〈開催中止〉2021年度ハナサカクラブ中間報告会中止のお知らせ

日頃より、セレッソ大阪アカデミーの活動にご支援、ご声援を賜りまして誠にありがとうございます。

さて10月から大阪府でも緊急事態宣言が解除されましたが、今後新型コロナウイルスの感染拡大に関しましては予断を許さない状況となっております。
このような状況を鑑みて、誠に残念ではございますが、2021年度ハナサカクラブ中間報告会を中止することとなりました。
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

2021年度ハナサカクラブ総会(2022年3月頃開催予定)では、皆様とお会い出来ることを楽しみにしております。


今年度ご支援頂いた会費(活動費)について、夏の日本クラブユースサッカー選手権(U-18/西U-15/ガールズ)や新型コロナウイルス関連での選手活動費として大切に使用させて頂いております。
2021年度のハナサカクラブ会計報告は総会にてご報告させて頂きます。




以下、山田代表理事より、皆様へご挨拶です。

ーーーーーーーーーーーーー
皆様こんにちは。一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブ代表理事の山田と申します。
平素はセレッソ大阪アカデミーの活動にご支援、ご声援を賜りまして誠にありがとうございます。

このたび、新型コロナウイルス感染拡大が予断を許さない中、参加してくださる皆様の安全を最優先に考え、2021年度ハナサカクラブ中間報告会の中止を決定いたしました。
2021年度ハナサカクラブ総会では、是非皆様と顔を合わせてお話出来ることを願っております。
何卒ご理解を賜りますようよろしくお願いいたします。


2021年度のアカデミーの活動につきましては、風間技術委員長を迎え、丸山アカデミーダイレクターを中心に、新しいメソッドでセレッソ大阪アカデミーの育成の仕組みを再構築し、大きな花が咲き続けることを目指すべくスタートしましたが昨年に続き、新型コロナウイルスの影響で活動をストップせざるを得ない状況が続きました。
その中でも、オンラインミーティングで情報共有や、映像を通して指導者の目を合わせることへの働きかけなど、出来ることを1つずつ取り組み、着実に歩みを進めていることを実感しています。

選手に対しては、夏休み前に「スペトレ」を実施することが出来、私も視察に行かせて頂きましたが、色々な年代の選手たちが「技術」に特化し一緒にトレーニングすることで、普段以上に各々の選手が考えてプレーする姿を感じ取ることが出来ました。
このような取り組みを継続させ、トップチームや世界で活躍する選手を多く輩出することを目指して参ります。


 またセレッソ大阪堺レディースに関しましては、昨シーズン主力だった選手たちの多くがシーズン始めにWEリーグのチームに移籍し、サポーターの方々にはご心配をお掛けしたことと存じますが、今シーズンなでしこリーグを闘う中で、次世代を担う若い選手たちが逞しく成長をしてくれています。
先日、ヨドコウ桜スタジアムで開催されました、なでしこリーグ優勝を決めた伊賀FCくノ一三重との一戦では、約1,800名の観客に見守られ、非常に見応えあるゲームを展開してくれました。
今後の彼女たちの無限の可能性を示すような試合になったのではないかと感じております。


緊急事態宣言中に延期になっていた公式戦も10月から再開されているカテゴリーもあり、これからアカデミーの活動が活発化していきます。試合を通じて、より一層選手たちが成長する姿を是非期待して頂ければ幸いです。

今後ともセレッソ大阪アカデミーに、変わらぬご支援、ご声援を賜りますようお願い申し上げます。



一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブ 代表理事 山田耕一郎
ーーーーーーーーーーーーー



最後になりますが、来シーズン岡澤昂星選手がセレッソ大阪U-18からトップチームに昇格が決まりました。
岡澤選手はセレッソ大阪西エリートからセレッソ大阪西U-15に入団し、セレッソ大阪U-18を経てトップチームに昇格しました。
皆様に長く見守って頂き、成長した選手の1人です。

岡澤選手の昇格の喜びの声を伝えるべくインタビューを取りましたので、是非ご覧頂ければ幸いです。