<再掲>読書推進プロジェクト2021「わくわく記者体験!新聞を作ろう」実施のお知らせ

<10/28 追記>
高学年を対象とした午後の部につきまして、10月31日(日)まで追加で募集いたします。
なお、定員に達し次第、受付は終了となりますのでご了承ください。

ご応募につきましては、大阪市立図書館公式サイトからお申込みください。

11月6日(土)、セレッソ大阪が進める読書推進プロジェクトの一環として、大阪市立図書館と読売新聞大阪本社と協働で、
小学生を対象とした「わくわく記者体験!新聞を作ろう」を実施することとなりましたので、お知らせいたします。

読売新聞社から講師を迎え、参加者に森島寛晃社長が行う模擬オンライン記者会見を取材してもらいます。さらに参加者に記事を書いてもらい、後日、読売新聞社で世界に1枚だけのオリジナル新聞に仕上げ、お届けいたします。
また、大阪市立図書館による「絵本の読み聞かせ」(小学校低学年)や「図書館たんけんクイズ」(小学校高学年)など楽しいイベントも併せて実施する予定になっております。
多くの皆さまからのお申し込みをお待ちしております。
なお、応募者多数の場合は抽選となりますので、あらかじめご了承ください。

≪読書推進プロジェクト2021 わくわく記者体験!新聞を作ろう≫

※画像はイメージです
※実際のものと異なるデザインとなる場合もございます

■主催
大阪市立図書館・セレッソ大阪

■協力
読売新聞大阪本社

■日時
2021年11月6日(土) 【学年による2部制】
●小学1~3年生
10:00~12:00予定(受付開始 9:30)
●小学4~6年生 
14:00~16:00予定(受付開始13:30) 

■場所
大阪市立中央図書館 地下1階Hon+α!(ほな!)スペース
大阪市西区北堀江4-3-2
TEL 06-6539-3326
●アクセス
Osaka Metro 千日前線・長堀鶴見緑地線「西長堀駅」
下車 7号出口すぐ

■募集人数
●小学1~3年生
保護者とのペア10組20名様
●小学4~6年生
20名様 (お子様のみの参加となります)
※応募者多数の場合は抽選となります

■参加費
無料

■活動内容
●共通
セレッソ大阪の森島寛晃社長のオンライン記者会見を実施。事前に募集した質問や、参加者から当日寄せられた質問に森島社長が答え、その内容を講師の指導で新聞記事にします。
当日撮影したロビーとの2ショット写真と、書き上げた記事を使って、読売新聞社が参加者ごとに「パーソナル新聞」を完成させ、後日、ご自宅にお届けいたします。
※作成した記事を活字にするため、当日の受け取りはできませんので後日、お近くの読売新聞販売店(YC)からお届けさせていただきます
※「パーソナル新聞」をご自宅等に配送ご希望の方は、イベント当日にお届け先をおしらせください
※中央図書館でのお受け取りいただくことも可能です
※記者会見の出演者が予告なく変更になる場合もございますので、あらかじめご了承ください
●小学1~3年生
「ロビーと一緒に絵本を楽しもう」
ロビーと一緒に絵本の読み聞かせを楽しんでいただきます。
●小学4~6年生
「図書館たんけんクイズ!」
地図を片手に図書館内をたんけんしながらクイズに挑戦します。

■申込方法
大阪市立図書館のホームページからお申し込みいただけます。
以下のURLにアクセスし、申込フォームからお申し込みください。
https://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=jo4w6mo2u-510#_510

■申込期間
10月6日(水)10:00~ 10月25日(月)23:59
応募者多数の場合、抽選となります。
詳細のご案内は、当選者の方のみへ10月27日(水)までにメールでお送りいたします。

■注意事項
※当日は会場で主催関係者がイベントの様子を撮影し、各法人・団体の公式サイトなどで使用させていただく場合がございますのであらかじめご了承ください
※新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては、中止または延期する場合があります
※提供いただいた個人情報は、緊急時および事業実施にかかるご連絡にのみ使用します
※参加者の新型コロナウイルス感染症が判明した場合は、個人情報を大阪府や保健所に提供することがあります
※イベント当日「パーソナル新聞」お渡しに関して提出いただいた個人情報は、お渡しに関してのみ使用いたします


左からロビー、森島社長

 



HOMETOWN REPORT