ホームタウンレポート|「トラベルサービスセンター大阪」でセレッソ大阪のデジタル・サイネージ!

公益財団法人大阪観光局や西日本旅客鉄道株式会社などが主体となって運営される「トラベルサービスセンター大阪 〜おもてなしステーション〜」が、3月24日にJR大阪駅にオープンしました。
ビジョンでは、セレッソ大阪の試合告知がデジタル・サイネージ(電子看板)で放映されいます。キャプテン・柿谷曜一朗選手のメッセージも、試合告知とあわせて放映されています。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りいただき、ご覧ください。





【Travel Service Center OSAKA」

 トラベルサービスセンター大阪 〜おもてなしステーション〜】
現在の大阪観光案内所および鉄道案内所がJR大阪駅の中央改札正面に移設・拡張され、新たに中国語や韓国語による観光案内や、旅行時のトラブルなどに関する総合相談の実施など、案内機能が強化されました。
日本国内だけではなく、海外からの観光客の皆様にとって、とても便利なサービスセンターとして生まれ変わりました。


名称   
トラベルサービスセンター大阪
愛称:おもてなしステーション
英語名称:Travel Service Center OSAKA
営業時間 
7:00〜23:00(年中無休)
※一部サービスを除きます。
提供サービス
観光案内(旅行時のトラブルなどに関する総合相談を含む)、鉄道案内、各種レールパスの引き換え・発売、その他JR乗車券類や国内旅行商品などの発売、当日を含む宿泊予約、外貨両替、手荷物関連サービスなど

オープニングセレモニーには、大阪府 松井一郎知事、大阪府広報担当副知事もずやんをはじめ大阪観光局 溝畑宏理事長などが来られ、テープカットなどが行われました。