【6/26 清水戦】Match Preview

≪リーグ後半戦のスタート。積み上げてきた練度の差をピッチで表現し、勝利で飾りたい≫

ベガルタ仙台との天皇杯3回戦から中3日。セレッソ大阪は、公式戦4試合ぶりにホームに戻り、清水エスパルスとの明治安田生命J1リーグ第18節に挑む。J1リーグは今節から後半戦がスタート。前半戦を6位で折り返したセレッソとしては、一つでも上の順位を目指す戦いが始まる。

リーグ戦の前節は、サンフレッチェ広島との上位対決に挑み、1-2で惜敗。後半9分、ブルーノ メンデスのゴールで先制するも、その後は守勢に回る時間が増え、終盤に2失点。悔しい逆転負けを喫した。ただし、そこから中3日で臨んだ天皇杯の仙台戦には、3-2で勝利。先制されるも、前半で逆転すると、後半にジェアン パトリッキの来日初ゴールで追加点。その後は仙台の反撃を1点でしのぎ、ラウンド16進出を決めた。試合後、「リーグとカップで違いはありますが、連敗しないことは強いチームの条件だと思っています」とキャプテンの清武弘嗣も話したように、広島戦での敗戦を払拭する見事な勝利で再スタートを飾った。直近はアウェイでの公式戦が3試合続き、今節は久しぶりにホームで迎える一戦。「現在はホームで連勝が続いていますので、明日も是非、大きなパワーをいただきながら、連勝を続けられるように、試合に臨みたいと思います」と小菊昭雄監督も意気込みを話した。

対戦相手の清水は、下位に沈む現状を打破すべく、後半戦を前に監督交代に踏み切った。ブラジル国籍のゼ リカルド監督を新たに招聘し、前節のアビスパ福岡戦に3-1で勝利。新体制の初陣を飾っている。セレッソとしては、そうした相手の出方を見定める必要もあるが、構える必要はないだろう。前から積極的にボールを奪いにいき、先制点を狙いたい。清武、奥埜博亮、原川力を中心にボールを握って押し込む時間を作りつつ、公式戦2試合連続ゴールと好調を維持するブルーノ メンデスにボールを集めていきたい。

一方で、清水の前線には、速い選手、個で点の取れる選手もいるため、攻撃時のリスク管理を徹底することも必要。前節と同様、山中亮輔をケガで欠く左サイドバックもポイントになりそうだ。

キャンプから攻守におけるゲームモデルを磨き、リーグ前半戦を右肩上がりに成長を遂げた“小菊セレッソ”としては、新監督が率いてリーグ戦2試合目の相手に負けるわけにはいかない。
試合当日の最高気温は32度。18時キックオフとは言え、暑さは残るだろう。公式戦3連戦の3試合目、疲労も懸念されるが、ここまで積み重ねてきたチームとしての練度の差をしっかりとピッチで表現し、リーグ後半戦の初戦を勝利で飾りたい。

≪試合前日コメント≫

■小菊昭雄監督

Q:監督交代もあった清水エスパルスについて
「監督が代わり、リーグ戦、天皇杯と、新しい監督のスタイルが出ていると思います。その中で、個のクオリティーも高い選手が多くいるチーム。前節の福岡戦も、いい勝ち方をして、チームとしてもいい状態だと思います。ただし、我々も、清水の新しいスタイルを理解した上で、いい準備ができました」

Q:現在、ボール保持では[4-3-3]になることも多いが、その狙いと完成度について
「第12節の磐田戦から少し立ち位置を変えて、タスクも少し変えながら、やってきました。(変更した理由については)私たちの生命線である、キヨ(清武)、オク(奥埜)、リキ(原川)を中心としたパスワークを生かすため、前線の個のストロングポイントを生かすため、何よりチームとして安定して前進させていくため、ビルドアップも含め、強みを出せるように、あの立ち位置になりました。1戦1戦、結果と内容が伴った試合が続いたので、選手たちもポジティブに取り組んでくれています。チームの成長、安定という面で、充実した時間を過ごせていると思っています。ただ、まだまだクオリティーを上げていく作業は必要になってくるので、引き続き、誰が出ても立ち位置や役割を共有できるようにしていきたいです」

