ホームタウンレポート|勝矢寿延スクールコーチ「体力向上モデル校講習会(地域連携)」に講師として参加

大阪市が取り組んでいる「子どもの体力向上推進事業」の一環である「体力向上モデル校講習会(地域連携)」が10月23日(月)、26日(木)に弁天小学校(港区)で実施され、勝矢寿延スクールコーチが講師として参加しました。
どんなスポーツでも基本となる動作であるジャンプやバランス感覚の保ち方など、身近な道具を使って練習しました。
セレッソ大阪をはじめ、多くのプロスポーツで取り入れられているトレーニングと同じメニューとの説明を受け、生徒の皆さんも興味を示していました。



コーチたちがお手本を示して、実践に移ります。
簡単そうに見えますが、実際にやってみると難しい動きだということがわかります。




コーチたちは、児童1人ひとりに丁寧に声をかけます。その一言のアドバイスで驚くほど、動きに変化があります。





コツをつかむことで、動きが楽になり、またその課題をクリアすることで、運動が楽しくなるようです。
スピードアップするとつまずいたりもしますが、「実践することが大切」と、コーチたちはそんなことは問題にもしません。みなさんがどんどん笑顔になっていくのが印象的でした。






勝矢コーチは、給食もいっしょにいただきました。
メインは秋の味覚・さんま。きれいに骨をとる方法などを伝授し、盛り上がっていたようです(^^)




HOMETOWN REPORT