ホームタウンレポート 読書推進プロジェクト2021「わくわく記者体験!新聞を作ろう」

11月6日(土)、大阪市立中央図書館で読書推進プロジェクト2021「わくわく記者体験!新聞を作ろう」を実施しました。

パーソナル新聞に掲載される写真、森島寛晃社長(等身大パネル)とロビーと一緒に記念撮影!

森島社長とのオンライン・インタビュー前に、読売新聞の講師からインタビューのコツを習います。
また、一つの質問をどうやって広げていくのか、その他にもメモの取り方など教わりました。


いよいよインタビューとなりました。できるだけたくさんの方とお話をしたいという森島社長の希望もあり、低学年では全員からの質問を受け付けました。
時間をオーバーをしましたが、たくさんの質問ありがとうございました。
高学年の方からは少し難しい質問もありました。
すぐに答えられない質問は、宿題として持ち帰った森島社長。あとでしっかり調べて、答えをみなさんにお伝えしました。



いよいよ新聞記事を書きます。最初の書き出しに苦労されている方が多かったですが、講師からのアドバイスで全員が時間内に記事を書き終えることができました。
すごい集中力で書き上げた方もいらっしゃいました。
パーソナル新聞の完成が楽しみです。


絵本の読み聞かせには、ロビーも参加し、参加者の皆さんと楽しみました。


高学年の参加者の皆さんには、「図書館たんけんクイズ」が実施されました。
マップとヒントを持って、図書館内を探検してクイズの答えを見つけます。
普段、静かな図書館内が少しだけにぎやかになりました。
参加された方たちは、とても楽しそうでした!
(ロビーもヒント出しのお手伝い!)


ロビーはハイタッチでお見送りしました。


セレッソ大阪は、今後も読書推進プロジェクトの一環として、多くの皆様に楽しんでいただけるイベントを企画してまいります。