柿谷曜一朗選手による「YOICHIROシート」今シーズンもセレッソ大阪ホームゲームに設置のお知らせ

セレッソ大阪では、今シーズンも「YOICHIROシート」を設置することになりましたので、お知らせいたします。
これは、柿谷曜一朗選手からの申し出を受けて実施するもので、2015年にスタートして今年で2シーズン目となります。

【YOICHIROシートについて】

2016明治安田生命J2リーグ ホームゲーム開幕戦となる3月12日(土)のザスパクサツ群馬戦(16時キックオフ@キンチョウスタジアム)から、キンチョウスタジアムまたはヤンマースタジアム長居のメインスタンドに100席設置し、毎試合100名の方をご招待いたします。
なお、「YOICHIROシート」は、セレッソ大阪のホームタウンに寄付して活用いただくほか、柿谷選手の意向をくみ、幅広く子どもたちをご招待するべく現在調整中です。
※J2リーグのホームゲームのみ対象となります。

■柿谷曜一朗選手のコメント

「少しでも多くの子どもたちにサッカーを観てもらい、楽しんでもらえたらと思い、今年も「YOICHIROシート」を継続させていただくことになりました。
今までサッカーを観たことのある子はセレッソのサッカーでもっともっと好きになって、まったく観たことのなかった子はセレッソからサッカーに興味を持ってもらって、みんなが自分からスタジアムへ行きたいと思ってもらえるようになったら嬉しいです。
そして、今シーズンは僕もセレッソでプレーをします。
一年でJ1へ復帰するよう、自分の持っている力を最大限出してプレーするので、ぜひ観に来てください」