• Twitter
    • LINE
    • Facebook

    「世界自閉症啓発デー」、「発達障がいに係る啓発活動」へのクラブ協力について

    • ホームタウン
    • 青少年育成
    • 行政連携
    世界自閉症啓発デー(4/2)」、および「発達障害啓発週間の普及啓発活動(4/2〜4/8)」へ昨年に続きクラブ協力することとなりました。自閉症をはじめとする発達障がいは、脳機能の発達が関係する生まれつきの障がいであり、コミュニケーションや対人関係を築くことが得意とされない方が少なくないと言われています。セレッソでは正しい理解と認識を深めていただくため、3/26(土)大分戦、4/5(火)柏戦ではスタジアムビジョンでの動画放映やポスター掲示などで理解を深めるきっかけを提供し啓発を呼びかけてまいります。 関係団体による取り組み、その詳細については以下をご覧ください。 【「世界自閉症啓発デー」「発達障害啓発週間」とは】 平成19年12月、国連総会において4月2日を「世界自閉症啓発デー」とする決議が採択されました。また厚生労働省では、この日から8日までを「発達障害啓発週間」と位置付け、発達障がいへの理解促進のための啓発活動を行っています。 大阪府ホームページ「世界自閉症啓発デー」及び「発達障がい啓発週間」について(http://www.pref.osaka.lg.jp/chiikiseikatsu/hattatsusyogai_osaka/25_autismawareness.html) ■「世界自閉症啓発デー」のブルーライトアップ 「世界自閉症啓発デー」には世界各地のランドマークが「癒し」や「希望」などを表す青色でライトアップされます。 大阪市では、より多くの方々に自閉症をはじめとする発達障がいについて正しい理解と認識を深めていただくため、大阪府・関係団体・民間企業と連携して、次の施設のブルーライトアップが行われます。 【世界自閉症啓発デーのブルーライトアップ】 ●大阪城天守閣(大阪市中央区大阪城1-1) ●天保山大観覧車(大阪市港区海岸通1-1-10) ●大阪市役所本庁舎西側(御堂筋側)の壁面(大阪市北区中之島1-3-20) ■日時:令和3年4月2日(金)日没から ●大阪城天守閣              24:00まで ●天保山大観覧車             20:00まで ●大阪市役所本庁舎西側(御堂筋側)の壁面 24:00まで 【関連ホームページ】世界自閉症啓発デー・日本実行委員会大阪府報道発表資料

    TOP > ニュース一覧 > 「世界自閉症啓発デー」、「発達障がいに係る啓発活動」へのクラブ協力について