堺市消防局「#命つなぐアクション 応急手当普及啓発ポスター」に協力しました!

セレッソ大阪は、堺市消防局が「救急の日(9月9日)」に合わせて制作する、応急手当普及啓発ポスターに協力することになりましたのでお知らせいたします。
同啓発ポスターには、山中亮輔選手、清武弘嗣選手、山下達也選手、奥埜博亮選手、西尾隆矢選手、山田寛人選手が起用され、いざという時の応急手当について学ぶことを呼びかけています。●月●日より、堺市内の消防署や行政施設、泉北高速鉄道車内などに掲出予定です。また、9/4(日)には、堺市消防局×セレッソ大阪×アリオ鳳が協働し、「AED体験会とアンバサダーによるトークショー」を実施いたします。ぜひ、この機会にAED・CPR(心肺蘇生法)の受講や、AED設置場所のご確認をお願いいたします。

■「救急の日」とは
救急医療および救急業務に対する国民の正しい理解と認識を深め、救急医療関係者の意識の高揚を図ることを目的に、1982年に厚生労働省によって、9月9日が「救急の日」と定められました。
毎年9月9日を含む1週間(日曜日から土曜日まで)を「救急医療週間」としており、2022年は9月4日(日)から9月10日(土)までが「救急医療週間」となります。

■「#命つなぐアクション」とは
元Jリーグ選手の松田直樹氏が2011年8月4日に急性心筋梗塞で亡くなったことをきっかけに、安全・安心なスポーツ環境を整備するため、Jリーグが取り組んでいる活動です。
スポーツに関わるあらゆる人が、命をつなぐためのアクションを知り、いつでも、誰でも、当たり前のように実践できる地域、社会をつくりたい、そんな想いのもと、Jリーグと57クラブ、選手、OB、地域の人々が手を取り合い、「#命つなぐアクション」と題し活動するものです。セレッソ大阪では、堺市消防局や大阪市消防局などと連携し、ホームゲームなどでAED講習会を実施しています。

■堺市消防局「#命つなぐアクション 応急手当普及啓発ポスター」
掲出期間 9月4日(日)~泉北高速鉄道株式会社の協力可能期間で継続的に掲出します。
掲出場所:堺市内の消防署、行政施設、泉北高速鉄道車内ほか
(ポスターデザイン)




■堺市消防局×セレッソ大阪×アリオ鳳「AED体験会とアンバサダーによるトークショー」
詳細は<こちら



HOMETOWN REPORT