ホームタウンレポート|勝矢寿延スクールコーチが「子どもの体力向上実技研修会」トレーニングの講師に

大阪市が取り組んでいる「子どもの体力向上推進事業」の一環である「実技研修会トレーニング」が、8月20日(月)に大阪市立弁天小学校で実施されました。大阪市立幼稚園・小学校・中学校・高等学校の教師の皆さん約40名を対象に、勝矢寿延スクールコーチがトレーニングの講師として参加しました。


研修会では、「オリンピック・パラリンピック教育としての子どもの体力向上」をテーマに、関西大学の河端隆志教授による約1時間の講義が行われました。


実技トレーニングに入る前には、勝矢コーチ担当でアイスブレークを兼ねたウォオーミングアップを行いました。
少し緊張した様子だった先生方も、かなりリラックスされたようです。




実技のトレーニングでは、アジリティー(敏捷性)向上をテーマに、セレッソ大阪の選手のトレーニングにも取り入れられているメニュー、短いインターバルでローテーションするサーキットトレーニングを実施しました。
子どもたちが実際に行うメニューより、大人向けのため負荷も高く、かなりハードなトレーニングとなりましたが、先生方はメモをとられたり、写真や動画を撮影されたりなど、今後の指導のために熱心に取り組んでおられました。









今後は、大阪市の体力向上モデル校での指導にあたる予定です。