道頓堀にセレッソバナー設置!

本日7月8日(金)、道頓堀にて森島寛晃社長、西尾隆矢選手、北野颯太選手、セレッソ大阪応援ナビゲーター、そして道頓堀地区の関係者の皆様と道頓堀川沿いのフェンスに飛込防止を啓発する横断幕を掲げました。イベントの模様については以下の通りです。


道頓堀はセレッソ大阪のホームタウンである大阪市を代表する観光スポットで他都道府県のみならず世界中から大勢の方が観光に訪れます。コロナ禍が3年目を迎えているものの行動規制、並びに入国規制が緩和傾向にあること、また来る2025年の日本国際博覧会(大阪・関西万博)開催に伴い、今後大阪の観光需要と機運が一層高まっていくことが期待されています。一方で、地域が抱える課題の一つに道頓堀川への飛び込みがあります。そんな地域の抱える問題について、飛込防止のメッセージ発信・訴求の面で微力ながら問題解決の一端を担うべく、地区の関係者の方々のご協力のもと、このたび横断幕を掲示させていただく運びとなりました。
※道頓堀戎橋を背にしたドン・キホーテ様側、無双ビル様の麓あたりのフェンスが当該箇所となります
※横断幕の掲示期限はなく、当面の間掲示されます




<掲示バナー>
※全長8m

◾︎掲示にご協力いただいた主な関係者様
千田 忠司様(一般社団法人大阪活性化事業実行委員会 代表理事)
藤縄 信夫様(一般社団法人大阪府サッカー協会 会長)
田中 智則様(特定非営利活動法人道頓堀水辺地権者会 理事長)
北嶋 かおり様(大阪府南警察署 警備課長 警視)
北風 敏幸様(大阪市中央区役所 まち魅力推進担当課長)
ほか、設置にあたり大勢の方にご協力をいただきました。