【6/26 清水戦】ホームゲームイベントレポート

6/26(日)に行われた清水戦のホームゲームイベントの様子をお伝えします。

この試合は「ヨドコウサポーティングマッチ」として実施されました。

来場者プレゼントとしてオリジナルエコバッグを先着10,000名様にプレゼント!しっかりした素材のバックは日常生活でも大活躍間違いなしです!



メインスタンド側CEREZO STORE前にフォトスポットが設置され、併設のブースではフォトスポットと連動したSNSキャンペーンも実施されました。キャンペーンに参加した方先着200名様にはオリジナルタオルマフラーがプレゼントされるということもあり、ブースの前には開始時間前からたくさんのサポーターの皆様が!急遽時間を早めてキャンペーンブースはオープンし、たくさんの記念撮影が行われていました。



ヨド物置が動く!?ヨドコウ×ヘソプロダクション×セレッソ大阪がコラボ!GoGoキュービー販売開始となりました。
キュートで可愛いビークル「GOGOキュービー」シリーズにCerezoな「ヨド物置」が新登場!プルバックゼンマイでヨド物置がビューンと走ります。


ヨドコウ桜スタジアムメインスタンド側JR高架下のフェンスに「桜満開バナー」掲出を開始しました。ヨドコウ桜スタジアムをよりセレッソらしく、セレッソ化させるためにスタジアム周辺を真っピンクに染めるこの取組みがスタート。株式会社淀川製鋼所、ニッコンホールディングス株式会社、その他企業様のご協賛により実現。サポーターの皆様の新たなスポットととしてたくさん撮影されていました。こちらは試合日以外も設置しておりますのでぜひお立ち寄りの際はご覧下さい!







また、この日はサムライDayと銘打ち様々なイベントを実施しました。特に目玉となったのは大阪城天守閣とのタイアップ企画です。
①大阪城天守閣復興90周年記念の特製コラボステッカーを来場者全員にプレゼント。


②大坂夏の陣を描いた屏風絵(ミニチュア)の設置と太閤なにわの夢募金ブースの設置




③大阪城天守閣館長がWAKUWAKUステージで大阪城の歴史についてトークを行いました。


そのほかのサムライDayイベントについてです。
スポーツチャンバラの「チャンバラ合戦―戦 IKUSA―」を開催。2019年のキッズデーで実施し、大好評だったイベントを3年ぶりに実施しました。子供から大人まで楽しめるということもあり気温に負けないくらい白熱した戦いが繰り広げられていました。



吉本興業のミサイルマン岩部さんの大人気キャラ「武将様」が来場しチャンバラ合戦―戦 IKUSA-や場外WAKUWAKUステージなどに参加。



チャンバラ合戦―戦 IKUSA―ではサプライズでサインを配られるなど大盤振る舞いを見せてくださり、大人にも子どもにも大人気の武将様。


WAKUWAKUステージではMCのダブル東ヒガシさんとの絶妙な掛け合いを披露。大阪城天守閣館長を交えたトークもお客様の顔から笑顔が絶えませんでした!



場外WAKUWAKUステージでは殺陣&忍者ショーも開催。音楽や効果音にあわせた息の合った迫力の武術テクニック・アクションが披露されました。殺陣アクションパフォーマーズと忍者 Sasuke (佐助)さんによる大迫力のショーが行われました。Sasuke (佐助)さんは海外の有名俳優の方に術を指導するなどしている方です。



また出演者によるワークショップも開催。講師にをお迎えし「刀の握り方」や「構え方」「振り方」などをレクチャー。



またサムライDayに合わせて武将風選手イラストグッズの販売。選手の出身地にちなんだ名産品などが兜や軍備に描かれた可愛らしいグッズです。
https://www.cerezo.jp/news/2022-06-10-16-00

続いてはセレッソ大阪ファンクラブ「SAKURA SOCIO」ブースの様子です。
各月最初のホームゲームを対象にSAKURA SOCIO会員限定で選手ポストカードを配布。6月は奥埜博亮選手でした。運が良ければサイン入りが当たるかもということもありたくさんの方が引き換えに来られていました。





SAKURA SOCIO会員限定イベントマスコット写真撮影会。この日は透き通るような青空の中、ロビー、ロビーナとの撮影会を開催。事前申込制となっておりますので、SOCIO会員の方はぜひチェックしてみてください。ロビー、ロビーナによるサービス精神満点の撮影会に小さなお子様から大人の方まで笑顔が溢れていました。




SAKURA SOCIOゴールド会員様限定でサイン会も実施。この日は山田 寛人選手が参加しました。前回の喜田陽選手同様、久しぶりにサポーターの皆様との対面でのファンサービスに少し緊張の面持ちだった山田選手。気温が高いからなのか緊張からなのか終始汗が止まらない様子でしたが、とても楽しそうでした。参加された皆様と山田選手との間には和やかな時間が流れていました。



清水戦より入場時にお配りしているオリジナル選手カードのデザインが第2弾に変更となりました。選手のオフショットを中心としたデザインです。運が良ければサイン入りも当たりますのでご来場の際は忘れずチェックしてみてください。


花束贈呈、エスコートキッズ、フラッグベアラーは株式会社淀川製鋼所から選ばれた皆様に参加いただきました。




試合前には株式会社淀川製鋼所 取締役 常務執行役員 隈元 稔夫様にレフェリーエスコート&コイントスを実施いただきました。




キックインセレモニーは株式会社淀川製鋼所 代表取締役社長 二田 哲様に実施いただきました。


試合は拮抗した展開の中不運な形で先制を許してしまいます。ですが後半も粘り強く戦うと途中出場の舩木 翔選手がコーナーキックから打点の高いヘディングでゴールを奪います。同点としさらに攻撃を続けるも、30度近い気温の中行われたゲームは1-1の引き分けとなりました。舩木選手の嬉しいJ1初ゴールはチームを救う同点ゴールとなりました。


久しぶりの先発出場となり、精度の高いキックで同点ゴールのアシストを記録した鈴木 徳真選手。

途中出場ながら同点ゴール以外にも見せ場を作った舩木選手。正確なクロスでチャンスを演出しました。

相手FWとの激しいバトルを繰り広げたマテイ ヨニッチ選手。

30度近い気温の中この試合でも攻守において献身的なプレーを披露した奥埜博亮選手。走行距離は12kmを超えていました。

ダイビングヘッドやボレーシュートなど再三ゴールに迫った加藤陸次樹選手。惜しくも相手GKの好セーブに阻まれましたが次節のゴールに期待です!

ヨニッチ選手と共に最終ラインの壁となり立ちはだかった鳥海晃司選手。

相手の堅い守備をこじ開けるべくゴールに迫ったブルーノ メンデス選手。


ハーフタイムには先日BGパトゥムユナイテッド(タイ)から期限付き移籍加入が発表されたチャウワット選手がサポーターの皆様にご挨拶を行いました。



試合詳細はhttps://www.cerezo.jp/matches/2022-06-26/

ハイライトはこちら




今後を占う大事な試合が続きます。引き続き、皆さまの熱いご声援をお願いします!

2022明治安田生命J1リーグ 第18節 清水エスパルス 1 - 1 2022明治安田生命J1リーグ 第18節