【9/18 浦和戦】Match Review

≪ACLから中2日で迎えたアウェイ浦和戦。終始、相手のペースを崩すことができず、0-2で敗れる≫



■試合データ(選手・監督コメント/スタッツ)
https://www.cerezo.jp/matches/2021-09-18/

AFCチャンピオンズリーグのラウンド16・浦項スティーラーズ戦から中2日で臨んだ明治安田生命J1リーグ第29節、浦和レッズとのアウェイ戦。懸念されていた台風は温帯低気圧へと変わったものの、試合開始1時間前から雨が降り始め、試合中も吹き付ける中での一戦となった。先発は、浦項戦から4人変更。瀬古歩夢と西尾隆矢がCBに戻り、加藤陸次樹と西川潤の2トップで挑んだ。


試合は序盤から浦和のペースで進む、3分、4分と連続してCKを与えると、10分に失点。前線からのプレスを相手にかわされ、関根貴大のパスを受けた江坂任にCBとSBの間を抜け出され、冷静に決められた。直後の13分にも自陣でのパスミスから浦和に決定機を与えたが、江坂のヘディングはGKキム ジンヒョンが好セーブ。追加点は許さない。攻撃では、うまくボールを運べずチャンスを作れずにいたセレッソだが、飲水タイム明け、ポジションの配置を変えることで、次第に敵陣まで進入していけるようになる。29分には、瀬古、乾貴士、丸橋祐介、加藤とつないで左サイドを崩すと、31分には、西川のプレスを起点に最後は乾がシュート。アディショナルタイムにも、瀬古が高い位置でパスカットに成功すると、乾、西川、加藤とつないでカウンターが成立し、最後は加藤がシュートを放ったが、クロスバーを越えた。


盛り返しつつ前半を折り返すことに成功したセレッソだが、後半の立ち上がり、キム ジンヒョンからのパスが乱れ、決定的なピンチを招くも、ここは相手のシュートが枠を外れて事なきを得た。後半、立ち上がりはセレッソがボールを握るが、シュートまで持ち込めずにいると、59分に2失点目。CBからの1本のロングフィードで裏に抜け出され、汰木康也に決められた。62分、セレッソは反撃に出るべく4人同時交代に出る。2トップと両サイドハーフを一気に入れ替えて攻勢に出るが、逆に浦和のカウンターも浴びてしまい、終盤はピンチの連続に。ただし、82分、87分とキム ジンヒョンが再三、好セーブを見せてゴールを守ると、アディショナルタイムのピンチも松田陸が懸命に戻り、浦和に3点目は与えない。決壊しそうな守備を何とか耐えて終えたが、攻撃では最後まで決定機を作ることができず、シュートは1試合を通して4本に終わった。


好調な浦和のホームに乗り込んだセレッソ。公式戦での連敗を止めるべく懸命に立ち向かったが、13連戦の11試合目というコンディション面での難しさに加え、攻守において、チームの現在地の違いを見せ付けられる形での敗戦を喫した。もっとも、浦和とは来月、再びJリーグYBCルヴァンカップ準決勝でぶつかる。この試合で得た教訓を生かし、カップ戦での勝ち上がりにつなげていきたい。


2021明治安田生命J1リーグ 第29節 浦和レッズ 0 - 2 2021明治安田生命J1リーグ 第29節