【Match Review 大分戦】連動した攻撃による先制点に、組織的な守備。5試合ぶりの勝利で4位浮上


■試合データ(選手・監督コメント/スタッツ)
https://www.cerezo.jp/matches/2020-11-25/

5試合ぶりの勝利を目指して臨んだ明治安田生命J1リーグ第29節、アウェイでの大分トリニータ戦。セレッソ大阪は、前節からスタメンを3人変更。丸橋祐介と奥埜博亮が復帰し、前線ではブルーノ メンデスが5試合ぶりに先発を飾った。

前半、セレッソは大分のビルドアップに対し、[3-4-2-1]のミラーゲームで対抗。前線からブルーノ メンデス、坂元達裕、清武弘嗣がプレスをかけ、両サイドは片山瑛一と丸橋祐介が大分のウィングバックに対応。相手の攻撃を抑えにかかると、10分、先制に成功する。FKのセカンドボールを拾い、藤田直之がスペースへパス。左サイドでブルーノ メンデスがディフェンス2人に囲まれながらキープし、起点を作ると、サポートに来た奥埜、坂元とつなぎ、最後は坂元の落としを受けた清武がシュート。ディフェンスに当たってコースが変わる幸運も重なり、ネットを揺らした。



幸先良く試合に入ったセレッソは、その後も攻守でシステムを変える可変式を取りつつ、「攻守において、自分たちの思ったようにゲームを進めていく」(ロティーナ監督)ことができた。2点目のシーンこそ生まれなかったが、守備では相手に決定的なシーンを作られることなく前半を終えた。

後半は、開始から選手を入れ替え、より攻撃的に出てきた大分の前に、最終ラインが押し下げられ、守勢に回ったセレッソ。高い位置を取る大分の両サイドから幾度となくクロスを浴びたが、中ではしっかり跳ね返し、良い形でシュートは打たせない。もっとも、77分、右サイドからのクロスにヘディングで合わせられたシーンは大分の決定機。セレッソにとって、この試合、最大のピンチだったが、GKキム ジンヒョンが右手を伸ばしてシュートストップ。同点弾を許さない。



守護神のスーパーセーブで難を逃れたセレッソは、81分、豊川雄太を投入。これで流れを変えると、直後には、片山のロングスローの流れから、最後は松田陸のクロスに入ったばかりの豊川が頭で合わせて決定機も、わずかに枠を外れた。86分にも、豊川は思い切り良くシュートを放ち、ゴールを狙う。86分には、この試合、前線で抜群の収まりを見せていたブルーノ メンデスが交代。代わって入った柿谷曜一朗も前線でしっかりとキープ。時計の針を進めると、その後はアディショナルタイムも含めて大分にチャンスは作らせずに試合をクローズ。5試合ぶりの勝点3を獲得し、順位も2つ上げて4位に浮上した。