【6/18 広島戦】Match Preview

≪リーグ前半戦ラストの一戦。強敵を相手に求められる、攻守の連動と一体感≫

代表ウィークが明け、J1リーグの再開初戦となる今節。セレッソ大阪は、サンフレッチェ広島にホームに乗り込み、明治安田生命J1リーグ第17節に挑む。この試合はリーグ前半戦のラストでもある。後半戦に向け、さらなる弾みを付けるためにも、勝利が求められる一戦だ。

現在、セレッソはリーグ戦では3連勝中、代表ウィークの間に行われた天皇杯2回戦とルヴァンカップ・プレーオフステージでも勝利し、公式戦では6連勝中と好調を維持。「誰が出てもしっかりゲームができている。選手全員が規律を守りながらプレーできているのが現在の好調の要因」と為田大貴も話すように、ピッチに立つ選手たちで試合の機微を見極め、流れに応じて意思統一をしながら、攻守一体でプレーできている。「今、選手たちは自信を持ってトレーニングに取り組み、ゲームにもいい状態で臨めている」と小菊昭雄監督もチームの様子を伝えるなど、勝負の夏へ向け、まさに上向きのチーム状態を全員で作ることができている。ここから先、一つでも連勝を伸ばし、一体感をさらに強固なモノにしていきたい。

ただし、今節の相手、広島は現在のJ1でもトップに近いレベルを持つ強敵。ミヒャエル スキッベ新監督の下、攻守にアグレッシブで勢いのあるチームに変貌を遂げている。その最大の特長は、前からの激しい守備と、鋭いカウンター。外国籍2トップは攻守に迫力があり、2列目から飛び出すシャドーの存在も脅威だ。それだけに、ビルドアップ時は細心の注意を払う必要があり、リスク管理も怠れない。もっとも、プレスを一つ外すと、背後にはスペースも空いている。清武弘嗣、奥埜博亮、原川力で組む中盤を軸に、ボールを握るところ、シンプルに背後を突くところを使い分け、空いたスペースにボールを運び、広島の堅守を攻略していきたい。もう1つ、今節の注目は左サイド。山中亮輔と丸橋祐介を同時に欠く事態となった今、いかなる手を打ち、打開していくか。広島の右ウイングバックはスピードが武器。そうした相手の特長も踏まえて、どう対応するか。人選も含めて注目ポイントとなる。

リーグ戦の折り返しとなる今節を前に、「年間、勝点60以上を取る、という目標から逆算すると、明日、勝てば29となり、目標に近い数字になる。そうした数字にもこだわって、勝って、折り返したい」と小菊監督。現在、“トップ3”との勝点差は4、首位との差も5と縮まっており、今節の結果次第では、射程圏内に捉えることができる。リーグ後半戦をさらに熱いモノにしていくためにも、上位対決となる今節は譲れない。敵地で厳しい戦いも予想されるが、現状の持てる力を全て出し切り、アウェイに駆け付けてくれるサポーター、後押ししてくれるサポーターとともに勝点3を掴みたい。

≪試合前日コメント≫

■小菊昭雄監督

Q:今節でリーグ戦も折り返しになるが、現状について
「現在、リーグでは5位、ルヴァンカップも全員の力でベスト8、天皇杯も勝ち進み、チームとして順調に来ていると思います。明日もしっかり勝って、リーグ戦を折り返したい。シーズン最初のミーティングで選手たちとも共有したのですが、『年間、勝点60以上を取る』という目標を掲げました。そこから逆算すると、明日、勝てば29となり、目標に近い数字になります。そうした数字にもこだわって、勝って、折り返したいと思います。今、選手たちは自信を持ってトレーニングに取り組み、ゲームにもいい状態で臨めています。明日も強敵で厳しい試合にはなるとは思いますが、全員が勝利のためにひたむきに戦う、走る、そこを大事にしながら勝利を目指して、一丸となって臨みたいと思います」

Q:広島はプレスも激しく、攻撃における前への矢印も向けてくる強敵。今週の練習で強調したことは?
「色々なストロングがある中でも、強固な守備からのカウンター。そこが広島の一番のストロングポイントだと思っています。相手のプレスの特長も把握しながら、どういった立ち位置を取るのか、どのスペースを共有するのか、どう攻撃でファイナルゾーンまで進むのか、シュートで終えるのか。さらにはリスク管理も重点的に、選手たちと共有してきました」

