【2/21 ACL広州戦】Press conference(広州恒大)

2月21日(水)AFCチャンピオンズリーグ2018 グループステージ(MDー2)「セレッソ大阪vs広州恒大」の記者会見が大阪長居スタジアムで行われました。広州恒大の記者会見の様子をお伝えいたします。


■ファビオ カンナバーロ監督
「試合に向けた準備には時間を費やしてきました。攻撃でも守備でも、しっかりと準備を整えてきました。明日はとても難しい試合になると分かっていますが、セレッソ大阪に勝てるチャンスは十分あると思います。勝負のカギは、チームのモチベーションになります。前節、(ブリーラムに)引き分けたので、明日は絶対に負けてはいけない試合になります。相手に対するリスペクトを与えすぎないことも大事になります」

Q:出場が期待されている8番(グデリ)と10番(テイ チ)の選手のコンディションについては?
「二人ともいい準備をして、もうすぐ復帰できると思います。ただし、皆さん、分かっていると思いますが、私はいつも試合の朝にいろいろな決断するので、どの選手を使うのかはまだ決まっていません」

Q:近年、日本のクラブ相手にはいい結果を出せていますが、明日はまた違う試合になると思います。準備や気持ちはいかがですか?
「なぜ、この試合が重要で難しい試合になるかと言うと、前回の試合を引き分けたからです。今回は絶対に勝たないといけません。前回はモチベーションが足りなかったと思います。近年、日本のクラブは規律をよく守りますし、モチベーションも高いので、明日はとても難しい試合になると思います。最後にいつ、日本のチームと対戦したとかは私にとっては関係ありません。いつも目の前の試合にしか集中しません」

Q:前回の結果が良くなかったので、明日は勝たないといけない試合です。選手のモチベーションはいかがですか?また、中国では旧正月ですが、勝てばボーナスはありますか?
「旧正月に関しては、特に何もありません。前回の試合では、選手は一生懸命やってくれたので、結果どうこうは関係ないです。明日の試合を頑張ることが大切です」


■リ ガクホウ選手
「監督が話したように、準備はバッチリです。見ている方々に素晴らしい試合ができればと思っています」

AFCチャンピオンズリーグ2018 グループステージ MD2 広州恒大(中国) AFCチャンピオンズリーグ2018 グループステージ MD2