【2/21 ACL広州戦】Press conference(セレッソ大阪)

2月21日(水)AFCチャンピオンズリーグ2018 グループステージ(MDー2)「セレッソ大阪vs広州恒大」の記者会見が大阪長居スタジアムで行われました。セレッソ大阪の記者会見の様子をお伝えいたします。


■尹晶煥監督
「済州ユナイテッドとの厳しい試合を終えて、今度はホームで試合をすることになりました。相手は広州恒大という強いチームですが、我々としても、しっかりとした準備をすれば、最善の結果を残せるのではないかと感じています」

Q;広州恒大の印象と、明日の試合に勝つために大事になることは?
「自分にとってACLは初めての経験ですが、本当に楽しいなと。これまで、Jリーグ、Kリーグを経験して、今度はアジアのサッカーを経験しています。全てのチームがしっかりとした色を持っていると思います。外国籍選手の能力も飛び抜けています。広州恒大の場合は国内選手の能力も高いですし、外国籍選手の能力も飛び抜けていると思います。ただし、サッカーは個人の力だけではありません。もちろん、個人の能力も必要なのですが、チームプレーができるのであれば、どんな相手にもしっかりと勝算はあります」

Q:清武弘嗣選手が負傷したことによる変化はありますか?
「戦術的に変わることはありません。清武選手は本当にコンディションが良く、ここまで来ていたので、その中での負傷ということで、チームの雰囲気が若干、変わったところは正直ありますが、全ての選手がしっかりと準備しています。清武選手の分までみんなが頑張ってくれると思っています」


■山口蛍選手
「済州ユナイテッドとの厳しいアウェイでの試合を勝利したことを無駄にしないために、明日、絶対、勝たないといけないと思います。そのために、みんなで全力を尽くして頑張りたいと思います」

Q:明日の試合で勝つために大事になることは?
「監督が話した、『チームプレーをした方が勝つ』ということに加えて、ACLはどの試合でも、どの相手でも、Jリーグに比べて球際が激しいので、明日も、チームプレープラス、球際での戦いで勝てた方が試合にも勝つと思います」

Q:清武選手の負傷離脱を受けて、どういった気持ちでこの試合に臨みますか?
「正直に言うとコメントし辛いので、あまり言いたくはないですが、チームとして痛いことに変わりはありません。ただ、今年は代わりに出る選手も経験があって、キヨ君にない能力を持っている選手もいます。代わりの選手の『やってやろう』という気持ちも強く感じていますし、そういった選手たちがやってくれると思います。個人の戦いではなく、チームが一つになってこそ、だと思うので、チームとして戦っていきたいと思います」 

Q:4年前に対戦した広州恒大にはホームで1-5で敗れましたが、この4年間、積み重ねたセレッソの強さをどう表現したいですか?
「4年前、ホームで負けていますし、2回もホームで負けるわけにはいかないと思っています。4年前と今では、チームとしてのまとまりというか、チームとして戦うところが違うと思います。去年からそういった戦いができていると思うので、それが4年前とは違うところかなと思います」

AFCチャンピオンズリーグ2018 グループステージ MD2 広州恒大(中国) AFCチャンピオンズリーグ2018 グループステージ MD2