Match Preview

≪ツエーゲン金沢との“今季最終戦”。飛躍を遂げたシーズンの締めにふさわしい内容と結果を示したい≫

19日、セレッソ大阪は、「北國新聞・北國銀行ドリームマッチ」と銘打たれたツエーゲン金沢とのポストシーズンマッチに臨む。場所は金沢のホームスタジアム、西部緑地公園陸上競技場。キックオフは14時となっている。

明治安田生命J1リーグ最終節・名古屋グランパス戦から2週間。すでに帰国した外国籍選手や負傷中の選手を除き、ベテラン、若手を含めチーム全体で汗を流した。公開された15日と16日の練習では、レギュラーシーズンを戦い終えた安堵感やリラックスした雰囲気の中にも、激しくボールを奪い合い、ゴールを目指す選手たちの姿があった。見守った小菊昭雄監督も、「シーズン中と変わらず、強度の高い集中したトレーニングができました」とチームの様子を語る。心身の強度を落とすことなく、攻守にアグレッシブなサッカーを、この試合でも目指す。
また、プロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせた金沢へ凱旋となる加藤陸次樹は、「金沢がなければ、こうしてプロサッカー選手はできていません」と古巣に感謝の思いを述べつつ、「成長した姿、点を取る姿は一番見せたい。チームの攻撃の中心としてプレーしている姿、ハードワークを欠かさずやっているところも示したい」と試合に向けた意気込みを語った。

今回の一戦は、シーズンの締めくくりであると同時に、来季へ向けたスタートでもある。チームとして勝利を求めることはもちろん、選手個々としても、来季へつながる要素を手にしたい。例えば、最終節で先発を勝ち取り、好プレーを披露した中原輝。第33節の京都サンガF.C.戦、名古屋戦と左サイドバックで先発し、安定したプレーを披露した舩木翔らは、ゴールやアシストなど結果にもこだわりたい。前述の公開練習では、指揮官が選手一人ひとりと話す姿も印象的だった。1年間を戦い抜いた労をねぎらうだけではなく、今後の展望など具体的な内容もあったよう。再び中原を例に挙げると、「自分と向き合い努力し続け、最後にスタメンを勝ち取った。その思いは来年につながる、と伝えました。それと、今は中盤の右サイドで使っていますが、トップ下、左サイドなど、複数のポジションにトライして欲しい、私自身そういう考えもある、という話もしました」と小菊監督は会話の一部を明かす。中原自身、「来季は試合に出続け、結果を残したい」と意欲を覗かせる。彼だけではなく、今季、シーズン途中から出場機会を増やし、主力の立ち位置をつかんだ上門知樹、毎熊晟矢、鈴木徳真らも、さらなる飛躍を期す来季へ向け、良い形でシーズンを終えたい。

今季最後の公開練習となった16日の練習後は、チーム全体で、集まったファン・サポーターへ挨拶を行った。「なかなか今シーズンも皆さんに練習を見に来ていただくことはできませんでしたが、サポーターの皆さんの愛情は常に感じていました。そういう感謝の思いも込めました」と小菊監督。今シーズン最後の一戦は、一部エリアで声出し可能な「声出し応援エリア設置試合」。金沢まで駆け付けてくれるサポーターの前で、飛躍を遂げた今季の締めにふさわしい内容と結果を披露したい。

≪試合前日コメント≫

■小菊昭雄監督

「今回の金沢戦に向けて、心身ともに整えて、しっかり練習してきました。最後にワンランク成長して、今シーズンを終えたいと思っています。(リーグ最終節後の)この2週間も大事な時間にして、シーズン中と変わらず、強度の高い集中したトレーニングができました。
(選手起用については)今シーズン、フルで戦い抜いた選手に関しては、蓄積疲労も考慮しつつ、来シーズンへ向けた色んなテストもできればと思っています」

Q:来季へ向けたオフ期間について
「まず、今シーズンを振り返って、選手たちはそれぞれ、良かったところも課題も感じていると思います。(オフは)しっかりリフレッシュすることも大事ですし、自分に投資する時間でもあります。自分の体と向き合って、心も成長できるように、色んな取り組みをして欲しいと思います。そして我々スタッフも、自チームのフィードバックは大事です。なぜ夏場にあれだけの快進撃ができたのか、なぜシーズンの終盤に息切れしてしまったのか。色んな方面から検証して、分析する必要があります。来季へ向けて、各チームの動向も気にしながら、良い形で開幕を迎えられるよう、準備していきたいです」

■加藤陸次樹

Q:プロのキャリアをスタートさせたツエーゲン金沢について
「感謝しかないですね。金沢がなければ、こうしてプロサッカー選手はできていません。大学時代、唯一オファーをもらったのが金沢でした。感謝しかないですし、成長した姿を見せたいと思います」

Q:金沢で印象に残っていることは?
「開幕からスタメンで使っていただいたのですが、しばらく点が取れなかった。それでも監督に使ってもらった。1点を取ってからは連続して取れたのですが、1点を取るまでの時間が苦しかったので、とても印象に残っています。悔しかった思いや、監督に申し訳なかった気持ちを覚えています」

Q:今回の試合で、どのような姿を見せたい?
「やっぱり、点を取る姿は一番見せたいです。チームの攻撃の中心としてプレーしている姿、ハードワークを欠かさずやっているところも示したいと思います」

Q:金沢時代によく行っていた場所はありますか?
「近江町によく行っていました。オフの日はずっといましたね(笑)」

Q:今季を振り返って
「チームが掲げた目標を達成できなかったことも悔しいですが、個人としても、二桁得点という目標を達成できなかったので、そこが1番悔しいです」

Q:その目標を達成するために必要だと思うことは?
「強さ、ですね。ゴールに向かう強さ、1対1の強さ、もっと走れる強さ、要求できる強さ、色んな意味での強さがまだ足りないと感じているので、そこを求めていきたいです」

≪YouTubeでLIVE配信!≫


2022ポストシーズンマッチ ツエーゲン金沢 2022ポストシーズンマッチ