イベントレポート(6/11) 「いきいきわくわく! ウォーキングフットボールで健康増進プロジェクト」体験会@てんしば

6/11(土)今年度より大阪府、大阪成蹊大学と共同でスタートした、アクティブエイジング(活発な高齢化社会)作りを応援する「いきいきわくわく! ウォーキングフットボールで健康増進プロジェクト」を天王寺公園エントランスエリア「てんしば」で実施しました。当日はあいにくの雨天でしたが147名の方にご参加いただきました。

中には、「楽しすぎて1回じゃ物足りなく、4試合も参加しちゃいました(笑)」とおっしゃった方もおられました。
他にも「走らないからしんどすぎず、簡単で楽しかったです」とおっしゃっていたご高齢の方もおられ、小さいお子さまからご高齢の方まで幅広い層のお客さまに来ていただき、サッカー未経験の方や運動が苦手な方などでも楽しめることを知っていただきました。



今回の体験会での主なルールとしては、「走らない」、「相手のボールを奪わない」、「パスカットはあり」、「誰もペナルティエリアの中に入ってはいけない」の4つを設けてプレーしました。しかし、多少のルール違反はOKで、とにかく楽しんでプレーすることを心がけていただきました。



勝矢寿延アンバサダー酒本憲幸アンバサダー、コーチと共にウォーキングフットボールを楽しみました。また、ラグビー体験ブースを実施されていた花園近鉄ライナーズの選手の皆さんにも参加いただきました!


大阪府の健康活動アプリ「アスマイル」と連携して開催したため、アスマイル目的で来られた方々にもついでにウォーキングフットボールをプレイしていただきました。セレッソ大阪、ウォーキングフットボールの認知度UPにもなりました。


(大阪成蹊大学学生によるレポート)
■大阪府×セレッソ大阪×大阪成蹊大学 アクティブエイジング推進企画 「いきいきわくわく! ウォーキングフットボールで健康増進プロジェクト」の詳細はこちら



HOMETOWN REPORT