【4/5 柏戦】Match Review

≪柏レイソルとの上位対決は惜敗。前半に喫した失点が重く、今季初の連勝はならず≫


■試合データ(選手・監督コメント/スタッツ)
https://www.cerezo.jp/matches/2022-04-05/

前節から中2日、セレッソ大阪はホームに柏レイソルを迎え、明治安田生命J1リーグ第7節に臨んだ。先発は前節と同じ11人。王者・川崎フロンターレを撃破した流れを継続する形で挑んだ。


立ち上がり3分、FKからピンチを迎えたセレッソだが、GKキム ジンヒョンが阻止。DFも懸命のクリアでしのぐと、前節の勢いそのままに、前からのプレスも効いて主導権を握り始める。9分、ショートカウンターから加藤陸次樹がシュートを放つと、22分には、松田陸のパスに抜け出した山田寛人がDFを背負いながらシュートに持っていくが、惜しくもブロックされ、決め切ることはできず。そうしたセレッソのペースになりかけていた25分に落とし穴。左サイドでチャンスを迎えた乾貴士がシュートを打ち切れずにいると、ボールを奪われ、柏のロングカウンターを受ける。右サイドを駆け上がったマテウス サヴィオを捕まえることができずに独走を許すと、西尾隆矢とマテイ ヨニッチのカバーも間に合わず、逆サイドから走り込んできた細谷真大が決められた。セレッソとしては、警戒していた柏のカウンター。対応する人数も揃っていただけに、何とか防ぎたい失点だった、


1点を追いかける展開になったセレッソだが、慌てることなく攻めると、34分、右サイドで加藤が粘って突破。奥埜博亮のパスを中央で乾がシュートもGKに防がれる。42分には、松田の斜めのパスを乾がフリックし、奥埜がシュート。際どいコースへ飛んだが、わずかに枠を外れた。前半アディショナルタイムには柏に決定機を作られたが、ここはGKキム ジンヒョンがビッグセーブで追加点は許さなかった。


後半、セレッソは加藤に代わって北野颯太がピッチに入る。51分、山中亮輔のスに抜け出した北野がDFの背後を取って中へ折り返すと、山田がトラップから反転してシュート。見事、ネットに突き刺したが、北野がオフサイドでノーゴールに。62分には、乾に代わってジェアン パトリッキが投入されると、64分、山中のパスから左サイドの裏を取ったジェアン パトリッキが突破し、サイドをえぐってクロス。中では北野が待っており、決定的な形だったが、懸命に戻った柏のDFにクリアされ、同点とはならず。終盤は少しずつ足が止まり始めたセレッソ。柏に鋭いカウンターを浴びて決定機も作られたが、DFも体を張り、何とか2失点目は防ぐ。最後は両サイドバックを代え、サイドからの圧力を強めて攻め続けたセレッソだが、柏の守備をこじ開けることはできず、試合終了。今季初の連勝はならず、リーグ戦でのホーム初勝利も、次回以降に持ち越しとなった。


2022明治安田生命J1リーグ 第7節 柏レイソル 0 - 1 2022明治安田生命J1リーグ 第7節