10/26 vsベガルタ仙台戦ホームゲームイベント

共にJ1昇格を果たし、またタイトル争いを続けた宿敵のチーム、ベガルタ仙台を迎えてキンチョウスタジアムでのホームゲーム。
レヴィー・クルピ監督をはじめ、選手たちは高いモチベーションで試合に臨みました。
結果は0-0の引分けではありましたが、次へとつながるプレーを選手たちは見せてくれ、またキンチョウスタジアムでの不敗記録は更新されました。

日本ハムサポーティングマッチということで、入場ゲートでは抽選番号付き「新鮮生活ZERO 糖質0ドライソーセージ」が配布され、また各ブースではハムリンズの食育BOOKやお面が配布されました。

子供さんたちは大喜びでお面をつけて、コンコースへ登場したハムリンズたちとの記念撮影や日本ハム・ハムリンズブースに用意された「ハムリンズ縁日」のハムリンズダーツやハムリンズ輪投げ興じていました。

そして今回、一番といってもいいくらい人気の高かったのが「ハムリンズスタンプラリー」。
スタジアム場外からフードパーク、そしてコンコース内に設置されたスタンプ集めには、大人も子供も夢中になって楽しんでいただいたようです。

次々と新商品が登場するセレッソ大阪オリジナルグッズ。
今回はなんといっても注目だったのが、スポーツタオル(ロビー)と選手の背番号入りのマスコットベアー。
スポーツタオルのプライムセレッソ会員限定カラーは発売と同時に完売に!もちろん通常カラーと2枚あわせての購入する方が多かったようです!

そして、もうひとつ選手のユニフォームを着用したかわいいベアー。
乾選手を応援している!というこのお母さんと息子さんは、もちろん7番のベアーです!

再び登場!セレッソ大阪×Dentsu Design Ninjaコラボレーションブランド「BITE YOU!」。
これまでと一味違ったデザインのTシャツが勢ぞろい。
今回はTシャツお買い上げいただくと、なんとミニトートバックのおまけつきでした!

セレッソ大阪ピンクリボンDAYが実施されました。
がん検診受診率向上に取り組む「大阪市」と、地域の健康づくり活動に取り組む「セレッソ大阪」と「NPO法人J.POSH」が協働し、乳がん検診の受診を呼びかけを行いました。
早期発見が完治につながる「がん検診」とわかっていても、何かのきっかけがないとなかなか検診にいたりませんが、今回のこのセレッソ大阪ピンクリボンDAYをきっかけにしていただけると幸いです。
健康づくりイメージキャラクター、いっぽくんも呼びかけのお手伝いをしました。

セレッソギャラリーで新しく始まった「セレッソ川柳」と選手の集合写真をつくる「フォトモザイク」の募集。
楽しい川柳、お待ちしております!

フードパークでお馴染みの「ホルモン倶楽部」が仙台戦限定で提供した『塩タン』。食べた瞬間に、タン独特の風味と肉汁が口いっぱいに広がる美味しさに、限定100食はあっというまに完売となりました!

フェアプレーフラッグ、チームフラッグのベアラーを担ったのは、キッズスペシャルマッチに出場したセレッソ大阪サッカースクール泉大津校、奈良南校と尼崎南校の皆さんでした。
出番前にはコーチたちと楽しそうに談笑していましたが、選手たちが集まってくると興奮がいっきに高まりましたが、いざピッチへ向かうとなると、今度はいきなり緊張した表情に!
それでも元気いっぱい大役を果たしました。

今回のハナサカプレーヤーは、こちらの皆さんでした。

アンセム斉唱は、もうお馴染みのマキ凛花さんと足立知謙さんでした。
このお2人でのアンセム斉唱も、不敗神話記録更新中とのことでした!
次こそ勝利を!!