ホームタウンレポート|監督、選手10名が小児病棟を慰問(1)

4月14日(火)、パウロ・アウトゥオリ監督と扇原貴宏選手、染谷悠太選手、長谷川アーリアジャスール選手、パブロ選手、キム ジンヒョン選手、山下達也選手、温井駿斗選手、前川大河選手、阪本将基選手、池田樹雷人選手が大阪市総合医療センター(都島区)の小児病棟を慰問しました。


監督、選手たちは4つのグループに分かれて、それぞれ病棟を慰問しました。
各病棟では、いろいろな準備をして待っていてくださいました。


プレイルームでは自己紹介から始まり、子どもたちのリクエストでリフティングなどを披露しました。
質疑応答ではサッカーに限らず、「好きなたべものは?」といった子どもならではの質問も出て、とてもなごやかな雰囲気でした。








(2)へつづく



HOMETOWN REPORT