【2/26 京都戦】Match Review

≪ホーム開幕戦。試合を優位に進め、背番号8・乾貴士に今季初ゴールも悔しい引き分けに≫


■試合データ(選手・監督コメント/スタッツ)
https://www.cerezo.jp/matches/2022-02-26/


セレッソ大阪にとって今季のホーム開幕戦となった明治安田生命J1リーグ第2節。澄み渡る青空の下、京都サンガF.C.をヨドコウ桜スタジアムに迎え撃った。お笑い芸人せいやさん(霜降り明星)のエスコートでピッチに入場した先発11人は、開幕戦から2人変更。中原輝がJ1リーグ戦初先発を果たし、CBには鳥海晃司が入った。


京都のプレスをどうかいくぐってボールを前に運んでいくかがポイントになった今節。「プレッシャーに来られても恐れず、全員がボールを受け続ければ、相手も嫌がると思う」と試合前に話していた原川力の言葉通り、セレッソが立ち上がりからボールを握り、敵陣に攻め込んでいく。京都の中盤3枚の脇や背後で乾貴士や清武弘嗣がうまくポジションを取り、チャンスを作ると、11分に加藤陸次樹、18分には中原輝に好機もシュートはGK上福元直人に防がれた。その後もセレッソは良い立ち位置を取りながら相手のプレスをはがし、手数をかけずにパスをつないでボールを前に運ぶ。30分には、キム ジンヒョンからつないで左サイドを崩し、丸橋祐介のクロスに加藤が飛び込むも一歩合わず。攻撃から守備への切り替えも早いセレッソが主導権を握って試合を進めたが、34分に一瞬の落とし穴。CKから京都にワンチャンスを生かされ、先制を許した。


それでも、前半終了間際には立て続けに右サイドを崩して決定機を作ると、勢いそのままに、後半に入って48分、セレッソが同点に追い付く。相手のパスミスを拾った加藤が清武にパスを付けると、左サイドから斜めに走り込んだ乾へ清武が絶妙なパス。乾が右足を伸ばしてシュートを放ち、ゴール右隅にねじ込んだ。ここから試合はオープンな展開になり、互いに流れの中からゴールへ向かうシーンが増え始める。57分、セレッソはブルーノ メンデスと北野颯太を同時投入。最初は右サイドに入った北野だが、しばらくして清武とポジションチェンジ。2トップの一角に入ると、73分、ブルーノ メンデスが競ったこぼれ球を拾って振り向きざまにシュート。惜しくもクロスバーを越えたが、チャンスを作る。83分には、清武が右サイドから中央へカットイン。左足でコースを狙ったシュートを放ったが、GKに防がれた。89分にも松田陸のクロスにブルーノ メンデスがボレーで合わせたが、ここもGKに阻まれてしまう。


取れそうで遠い勝ち越しの1点。試合終了間際には、相手のFKをカットした北野がそのままドリブルで持ち運び、DF2人を振り切ってGKとの1対1に持ち込んだが、シュートはGK上福元に右足で止められてゴールならず。シュート数、決定機の数では大きく上回ったセレッソだが、同点で試合終了。ホーム開幕戦となった京都との“関西ダービー”は、勝点1を分け合う結果に終わった。




2022明治安田生命J1リーグ 第2節 京都サンガF.C. 1 - 1 2022明治安田生命J1リーグ 第2節