【6/26 清水戦】Match Review

《リーグ後半戦のスタート。先制されるも、舩木翔のJ1初ゴールで同点に。勝点1を重ねる》


■試合データ(選手・監督コメント/スタッツ)
https://www.cerezo.jp/matches/2022-06-26/


今節から後半戦に突入した明治安田J1リーグ。セレッソ大阪は、ホームに清水エスパルスを迎え、明治安田生命J1リーグ第18節に臨んだ。先発は前節から1人変更。原川力に替わり鈴木徳真がボランチに入った。山中亮輔を欠く左サイドバックには、前節に続き西尾隆矢が起用された。


立ち上がりからボールを握り、攻勢に出たセレッソ。5分、為田大貴がファーストシュートを放つと、10分には、清武弘嗣のCKからマテイ ヨニッチがヘディング。守備でも高い位置でボールを回収、良い入りを見せたが、14分にアクシデントが発生する。守備で清水のCKを防ぎ、セカンドボールを拾ってドリブルで持ち運んだ清武に対し、清水の選手がタックル。清武は左足首を痛め、交代を余儀なくされた。ここから、なかなかシュートまでいけなくなったセレッソ。35分には、右サイドからのクロスに対し、ニアでカバーに入ったマテイ ヨニッチのクリアがそのままゴールイン。オウンゴールで先制点を与えてしまった。直後には為田から毎熊晟矢にパスが渡り、毎熊の折り返しから決定機を作ったが、加藤陸次樹のシュートは枠を捉えることができなかった。


1点を追いかけるセレッソは、後半開始から舩木翔を左サイドバックに投入。立ち上がりから敵陣で試合を進めると、52分、毎熊のクロスにブルーノ メンデスがニアでヘディング。61分にも、舩木のパスからブルーノ メンデスが左サイドで起点を作り、為田の突破からのクロスにファーサイドで松田陸がシュート。両サイドからのクロスを中心にゴールを狙うと、64分に決定機。舩木のクロスに加藤がうまくヘディングで合わせたが、日本代表GK権田修一に防がれた。73分にも、鈴木の縦パスから加藤がトラップしてシュート。これも決定的な形だったが、またも権田の好セーブに阻まれた。


圧倒的にボールを保持して攻めるセレッソ。76分、ついにゴールをこじ開けた。鈴木のCKに舩木が頭で合わせ、ネットを揺らした。舩木にとっては嬉しいJ1初ゴール。得点後は会心のガッツポーズが飛び出し、チームメートに祝福された。スタジアムの雰囲気もさらに高まり、逆転のムードも生まれた中、最後まで攻めるセレッソ。その中で一度、87分に清水にチャンスを作られたが、シュートはクロスバーを越えて、勝ち越しは許さず。終盤は、途中出場の中原輝が縦に進入、中へカットインと奮闘。立て続けにCKも獲得したが、2点は奪えなかった。試合はこのまま1-1で終了。後半戦の初戦は勝点1に留まった。


上位を狙うためには痛い引き分けではあったが、清武主将の負傷、オウンゴールと、前半に続いたアクシデントをはねのけ、掴んだ勝点1の価値は大きい。「チームの総合力が問われるゲームになった中で、同点、もう少しのところで逆転まで攻め続けたこと。私は選手たちを誇らしく思います。『私たちが目指している方向性は間違っていない』と。そういうゲームができたと思っています」と小菊昭雄監督も振り返ったように、この試合で見せた選手たちのプレーは胸を打つモノがあった。次節は3位の川崎フロンターレをホームに迎える。負傷者が続出する厳しい局面だが、「こういう時こそ、全員で一丸となって」(小菊監督)川崎戦に挑みたい。


2022明治安田生命J1リーグ 第18節 清水エスパルス 1 - 1 2022明治安田生命J1リーグ 第18節