【4/3ACL済州戦】Press conference(セレッソ大阪)


4月3日(火)AFCチャンピオンズリーグ2018 グループステージ(MDー5)「セレッソ大阪vs済州ユナイテッド」の記者会見が大阪長居スタジアムで行われました。セレッソ大阪の記者会見の様子をお伝えいたします。


■尹晶煥監督
「まずは、この前、久々に勝利の味を味わうことができました。本当に、勝利することは簡単なことではないと感じました。遅れましたが、いい雰囲気を作ることができました。明日、済州と試合をします。簡単なゲームにはならないと思っていますが、必ず勝たないといけないゲームです。我々が簡単に勝つことはできないとは思いますが、より緊張感を持って、試合の準備をしています。必ず勝つ、という気持ちを選手たちは持って、準備しています」

Q:明日、勝つために必要なことは何でしょうか。また、済州とはMD1以来の対戦となりますが、現在の済州をどう見られていますか?

「今、済州の立場を考えると、リーグでいい雰囲気を持ってくることができていない状況なので、明日、その雰囲気を変えるために、必死でやって来ると思います。その感覚は、自分自身も感じています。そういった相手に対して、我々は我々のやろうとしているサッカーを、忍耐心を持ってやらないといけません。済州は積極的に、必ず勝たないといけない、といった気持ちで向かって来ると思いますが、それを我々がしっかりと利用できれば、十分に勝つことができる、そういった相手だと思います。我々の選手たちにやろうとする意欲があれば、必ずいい試合をすることができると思います」

Q:湘南戦から中2日という難しい日程ですが、メンバー構成について伺います。ガラッと代えるのでしょうか。ルーキーの安藤瑞季選手などの起用も含めて、言える範囲で、どうお考えでしょうか?

「中2日で試合をするということは、かなりしんどい状況です。ただ、何人かの選手はやはり、試合に出ないといけないと思っています。明日の試合だけで(シーズンを)終えるわけではありませんし、けが人もたくさん発生していて、心配にはなるのですが、明日は勝たないといけない、そういった試合です。今まで試合に出場できていない選手も出ないといけない状況です。先ほども話したように、チームはいい雰囲気になっていますし、どのようにすれば勝てるのか、ということを選手も感じたと思います。そういった試合をすることができれば、明日も十分に勝算があると思います。若い選手を起用することについては、悪いことだとは思いません。いずれにしても、明日のメンバー表を見ていただければ分かると思います(笑)ここで何かを話すことは、やはり難しいのかなと思います」


■酒本憲幸選手
「監督も話したように、直近の試合で勝つことができて、チームとしても良い雰囲気で、明日の試合に臨めます。ここは自分たちのホームなので、セレッソ大阪というチームが一丸となって、積極的に戦って、自分たちの力を出すことができれば、勝つチャンスも十分にあると思います。みんなの力を合わせて、何とか勝点3を取れるように頑張りたいです」

AFCチャンピオンズリーグ2018 グループステージ MD5 済州ユナイテッド(韓国) AFCチャンピオンズリーグ2018 グループステージ MD5