Q:左サイドバックの山中亮輔選手と丸橋祐介選手を同時に欠く中で、どうマネジメントしていくか
「(試合は)自分たちのサッカーを発揮することも大事ですし、相手のサッカーを知る、相手の特長を出させないことも重要です。その2つの大きな柱がある中で、自分たちがやってきたことを出せるように、相手のストロングを出させないように、両方の準備をしてきました。その中で、戦術的なことも含め、いくつかの選択肢の中から最適な選手を選びたいと思います」

Q:今季、先制した試合では負けていないが、先制点の重要性について
「立ち上がり、自分たちの良さを出してアグレッシブに戦うことは、開幕から大事にしてきました。試合の入りに向けて、心技体を整えることは、チームとしても習慣化されてきたと思います。明日も先制点は大きなウエイトを占めると思います。入りの良さはチームとしても成長を感じるところなので、明日も立ち上がりから、自分たちでアクションを起こす
ことは大事にしていきたいと思います」

Q:西尾隆矢選手と鳥海晃司選手の状態について
「西尾に関しては、ここ数日で全体練習にも復帰し、コンディションも上がっている状態です。試合に間に合うかどうか、といった状況ですが、膝の痛みもなくなり、練習には復帰できています。鳥海も、少し負傷を抱えていたので、先週の試合は回避したのですが、ここ数日で元気に戻ってくれました。西尾と同様、リバウンドも見ながら、明日、最終的にジャッジしたいと思います」

■為田大貴

Q:明日でリーグ戦も折り返しになるが、今季のここまで、チームとしてどう振り返る?
「出る選手がうまく入れ替わりながら、アクシデントを乗り越えた時期もありましたし、チームとして、誰が出てもしっかりゲームができた前半戦だったと思います」

Q:その中で、為田選手も主にカップ戦での貢献度が高かったが、ここから後半戦、個人として、どうチームに貢献していきたい?
「チームとしての約束事はありますし、選手全員が規律を守りながらプレーできているのが現在の好調の要因だと思います。チームの中でやらないといけないことをやりながら、前に行くところ、カウンターで出て行くところ、ドリブルなど、プラスαで自分の良さも還元できればと思います」

Q:明日はリーグで上位を狙う上でも大事な試合。相手も好調だが、今週の練習で意識して取り組んだことは?
「好調同士の試合、ということにはなりますが、僕たちがやることは変わらないですし、チームとしての迷いは全くありません。明日も、シーズン前からやってきたことを忠実にやることが大事です。(広島は)高さもあり、速さもある。セットプレーも重要になると思うので、今週は特にセットプレーもみんなで確認しながら、いい練習ができました」

Q:相手の右ウイングバックはスピードもあり、縦を突いてくる。その分、背後を突ける場面も出てくると思うが、サイドでの駆け引きについて
「今回はヤマ(山中亮輔)が出られない分、サイドバックの選手といつも以上に声を掛け合いながら、2人で抑えていきたいです。後ろからうまく突いたりしながら、少しずつ相手にダメージを与えることも、僕の役割。その中で、チャンスがあれば、前にも出ていきたい。まずは、しっかりチームとしてアグレッシブに守備をして、試合展開の中で自分の良さも出していきたいです」

Q:左サイドバックとの関係性については、入る選手によって、自身のプレーも変わる?
「左利きの選手と右利きの選手、どちらが入るかで変わる部分もありますが、ずっと一緒にやっている選手たち。初めましての選手ではないので、誰が出てもお互いの特長は分かっています。そこまで不安に思う、心配する必要はないかなと思います」

Q:ここまで、自身が出た試合は負けていないが、それについて思うことはありますか?
「そこまで意識はしていませんが、ここまでシーズンも半分が過ぎてそうなっているのは、自分でも『結構、続いているな』とは感じています。でも、負けた試合は僕が実力で出られていないだけ。負けていても、試合に出る状況を増やす方が、自分としてはいいこと。なので、あまり考えないようにはしています。(サポーターの間でも話題になり始めているが?)正直、そっとしておいて欲しいかなと思います(笑)」

Q:チーム内での競争の中で、自身が勝ってポジションを掴むために、自分の特長を出すことを意識している?
「いや、若い頃はそういう気持ちで臨んでいましたが、今はチームとしても調子がいいですし、チームとしてやるべきこともあるので、自分が入ってそこを崩したくない思いも強いです。それに、僕は周りに生かされるタイプ。キヨ(清武)やおっくん(奥埜)、リキ(原川)、今までならヤマ(山中)に生かしてもらってナンボなので、僕がもし調子が悪ければ、キヨくんたちのせい、という感覚でプレーしています」

≪Fansta でアウェイゲーム・湘南戦を応援しよう!≫


2022明治安田生命J1リーグ 第17節 サンフレッチェ広島 1 - 2 2022明治安田生命J1リーグ 第17節