Match Review

《J1最少失点の相手から2得点。リーグ戦7試合ぶりの無失点も達成し、攻守に快勝を収める》


■試合データ(選手・監督コメント/スタッツ)
https://www.cerezo.jp/matches/2022-07-30/


2週間の中断期間が空け、再開された明治安田生命J1リーグ。7月のラストゲームとなった今節。セレッソ大阪は、ホーム・ヨドコウ桜スタジアムにアビスパ福岡を迎え、明治安田生命J1リーグ第23節に挑んだ。先発は前節から2人変更。左SBには出場停止から山中亮輔が戻り、CBの一角には鳥海晃司が入った。


立ち上がりからセレッソがボールを握り、攻勢に出ると、5分、前線で加藤陸次樹が受けたファウルで獲得したFKから、先制に成功する。山中の左足での鋭いキックに合わせたのはマテイ ヨニッチ。少し後ろから飛び込み、完璧なタイミングでヘディングを叩き込んだ。今節を迎えるまで、公式戦4試合連続で無失点と堅守を誇っていた福岡から幸先良く先制点を奪うと、17分にも決定機。今度は流れの中から山中が鋭いクロスを上げると、山田寛人がこちらも会心のタイミングで合わせたが、ヘディングはGK永石拓海の正面に飛んだ。前半の途中、福岡にボールを持たれる時間も続いたが、「失点しないことだけは続けながら、反撃のタイミングを伺う」(鈴木徳真)と、30分ごろから再び攻勢に出る。40分には、鈴木のFKから再び山田がヘディングで決定機も、シュートは惜しくも枠を外れた。前半アディショナルタイムには、スローインから加藤、山田とつなぎ、最後は毎熊晟矢がシュートを放ったが、ここは永石にセーブされた。追加点のチャンスこそ逃したセレッソだが、危なげない展開で前半を折り返すと、後半も立ち上がりから攻勢に出る。


攻撃から守備への切り替えも早く、高い位置でボールを奪い、2次攻撃へつなげると、52分に決定機。相手のゴールキックを奥埜博亮が頭で跳ね返し、山田も頭でフリックすると、抜け出した加藤がGKとの1対1に。追加点の絶好のチャンスだったが、シュートは枠を外れ、仕留めることができず。直後には福岡にゴール中央を割られかけたが、DF陣が素早く囲み、シュートは打たせず。59分、福岡が3枚同時交代で攻撃的な選手を投入してきたタイミングで、セレッソも1人目の選手交代。山田に代えて上門知樹を2トップの一角に投入すると、その上門が大きな仕事をやってのける。


71分、相手GKのキックを鳥海晃司がヘディングで跳ね返し、高い位置で毎熊が収めると、左サイドを為田大貴がオーバーラップ。毎熊からのパスを受けた為田が右足でクロスを上げると、GKがはじいたボールを上門が収め、左足でシュート。「強くというより、コースを狙った」(上門)ショットが見事に決まり、セレッソが試合を決定付ける2点目を奪った。終盤は福岡に立て続けにセットプレーの機会を与えたが、途中出場のアダム タガートやマテイ ヨニッチがクリア。最後にゴール前まで迫られた場面でも、マテイ ヨニッチが立ちはだかり、ゴールは許さない。クロス対応、セカンドボールの回収といったプレーで後手を踏まず、球際での激しい攻防も制したセレッソが、第16節・湘南ベルマーレ戦以来、リーグ戦では7試合ぶりとなる無失点を達成した。目標のリーグ3位以内へ、さらには中3日で迎えるJリーグYBCルヴァンカップ準々決勝・第1戦へ向けて、弾みの付く快勝を収めた。


2022明治安田生命J1リーグ 第23節 アビスパ福岡 2 - 0 2022明治安田生命J1リーグ 第23節