【4/2 鳥栖戦】Match Preview

≪3位・4位の上位対決。開幕から続く鳥栖の無失点記録を止め、3位浮上を目指す≫

代表ウィークが明け、再開される明治安田生命J1リーグ。セレッソ大阪は、今節、唯一の金曜ナイトゲームとして、ここまで4勝2分と快進撃を続けるサガン鳥栖をホームに迎え、上位対決に挑む。

開幕から続いた7連戦を4勝1分2敗で駆け抜けたセレッソ。開幕戦で柏レイソルを2-0で破ると、その後、川崎フロンターレ、FC東京に連敗を喫するも、清水エスパルス、横浜FC、大分トリニータ相手に3連勝を達成。中断前、最後の試合となった前節は、アウェイで湘南ベルマーレにスコアレスドローで今季初の引き分けとなった。この結果について、「新チームの始まりとして、悪くない。これからもっと良くなる」と語るのは大久保嘉人。得点数は川崎に次いで2番目に多く、失点も直近の2試合はいずれも無失点。攻守にバランスの取れたチームになりつつある。

ここからさらに上位を狙いたい4月シリーズ。その初戦の相手は、リーグ序盤で大きなインパクトを残している鳥栖だ。GKもビルドアップに加わり、ボールを支配。両サイドが幅を取り、中央ではコンビネーションを駆使して相手を打開していく攻撃には迫力がある。攻から守への切り替えも速く、若くエネルギッシュな選手たちが洗練された戦い方をピッチで表現してくる相手に対し、セレッソとしても難しい展開を強いられる可能性はある。それでも、相手の良さを消しにかかるより、自分たちの良さを押し出す戦いで勝利を目指すのが“レヴィー・セレッソ”のやり方。鳥栖は開幕からリーグ戦6試合連続無失点中であり、今節、無失点で終えればJ1新記録となるが、「新記録は達成させません。我々は必ずゴールを決めます」と、指揮官は真っ向勝負で迎え撃つ構えだ。

開幕から過密日程の中でも同じスタメンで臨んできたレヴィー クルピ監督だが、前節の試合で坂元達裕、原川力、高木俊幸と主力3選手が負傷離脱。今節は彼らに代わって入る選手のプレーもカギを握る。「これまで試合に出られなかった選手にとっては大きなチャンス。そういった選手たちが活躍すれば、チームがさらに良くなる」と指揮官も話すが、チームの底上げを図る意味でも、ニューカマーの台頭に期待したい一戦だ。

3位・鳥栖を勝点差1で追いかけるセレッソとしては、今節、勝てば鳥栖を上回り、3位浮上を果たすことができる。目下のライバルを蹴落とし、上位2チームに肉薄したい、重要な再開初戦となる。

≪前日コメント≫

■レヴィー クルピ監督

Q:今節まで期間があったが、その間の取り組みについて
「チームは常に成長するために、技術、戦術、フィジカル、全ての面でレベルを上げていかないといけません。そういった中で、けが人が出たこともあって、新しい選手を使っていかなければいけないというところもあり、全体の競争の中から、誰がどのポジションにふさわしいか、重点的に見ながらやってきました」

Q:前節、負傷した3選手(坂元達裕、原川力、高木俊幸)の現状と、代わりに入る選手に期待することは?
「サッカーは、どうしてもけが人が出てしまうスポーツです。ただ、私はこれまでそういったときに、嘆くことは一切、してきていません。逆に、これまで試合に出られなかった選手にとっては大きなチャンス。そういった選手たちが活躍すれば、チームがさらに良くなる。今まで以上に強くなることは、よくあることです。そういった中で、選手たちは本当にいい競争をしてくれました。残念ながら3選手については、明日の試合に出られる状況ではありません」

Q:坂元選手の代役は誰を想定している?
「ここで名前を挙げることはできませんが、明日の試合で先発を勝ち取った選手はいます。彼を選んだ過程において、彼以外の選手も本当にいい競争をしてくれました。最終的には彼を選びましたが、チームの底上げには間違いなくなりました。彼が入ることで、タツ(坂元)以上のパフォーマンスを期待することもできる。それがサッカーだと思います」

Q:この中断期間、U-24日本代表でも活躍した瀬古歩夢選手と、U-20日本代表候補に呼ばれた西川潤選手について
「アユムもジュンも、将来明るい選手だと思っています。若いながら、レギュラーを勝ち取る力は十分にあります。練習の中からも存在感を示してくれています。明日の試合での起用法については言えませんが、二人がこれから大きな夢を持ってサッカーに取り組んでいけば、二人には明るい未来が待っていると思います」

Q:サガン鳥栖は、開幕からの連続無失点記録が懸かっているが?
「明日、大阪で新記録は達成させません。我々は必ずゴールを決めます!」

■豊川雄太

Q:今節まで期間があったが、その間の取り組みについて
「連戦だったので、疲れも取りつつ、選手全員でいいトレーニングができたと思います。誰が出てもいいような準備はできています。明日の試合に向けて、選手全員が高いモチベーションで準備してきました。チーム内の競争は、いい形でできています」

Q:サガン鳥栖の開幕からの連続無失点記録を止めたい一戦になるが、意識はする?
「毎試合、どの試合でもやることは変わらず、ゴールを狙い続けています。明日の試合でも、ゴールを取れれば一番いい。FWはどの試合でも常にゴールを狙っています。無失点の守備をこじ開けられたらいいと思います」

≪サガン鳥栖戦 特設サイト≫


2021明治安田生命J1リーグ 第7節 サガン鳥栖 1 - 0 2021明治安田生命J1リーグ 第7節