良ければサイン入りが当たるかもということもありたくさんの方が引き換えに来られていました。



また、この試合ではホームタウンである大阪市・堺市からの申し出を受け、ウクライナから大阪市・堺市に避難されてきた方々を、ホームゲームにご招待いたしました。場外にブースを設置し、ウクライナから避難された方々を支援するための募金活動も実施しました。ファナティクス・ジャパン様からは観戦グッズをご提供いただき、ご来場された方々にプレゼント。早速着用され観戦されていました!



いよいよキックオフが近づいてきました。この試合のエスコートキッズ・フラッグベアラーはコイズミ照明株式会社関係者とお子様方、SAKURA SOCIO会員の皆様に参加いただきました。また「Be supporters!(ビーサポーターズ)」敬老の日に向けた“人生の先輩からのエール”~いくつになってもワクワクしたい、すべての人へ。〜企画でご当選された65歳以上の方もフラッグベアラーとして参加されました!
試合前キックインセレモニーにはコイズミ照明株式会社 前代表取締役会長、現相談役 梅田 照幸様に実施いただきました。





また、この試合でJ1リーグ通算350試合出場となるキムジンヒョン選手、J1リーグ通算200試合出場となる松田選手、前節でJ1リーグ通算250試合出場となった奥埜博亮選手の記念セレモニーを行いました。3選手同時に記念セレモニーを実施するのは珍しく、セレッソを支えている3人には皆様より温かい大きな拍手が送られました。

試合は、相手の激しいプレッシャーに屈することなく、勝利を掴むため、積極的に攻めゴールへ迫ります。後半、コーナーキックのこぼれ球を鈴木徳真選手がダイレクトボレーを沈め、先制に成功。しかし終了間際に失点を許してしまいます。このまま終了かと思われた後半ロスタイム、途中出場の清武弘嗣選手のクロスに、こちらも途中出場のジェアンパトリッキ選手が合わせ、逆転。嫌な流れを断ち切り、約1ヶ月ぶりの勝利を全員で掴み取りました!
(写真:ジンヒョン選手、奥埜選手、松田選手、鈴木選手、清武選手、パトリッキ選手)






マン・オブ・ザ・マッチ表彰が行われました。決勝点のパトリッキ選手が選出され、コイズミ照明株式会社 代表取締役社長 佐久間 晋様より賞金が贈呈されました。KOIZUMI様、いつも練習から試合に至るまでともに戦っていただきありがとうございます!



試合詳細はこちら
ハイライトはこちら



引き続き皆さまの熱いご声援をお願いします!

2022明治安田生命J1リーグ 第29節 サガン鳥栖 2 - 1 2022明治安田生命J1リーグ 第29節