ヨドコウ桜スタジアム「多様な世代が集う交流拠点としてのスタジアム・アリーナ」に選定

ヨドコウ桜スタジアム(指定管理者:一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブ)は、スポーツ庁及び経済産業省が定める「多様な世代が集う交流拠点としてのスタジアム・アリーナ」に選定されましたのでお知らせします。


「多様な世代が集う交流拠点としてのスタジアム・アリーナ」とは、まちづくりや地域活性化の核となるスタジアム・アリーナの実現を目指す「スタジアム・アリーナ改革」のモデルとなる対象施設であり、今回は11拠点が選ばれ、2025年までに20拠点を実現することとしています。



スポーツ庁 令和2年度「多様な世代が集う交流拠点としてのスタジアム・アリーナ」選定の結果についてはこちら


 




ヨドコウ桜スタジアム