大阪市立聖和小学校で「教育年賀はがき」贈呈式を行いました

セレッソ大阪では、小学生の国語教育の充実を図る取り組みの一環として、はがきや手紙を書く楽しさや喜びなどの体験を通して、児童の学力向上と手紙文化の振興を目指した取り組みに協力しています。
この度、大阪市東住吉区、住吉区、阿倍野区、天王寺区の市立小学校4年生全員に約3,700枚の「教育年賀はがき」を寄贈することになり、小学校を代表して聖和小学校(天王寺区)で12月16日(水)に贈呈式を行いました。
「教育年賀はがき」を寄贈
セレッソ大阪からは森島寛晃社長とロビーが参加しました。
森島社長は、「コロナ禍だかこそ、会いたくても会えない人たち、おじおちゃんやおばあちゃんに、ぜひ手紙やはがきを書いて送ってほしい」と伝えました。
「教育年賀はがき」を寄贈

◆「近隣区小学校へ「教育年賀はがき」寄贈のお知らせ」
https://www.cerezo.jp/news/2020-12-10-10-30/



HOMETOWN REPORT