Q:守備では、前からのプレスと構えるブロックの使い分けがスムーズに見えるが?
「攻守に色んな引き出しを共有してきました。その中で、どの引き出しをチョイスするのか。チーム全員の共有はスムーズにいっていると思います。攻撃では、常に味方同士の距離感、スペースを共有すること。そこはキャンプから積み上げてきました。守備でも、ハイプレスを大切にしながらも、相手があって、ゲームには流れがあるので、どの守備戦術を全員で共有するのか。そういったデザインの共有が今はスムーズにやれていると思います」

Q:今節からシーズンの後半戦がスタートするが、リーグ戦、ルヴァンカップ、天皇杯と、いずれもタイトルの可能性を残していることについて
「3つとも可能性を残す位置にいれていることは、選手、スタッフの頑張りに尽きると思っています。感謝しています。ここから夏の連戦、厳しい戦いが続きます。チームの総力が問われてくると思います。我々の力をどう安定して、成績を出していけるか。そこが大事なポイントになります。我々としては、日々を大切に、1戦1戦を大切にすることは変わらず、全員でしっかり準備していきたいと思います」

Q:久しぶりのホームでの一戦に向けた意気込みを
「ようやくホームに帰って来られます。少し離れた時間も長かったように感じます。明日、ホームの皆さんの力をお借りできることを嬉しく思いますし、心強く思います。皆さんのおかげで、現在はホームで連勝が続いていますので、明日も是非、大きなパワーをいただきながら、連勝を続けられるように、試合に臨みたいと思います」

Q:本日、加入会見が行われたチャウワット選手について
「U-23の頃から長い付き合いになります。プレー面だけではなく、人間性も素晴らしい選手。日本での経験を生かして、タイで活躍する姿は我々も非常に嬉しかったです。そんな彼と、また縁があって一緒に戦えることを嬉しく思います。トレーニングは明日から合流になります。左利きのボランチは、私たちのチームにはいないタイプですので、戦術面で1日も早くフィットできるように我々はサポートしていきたいですし、彼の良さを引き出せるように、しっかりとゲームモデルを共有していきたいと思います」

■鳥海晃司

Q:直近の天皇杯3回戦・ベガルタ仙台戦を振り返ると?
「先制されて、うまくいかない時間帯もありましたが、守備でうまく修正できて、プレスがかかるようになり、ボールも握れたことが、勝ちにつながったと思います。(試合中での修正は)ベンチからの指示も速いですし、それを体現できるチーム状態にあると思います」

Q:個人としては、最近はリーグ戦、カップ戦と出場機会が増えて活躍も目立っているが、昨季と比べて変化はありますか?
「特にはないですが、チャンスをもらえる機会が多くなり、その中で結果を出していくことを考えています」

Q:リーグ戦の前節・サンフレッチェ広島戦は、普段と異なり、センターバックを本職とする西尾選手が左サイドバックに入ったが、どのような意識を持ってプレーしていた?
「(左SBも)できるとは思いますが、CBの選手なので、不慣れな部分もあると思います。その中で、気持ち良くプレーしてもらえるような声がけは意識していました。守備では対人能力の高い選手なので、心配していません。お互い、いい関係性を作ってやれていると思います」

Q:広島戦、仙台戦と、ペナルティーエリアの少し外からのミドルシュートを決められているが、守備陣として課題にしていることは?
「マイナスに出たパスに対し、誰がボールに行くのかハッキリしないといけません。そこは試合中にしっかり声を掛け合って、ハッキリさせていきたいです」

Q:今節への意気込みを
「アウェイが続いていて、明日はホームでできるので、チームとしても一体感を持って戦って、全員で勝利を掴みたいと思います」

≪清水エスパルス戦特別サイト≫


2022明治安田生命J1リーグ 第18節 清水エスパルス 1 - 1 2022明治安田生命J1リーグ 第18節