• Twitter
    • LINE
    • Facebook

    【Match Preview 神戸戦】中2日での連戦。チームの総力で乗り越え、首位との勝点差を縮めたい

    • チーム
    ■ロティーナ監督
    Q:前節から中2日。リカバリーの時間は短いが、チームの様子や今節に臨むにあたって 「今月は試合数が多いですが、その中でも、今週は特別な日程になっています。回復するための日数は少なく、神戸戦に向けても鹿島戦に向けても、とても短いです。集中力や、フィジカル的に求められるモノは高いですが、カレンダーはそうなっているので、それに適応して、できるだけ高いパフォーマンスを発揮していく準備をしていきます。疲労があることは当然で、いくつかのポジションはローテーションする必要があります。目の前の試合が一番、大事ですが、その後の試合のことも考慮に入れる必要があります」 Q:ヴィッセル神戸は直近では勝ててない試合が続いていますが、現在の神戸の状況をどう見ていますか? 「神戸の選手たちのレベルは、誰もが分かっている高さです。昨季は天皇杯、そしてゼロックススーパーカップも勝っているチーム。最大のリスペクトを持って戦いたい。最近の結果が良くないからといって、チームの力は変わっていません。前回の試合と同じように、相手をリスペクトしながらも、恐れは抱かず戦っていきたいです」 ■松田陸
    Q:前節は前半からタフな試合になったが、振り返ると? 「前半は自分たちのペースで試合ができませんでした。押し込まれる時間が続いた中で、後半、立て直すことができて、逆転して勝つことができました。(ハーフタイムには)『厳しくてもしっかりつないでいこう』という話をしていたので、それが結果につながって良かったです」 Q:前節から中2日。心身ともに切り替えることは簡単ではないと思うが、明日の試合に向けて 「試合が終わった瞬間から次の試合のことは考えていたので、準備はしっかりできています」 Q:対戦相手のヴィッセル神戸について 「いい選手が揃っていますし、イニエスタ選手が出てきたら、さらに怖いチームになります。ただ、逆に守備ではスキもあると思うので、そこを突いていきたいです」 ■坂元達裕
    Q:前節について。坂元選手にとって、公式戦では初めての対戦となったが、振り返ると? 「シンプルに、個々のレベルが高く、強いチームでした。特に苦しい時間も長かった前半に関しては、なかなかボールを持てず、前から守備に来る相手に対して、蹴って相手に渡してしまう状況が続いていました。前半はとりあえず失点ゼロでしのいで、後半に修正しようと考えていました」 Q:ハーフタイムには、清武選手から「しっかりつないでいこう」という言葉もあったようですが、後半、盛り返せて、坂元自身も2アシストしたことは、また一つ自信になったのでは? 「そうですね。最近はアシストも含めて得点に絡めてきていたので、自信はありました。常にゴールを目指していく中で、1点目は、キヨ君のスーパーゴールで、自分は落としただけという形でしたが、2点目は自分の得意な形からクロスを入れることができたので、良かったです」 Q:今節に臨むにあたって 「相手は違いますが、やるべきことは変わらないので、いつも通り、自分たちのサッカーを出していきたいです」 Q:前回のインタビューで、「毎試合、考えながら、楽しみながらやれている」という話もありましたが、今節も、相手は代表クラスの酒井選手やフェルマーレン選手。楽しみな気持ちも大きいですか? 「そうですね。前節、対戦して、代表の選手は違うなと思ったし、今回も相手のレベルが高いことは間違いないので、そういった相手に対して、自分がどう仕掛けていくかを考えながら、楽しみながら、やっていけたらいいと思います」

    TOP > ニュース一覧 > 【Match Preview 神戸戦】中2日での連戦。チームの総力で乗り越え、首位との勝点差を縮めたい